R.C.建築 VS 投資家の寿命 | ジャンクの女王

ジャンクの女王

ジャンク不動産(ワケ有りボロ物件)とかジャンクな車が好きで
面白ければ飼って愛でたいっていうヘンタイのタワゴトです。

中高年が多い、不動産投資家の平均余命なんて、もうほとんど残ってないじゃない!って、身も蓋もない事を言ってはダメですよwww

 

余生の短い私のために、後生だから押しておくれw


人気ブログランキング

毎度おなじみの、うちから見える風景ですが、ひときわ目立つ「南座」の手前にある古いビル。

レストラン菊水の建物ですが、ここは創業から104年の洋食店ですが、このR.C.建物自体の築年数は、なんと94年で、一階がレストラン&パーラー。二階がレストラン。3、4階が宴会場で、屋上がビアホールと、現役で稼働しています。

こんな建造物を見ると、R.C.物件を所有している不動産事業家の方々の中には、「それなら、うちの物件もまだまだ稼げるんじゃないの?」って甘い考えを抱く方が多い事と思います。

 

しかし、店内に置いてある絵葉書を見ると、建築当初は店の前に、京阪電車の地上線路があったんですよね。現在、京都市の主要幹線道路になっている、川端通が存在してない時期からの建物なんです。この京阪電車を地下鉄化した時に、菊水ビルの地下には京阪四条駅が出来たんです。

多分、その時期(30年くらい前でしたっけ?)に多分、地下基礎からの大規模修繕工事をしたんでしょうね。そして中央階段室の真ん中に、現在も使用しているエレベーターを設置したのでは?斯様に、修繕管理に出費を惜しまない場合に限って、R.C.建築は100年以上持つんですよ。それを、まだ大丈夫だろうとか言って、大規模修繕を先送りしたりするような物件オーナーの建物なんて、法定耐用年数が来たら建て替えだよね〜(無慈悲ww)

 

ここの一階は、場所の良さから、そこそこ有名な、洋食レストランです。雰囲気は12年前に閉店した、東京上野のレストラン「聚楽」っぽいですがww

味は値段相応ですが、安さもあって(ステーキ定食で2000円くらい)この時期なのに昼時は、賑わっていて客席は8割くらいの入りでした。

しかし、今回ご紹介するのは、穴場である2階のレストランです。だって、私らが入店してから食事中、会計して出てくるまで、完全に貸切状態でした。

もうねえ、店内の雰囲気が良いのよ。私が子供の頃によく連れて行ってもらった、銀座のフレンチレストランを思い出すような、昭和の高級レストランって感じの内装です。東西の窓は両方とも緑が美しくって。そして南側の窓からは。

そうです「南座」の向かいですからね。たしかこのレストランは南座にも仕出ししていたと思ったけど。今回は、私は2800円(税別)のコースと、母は3800円(税別)のを注文。

母の前菜1は、よくあるcold meat盛り合わせですね。そして前菜2は、フレッシュフォアグラのソテーです(小さいけれどもw)味付けは、クラシックな洋食ですね。

私の選べる前菜は、ポーチドエッグのサーモン巻きですが、アボカドが熟していなくって固かったのが残念。スープは二人ともヴィシソワーズ。これは生クリームを控えた馬鈴薯の風味を引き出した味付けで、弱めの空調とあいまって美味しかった(暑かったねえw)

母のメインである、フィレステーキは、肉質がイマイチだったな(値段相応かな)私の注文した、車海老のアメリカ風って、てっきりソースアメリケーヌが出てくると思ったら、トマトソースなのよ。辛くないエビチリって思っちゃったww付け合わせにはピラフが。

私のデザートは、柚子のシャーベット(固い!)コーヒーカップにも「菊水」のマークが。

そして、母のデザート。これが今回来た主目的なんですけどね。久しぶりにテーブル前でパフォーマンスしてくれるクレープシュゼットなんです。

これが夜だったら、フランベしたコアントローが燃える炎が綺麗だったろうねえ。こんな事をやってくれるレストランが未だあるってのが良いよね(ランチなのに嬉しい)

 

と、こんな風に好きなものばかり食べて、自分の寿命を伸ばそうという長期計画です(建物の修繕計画は節約してでもww)

では、私の長寿を願って、ここを押してくださいね。


人気ブログランキング

明日からは7月なので、ブログ内容は。。。(変わり映えしないだろうなあww)