今日は、暑かった | 資格試験を通じて~ライセンスくんのひとりごと~

今日は、暑かった

今日は、いきなりですが、復習に入ります。

 

今回は、行政上の強制手段です。

 

まず、行政上の強制手段の全体像の把握をして下さい。行政上の強制執行とは、どこのお話しでしょう?秩序罰は、どこのお話しですか?考えてみて下さい。

 

さらに、具体的に考えていきましょう。

 

まず、行政強制と行政罰の違いは何でしょうか。行政上の強制執行と即時強制の違いは何でしょうか。確認しておきましょう。

 

では、さらに細かい部分を見ていきましょう。

 

まず、代執行です。具体例は?代執行が許される要件は?以外と、代執行の定義を知らない受験生がいますね。義務を実現するものですよね。

 

あとは、手続きです。戒告、代執行令書、証票を見ておきましょう。あと、費用は誰が負担するのでしょう?さらに、その費用と強制徴収との関係も考えてみましょう。

 

次に、執行罰です。要件は?

 

あと、次の直接強制も同じ問題がありますが、条例を根拠に、執行罰や直接強制が認められるでしょうか?復習しておいて下さい。

 

さらに、直接強制です。まず、直接強制とは?あと、個別法にのみ認められる手段ということをおさえましょう。

 

さらに、即時強制との違いを確認しておいて下さい。ここは、大事です。条例を根拠に出来るかどうかの違いも確認しておきましょう。

 

さらに、強制徴収です。要件を見ておきましょう。

 

最後に、行政上の強制執行が出来る場合に、民事上の強制執行が出来るか、おさえておきましょう。

 

そして、行政上の強制執行が出来ない場合はどうでしたか?判決は、「財産権の主体として」,「行政権の主体として」

という表現を使っていたはずです。国や地方が、自分の土地等を守るため裁判所を利用する場合と、国や地方が秩序・公益を守るため裁判所を利用する場合とったイメージでしょうかね。講義でお話ししたことを思い出して下さいね。

 

では、また。