りひと演出「こうもり」終演

テーマ:

訳詞&台本&演出を務めた公演

東京シティオペラ協会「こうもり」が終演しました。


ものすごい反響です。


登場人物たちを全て鳥にして、

森の中での物語に置き換えて作った舞台。


とにかく舞台が美しかったです。

また、人を鳥にするという無理難題に見事に応えてくださったメイクチームもすごかった。


今回はまさにスタッフさんの気合いと、出演者の気合いがうまく重なり合い、

すごいものを作った!

…という好例だったと思います。


りひとのひとり暮らし
※ゲネプロ中 2幕フィナーレ


早くも再演を希望する声が上がっていますが、

こういう大きなプロジェクトは、再演するにしてもまたイチからのスタート。

なかなか時間と労力がかかるものです。


ですが、これだけ反響の大きい公演…またいつか必ず再演したいと思います。

その時を心待ちにしていてくださいね。


りひとのひとり暮らし
※ゲネプロ中 演出机より

AD

音楽劇「KAIDAN」終演

テーマ:

東京室内歌劇場Show劇場シリーズvol.5
音楽劇「KAIDAN」が終演しました。


作家:桜田ゆみの最高傑作!

そして最高の出演陣による熱い舞台が終わりました。


四谷怪談をベースに、なんと刑事ドラマ仕立て。

最終的には「六道輪廻」にまで広がる壮大なスケールでお送りしました。


僕は牡丹灯籠でお露に呪い殺される萩原新之丞役をやらせていただきました。

歴史上、数えきれないほどの役者さんが演じたこの役ですが、

古澤利人ならではの萩原を演じられたのではないか、と思います。


りひとのひとり暮らし-萩原狂乱
萩原狂乱のシーン


たくさんのお客様にお越しいただきました。

僕たちの熱い想いがそのままお伝えできていたら嬉しいです。


いつかまた皆様にShow劇場をお見せできますように。

AD