今年のグルメはフレンチから | ジャンクの女王

ジャンクの女王

ジャンク不動産(ワケ有りボロ物件)とかジャンクな車が好きで
面白ければ飼って愛でたいっていうヘンタイのタワゴトです。

今年の美味しい食事の食べ始めは、大阪からです。やっぱ御馳走と言えばフレンチでしょう。ミシュランの星付きレストランで、豪華なランチです。

 

正月早々から美味いもん喰ってやがって、と思っても、押すのです。


人気ブログランキング

今回の大阪滞在は、僅か一週間ですが、前半と後半で宿泊ホテルが違います。前半はコインランドリーがあるホテルで、後半はフィットネスジムがあるホテル。

前にも書いたようにように、十数年前は、リッツ・カールトンホテルが大阪の定宿でした(私も落ちぶれちゃって。。。ww)何年も通っていたら、部屋もコーナースイートにグレードアップしてくれたりね。

でも、当時は母の希望で、館内レストランでは和食と中華、たまにイタリアンを利用で、フレンチの店には足を踏み入れてなかったんです。(もしかすると、以前はランチ営業していなかったのかな?)

 

そんな訳で、今回は5階にある、フレンチレストランの「ラ・べ」でランチを。

 

新幹線で抱えてきた荷物とコートを預けて、店内奥の、暖かそうな炎が嬉しい暖炉前の席に。ここは、席間もゆったりしていて落ち着きます。

 

担当給仕の挨拶も(サービス料は高いぞ。と言う宣言ですねww)
 
ランチなんで飲み物は水だけで。私、昼酒は呑まない主義です(数年前からね)

 

 

最初の一皿で、右下は甲殻類で作ったゼリーですが、凄く味が濃くって歯触りも殻を食べたようなクリスピーな食感。

右上はトマトのマカロンの上に鰯のムース。左上は魚のフランだったかな?

どれも繊細かつ大胆な味付け。現在の料理長って、パリのルカ・カルトンで部門シェフをされていたそうです。私は一回しか行った事が無いけど、なんか料理の姿勢が似ている気がします。ルカ・カルトンも、シェフが引退するまで30年近くも三ツ星だったんだよね(現在はシェフが代わって一つ星だったかな)

 

 無塩バターに2種類の塩。そして海藻バター。アクリルの台座はイマイチの演出。

 パンは冷めない様に箱入れです。

 

 これも美しくって美味しい!仔鳩の胸肉とフォアグラカナールで作ったテリーヌにレバーペースト。ゼリー状のソースと粗挽胡椒で。

 

 ホタテ貝柱で作った花の様な刺身に、熱い蕪スープ柚子風味を掛けて食べる。まるで鯛茶漬け?

 

 グジ(甘鯛)の鱗がパリッパリッで美味しい。甲殻類の濃いソースで。野菜のコンポテも旨い!

 

 母のメインは、最上級和牛のステーキで、コーヒーバター赤ワインソース。一口食べたけど、この牛肉は今年一番の美味しさ(多分年内ずっとの予感)

 

 最後にチーズのムースが、ここで、ああ美味しかった。と思っていたら、これはプレデザートだった。

 

本来の正式 デザートです。洋梨のマリネとレモンシブースト。塩キャラメルアイスとスペキュロスクッキー。

 

 そしてコーヒーと共に、プチ・フールで、お菓子が3種。どれも美味しいけど、もうお腹いっぱいだよね。

 

 

 と、最後にチョコレートが、もう食べられないよう。って言いながら食べちゃいましたけどww

 

 

これで二人で18000円ほどです(飲物をケチったせいでお安くなったw)まぁ、ランチにしては高いですが、このクォリティなら充分納得です。

母は「また来ようね」と、ご機嫌でした。

 

そしてリッツ・カールトンを出てから徒歩3分のホテルにチェックイン。

ええ、部屋をやすくして食事にお金を掛ける主義ですww

 

 

  では、皆様も上機嫌で、押しておくれ。


人気ブログランキング

 あ、明日も祭日で休みか。。。