常軌を逸している忘年会 | ジャンクの女王

ジャンクの女王

ジャンク不動産(ワケ有りボロ物件)とかジャンクな車が好きで
面白ければ飼って愛でたいっていうヘンタイのタワゴトです。

まぁ、普通はやらないでしょう。一つの会場に十数名が集まって、飲み食いしながら、9時間連続で不動産話を続ける忘年会なんて。。。

 

そんなもん参加したくねえよ。って思っても、押して。


人気ブログランキング

実は「ジャンクサロン忘年会」って、今回が2回目なんですが、去年の、第一回はヒドかった(主催者は反省しておりまするww)だって、2畳の茶室に参加者7名だったんだよ!

 

当初「今年の忘年会は何時開催?」って訊かれた時に「はて?私って、人を集めて何がしたいんだろう」って自問自答をしたんですよ(約10秒ほどww)

結局、私は、他の不動産事業家の、人となりを知りたいんだな。だって自分のことはブログ上で赤裸々に(一部隠蔽もありますが)語り尽くしているじゃない。

ところが、セミナーとかの懇親会では(っていうほど言った事ないくせにw)セミナー後の懇親会って、まぁ2時間以内でしょ?大体が、一緒になったテーブルのメンバーの、浅い自己紹介で終わっちゃうじゃないですか。懇親会の二次会では酔っ払っちゃうし(あ、私だけ?ww)

 

そこで今回は、自分の欲望を満たすだけで、出席者のことは一切考えないというワガママな戦略をとりました。そのせいで、定員を12名に絞っての開催(どうせ最大定員が15名が限界だし)

あまり参加者が多いと、パーティーでの話題って2つ以上に割れちゃうじゃない?そういう時って、私は両方の話題をおいかけようと思っちゃって(聖徳太子かw)どっちも判んなくなるw

 

で、今回は12月のギャラリー展示の日を避けて、余裕をもった日程で、会場設定は前回セミナーのように、講師を取り囲む半円形に座席配置をするのでなく、仮設大テーブル(幅0.91m長さ2.4m)の周辺に椅子を12席並べました。

 

時間は、多分長時間になると思って午後3時〜4時くらいにスタート設定。当初は、忘年会って通常の店舗だと2時間だし、うちでやっても、せいぜいが倍の4時間で飽きるだろうから、8時ごろには周辺のバーが開店するだろうし、二次会とか三次会に行けば良いと思ってたんですよ。

 

ところが実際は、3時に会場をオープンして、3時40分には参加者が9名になったので、忘年会を開始。それから延々と夜中の12時まで、うちの美術館内で飲んで食べて、皆さんの話を聞いての長時間耐久忘年会でしたww。

体調不良で1名の欠席があったのですが、深夜に飛び入りゲストが入って来たりして、結局参加者は総勢12名。

 

忘年会の内容としては、参加者の皆さんの話を、じっくり聞いて、他の参加者が質問する形でした。ひとの事業とプライベートを、皆で根掘り葉掘りするという、閉鎖環境でしか実現出来ない、稀有な忘年会になりましたね。

 

だから、参加者のプライバシーを考慮して、内容等は、このブログでは書けないんですよ。だから、せいぜいが私が話した事くらいでお茶を濁して良いですか?

 

 

今読んでいる本が、法学について言及していて、現在の欧米(含日本も)の法制度の起源はローマ法にあって、その中のカテゴリーでは、土地などの賃貸借と雇用や請負が同じカテゴリーに属しているそうです(委任なんかは別カテゴリーだって)これは自由人が奴隷や奉公人を貸し借りするのと、不動産の貸し借りが同じだという事らしいです。

 

そこから飛躍して、私のように、無借金で所有している物件ってのは、所有奴隷なんで給料なんかは不要だけど、健康とか生活の事(建物の維持管理に税金)を所有者は気を遣ってやらなくてはいけないんですね。そして物件に対する責任は建物が消滅するまで(奴隷が死ぬまで)続くんですね。

 

銀行からの借入金がある物件は、正社員みたいな物件なんで給料(毎月の返済金)が掛かるんだよね。そして返済が終わって、はじめて自分の所有奴隷になる。

 

そうすると、フルローンとか高利の借入金で購入した物件ってのは、派遣社員や高給アルバイトを使って、なんとか回している事業みたいだね。

 

なんて、酔っ払ってのバカ話を、なんと9時間も続けていたんだねえ。。。だから、翌日の夜は日本酒の熱燗を、一本しか飲めませんでした。

アホだなあ、と思っても、押してね。


人気ブログランキング

今月からは、例年通り、少しブログ更新を間引くかな?と思っています(明日は書くかもね)