京都鴨川なのに激流 | ジャンクの女王
新型コロナウイルスに関する情報について

ジャンクの女王

ジャンク不動産(ワケ有りボロ物件)とかジャンクな車が好きで
面白ければ飼って愛でたいっていうヘンタイのタワゴトです。

はい、このブログテーマって、2年前にも書いたんですよね(7月6日に)天災って、毎年のようにあるのに、毎年驚いているwww

 

うん、毎回、毎回、ここを押してよね。


人気ブログランキング

アメブロ経由でアフェリエイトの依頼ってのが来ました。って、今までも不動産関係のバナーを貼って、契約成立時は報酬とかってのはたくさん来ているんですが、今回は違った業種でしたね。遺産相続案件の相談所からです。

う〜ん。大家さんたちって、自分だけは死なない。って信念を持っている方が多いですがww

ご家族の方から見ると危なっかしいでしょうしね。

でも、基本的に私は、他人の広告宣伝に興味がないし、遺産相続だって関わりたくないんで、ここは丁重にお断りしましょうね。

 

さて、風光明媚なはずの観光地、鴨川も濁流でしたので、雨が上がったこれから、もっと水量が増えるかもしれませんね。はい、1200年続いた古都って言っても、1200年間も庶民は虐げられていたんですからね。

これは7月8日の朝7時半の写真です。2年前は遊歩道が一部崩れて流されちゃったっけねえ。その時は、夜中に避難勧告が出ました。こんな都心だって水害はあるんですよ。

やはり、山岳地帯から出てすぐの盆地ですからね。大雨が降ると、すぐに水位が上昇しちゃうんです。だから、川床だって、ほとんどの構造は鉄骨造です。そうでないと。

こんな状況に耐えられないもんね。しかし、先斗町ってのは、鴨川のおかげで発展した街なんですからね。今でも川に面した飲食店は、最大限鴨川を利用しようと工夫しています。が。。。

そんな鴨川の存在を全く意に介さない店だってあるんですよ。

 

100円寿司(注文時は2巻ずつなんで最低注文料金は220円ね)の「先斗町すしてつ」です。先斗町歌舞練場の隣にあるビル1階なのに、まったく鴨川を意識してない店の造り。

かろうじて、窓の外には鴨川があるな(でも誰も見てないけど)って感じです。まぁ、ここは安いのが取り柄の店なんです。回転寿司では無くって、目の前の板前さんが握ってくれます。

回転寿司との違いは、突き出しが出てくる事かな(美味しく無いですw)

で、高級寿司との大きな違いは、海苔でしたね。まぁ、美味しくないし、噛みきれないヒドイ海苔です。

まあ、会計が安いことが最大の魅力ですよね。ってことで、今日のブログは終了?

あまりにも短いよね?では、もう一店舗、やはり、安いお店をご紹介しましょう。

「先斗町すしてつ」から三条通りに出て、西に歩くこと4〜5分にある、そばや「本家 田毎 三条本店」です。ここはコロナの時期に、店頭で500円弁当を売っていたんですよね(って、今でも売ってるかも)

10年以上前に、一回入ったことは有るんですが、あまり美味しいって記憶が無かったんで、今まで行かなかったんですが、コロナの時期に通常営業をしている店が少なかったので入店。

先ずは、身欠きニシンと、自家製さつま揚げをもらって、冷酒で飲み始めますが、冷酒には「蕎麦味噌」も付いてくるんですね。ツマミが多すぎちゃって、結局、もう一杯冷酒をもらい羽目にww身欠きニシンは、にしんそばに載せるものよりも、甘辛濃いめ味付けで、ちょっと食べ進めると飽きてくる味付けでした。自家製さつま揚げは、時間が掛かったけど、揚げたてで美味しい。これが、この日で一番の料理でしたね。

母「にゅうめん」を注文。やはり飽きがくる味付けだったそうです。私は、冷酒を飲んだ後に「めんたいトロロご飯」の(小)を注文。うん、ご飯が不味い!トロロは普通ですが、ご飯はダマになっているし、べちゃべちゃだし、これって、500円弁当で使った余りなのか?

うん、この蕎麦屋は、ご飯と、にゅうめんは頼まない方が。って、蕎麦屋なんだから蕎麦を食え!って言われそうですねえ。

 

今日は、鴨川の増水情報だけの、水増しブログでしたねwww

薄いブログにも、濃い愛情をもって押してくださいね。


人気ブログランキング

今週末は、ちょっとホテルにでも行こうかなと(さて何処でしょうかねえ)