ガッカリと竹中工務店の関連。 | ジャンクの女王

ジャンクの女王

ジャンク不動産(ワケ有りボロ物件)とかジャンクな車が好きで
面白ければ飼って愛でたいっていうヘンタイのタワゴトです。

京都には、高級ホテルが続々オープンしています。もちろん、好奇心旺盛な私は訪問しますよ。でも、主にレストランですけどね(泊まる必然性は無いもんね)

 

ここを押す、必然性はあるんだよ!


人気ブログランキング

行ってきたのは、一ヶ月ほど前にオープンした「パークハイアット京都」ですね。忘年会の翌日の日曜日だったんですけど、忘年会では普段の半分くらいしか酒を飲まなかったので、早朝から動けました。それに、もしかすると今季最後の穏やかな陽気らしいので、朝からタクシーに乗って。いや、だって高給ホテルにモーニングだけ食べに行くんだから、少しは気取ってねww

 

車寄せには、若い制服女性が二人。まぁ、観光地のど真ん中に立地してるんで、興味本位の観光客が入り込まないように居るんでしょうね。タクシーに700円を払って館内へ。

一歩館内にはいると、なんか違和感が。これってホントに竹中工務店が施工したの?って疑問に思うほどの安っぽさ。広さだけが高級感を醸し出すんじゃ無いんだからね。

水を張ったのは良いけれども、丸石をコンクリートで押さえているのが丸見え。もう一列上に石を敷きなさいよ。端っこだけで誤魔化さないでさあ。

積水ハウスが施工した(最初は不安でしたがw)京都リッツ・カールトンと比較しちゃうと、明らかに格下だと感じられる建物ですね。

レストラン店内もイマイチ。照明器具は真鍮メッキでしょうかねぇ、安っぽい。ダウンライトのボックスもちゃちい。あと二年坂に面しているんで、けっこう覗き込まれますねww

そりゃぁ、内装素材はそこそこ良いものを使っていますが、デザインと施工は「大和ハウス」レベルですね。そして極め付けは、これ!

刺し子風のプリントを施した、もっさい制服です(これは竹中工務店の責任じゃ無いけど)

 

サービスレベルも、ちょっとねえ。。。

だって、レストランに入店しても、誰も声をかけてこないんだよ(自分から従業員に声かけました)しかも事前にホームページでチェックして、朝7時から20時までの通し営業ってのを確認してから、席の予約のために、ホテルに電話したんですが呼び出し音が8回(これだけで不安感が増すよねww)ようやく繋がったので訊くと「ビストロの席は予約承ってないですが、席数が多いので、お待ちにならなくても入店できますよ」って言われたので、一応、ホームページで公開されているグランドメニューもチェックしてから訪問。

声をかけたのが10時半。そうしたら「もう、オーダーストップなんで11時半までは飲み物しか」ってホームページにも、電話でも一言も言わないような重要情報がww

まぁ、ギリで10時28分だったので、ビュッフェスタイルの朝食(4000円)は無理だけど、単品の朝食は食べられる事にはなったんだけどね。

こんな情報って、どこにも書いていないので、私が広めなくっちゃね(ホテルの運営者には任せられませんからww)

 

今日は、グルメガイドでは無いんで、サラッと書くと。

パンは硬すぎで、ポーチドエッグは茹ですぎ。味は普通。フルーツプレートは良い。

でも、いまどきの高級ホテルらしくはなく、コーヒーはポットでなく、お代わりサービスも無い、盛りきり一杯のみでした。

 

食後は、ロビーまで探検に。ラウンジスペースは、それなりに良いかな。でも、こちらでは朝食に和食を選ぶと此処らしいけど、朝食会場だと思うと幻滅しちゃうかも。アフタヌーンティー(4500円)も此処らしい。

ロビー奥のトイレは個室内に手洗いとか鏡があるのは良いんだけれども、トイレの共用スペースってのが設置されていないんです。だから、私が歯を磨いたりして遅く出ると、先に用を済ました母は、ホテルマンの誘導で、ロビー中央に立っていなければならないんですよ。設計がおかしくないかねえ?

 

その後は、高台寺から、八坂神社、知恩院、青蓮院を通って三条通りでタクシーに乗って帰宅。

まあ、急速に増えた京都の宿泊所ですが、粗製乱造なんじゃないの〜(言いたい事言ってますねえww)

 

なんか、今日は、ひと様の物件の悪口書いているみたいでしたね。

私の悪口を言っても良いから、こっちは押しておいて。


人気ブログランキング

だからぁ、そろそろブログを休むって宣言したんじゃなかったっけ?