手間要らずの収益不動産投資。 | ジャンクの女王

ジャンクの女王

ジャンク不動産(ワケ有りボロ物件)とかジャンクな車が好きで
面白ければ飼って愛でたいっていうヘンタイのタワゴトです。

先日のブログで「面倒くさい」って言う奴には、収益不動産事業は向いていないんだよ。って書いたんですが、楽で手間が掛からないのもあったね。

 

さぁ、たいして手間が掛からないよ。ここを押すのはね。


人気ブログランキング

手間もかからず、ローリスク(ゼロリスクじゃないよ)な不動産投資ですかね。もちろん在りますよ。

 

都心で駅近くの、築浅区分マンションなんかは、あまり手間が掛かりませんね(築15年くらいまではね)但し、利回りはかなり低いですよ(嫌になるくらいww)

 

以前、私が所有していた原宿のマンションなんかだと、入居率は保有期間の95%くらいでしたが、現在(築14年)の実勢価格で購入して運営すると実質利回りは3%くらいになっちゃうのでは?(私は安い新築時に購入だったから儲けを出して撤退出来たけど)

 

今、現在も保有している、恵比寿駅徒歩1分の区分マンションの入居率は、購入後現在まで99.5%以上で、いまは長期入居者が、多分事務所として使用中(設備不良の苦情は16年間無し)これも現在価格で購入したら利回り4%を切るかも(しかも、これから設備の老朽化が。。。)

 

もう、こうなると新築区分マンションだと、J-REITなんかと変わらない利回りになってきたよね(やる気の失せる事。。。)

これからはshikonさんの書いたブログの様に、地主以外の一般投資家は、一線からは退場して資金調達力のある、プロの投資に委ねるようになるんでしょうね。

 

で、こんなブログを読んでいる、腕に覚えのある(と、勘違いしたw)不動産投資家たちが、大手の隙間をぬった高利回りでハイリスク。しかも手間暇のかかる物件を購入して勝負していくんですが、このハイリスクのせいで、この後10年以内に半数近くが脱落するのでは?と、思っています(立地と借入割合に左右されそうですね)

まあ、ローリスク物件だって、地震とか津波に大型台風に、景気後退不安と、投資家を脅かす材料には、事欠かないんですがww

 

だから、リスクと利回りの関係は、市場が成熟すると、どんな投資でも同じ様に収束して行くんです。そこを打破するのは、手間ヒマ労力と努力。これくらいしか投資家は結果に影響を与える事が出来ないんだよねえ。

若しくは、大きな変動を待つかねとかね(不動産大暴落を渇望している人も多いですが、そんな時になったら金融機関からの融資も出ません。ってのにwww)

 

ここを押してもらうのには、皆さまにお願いするくらいしか出来ないんだよねえ。


人気ブログランキング

連休だから、今日は短いんだよ〜(そんなルール、いつ出来たっけ?ww)