不動産賃貸業をやってきた人々 | ジャンクの女王

ジャンクの女王

ジャンク不動産(ワケ有りボロ物件)とかジャンクな車が好きで
面白ければ飼って愛でたいっていうヘンタイのタワゴトです。

なんか、最近は、美術館とかアートとかの話ばかりでしたので、たまには不動産の話でもしないと、この業界から干されそうなんで(まぁ、別に干されても困らないけどww)
 
ここは、押さないと、私が困るんだよ。


人気ブログランキング

昨今は、サラリーマンからの兼業大家さんが増えて、そんな家業でも無い事業に徒手空拳で挑む人々に向けて、不動産事業では少しばかり先輩の人間が、乏しい知識とか経験(失敗経験もww)を伝えるために、こんな不動産投資ブログの需要はあるんだと思っています。

 

初心者で、いきなり新築から入る方ってのは、いなくは無いけど、個人で新築ってのはハードルが高くて、少数の方だけがチャレンジしてますけど、そんな努力家、勉強家は、私なんかのブログは読まなくっても良いよねww

また、業者の企画物を購入する人には、こんなブログは不要でしょう(だって悪口しか書かないしww)

でもね、新築しか経験値が無いと、今後物件が古くなった時のリスクを過大評価しちゃって、大した利益が積み上がっていないうちに売却しちゃう。って傾向も出ちゃうんじゃ無いかなあ。

 

大多数の方は、まずは手堅く、中古物件の購入を検討する事と思います。ええ、私も、こちらをお勧めします。少額物件ならリスクが顕現しても対処できて、良い経験になると思います。

 

収益不動産の中古物件なんですけど、大事なのは、誰が何のために売りに出すのか?って事ですよね。

前所有者が、不動産投資家であれば、リスクが大きくなる前の資産入れ替えとかで、なんとなく理由が判って理解も出来るんですけどね(どこまで指値が効きそうとかもww)

 

問題は、相続の時に出てくる物件ですよね。まぁ、普通の相続人は、収益不動産なんてメンドーな物件には関わらずに、現金に換えて、皆に分けたい。って気持ちでしょうからね。

ただ、子孫が不動産に興味が無い物件って、それまでも入金される家賃以外には関心を持たれていなかった可能性が高くって、維持管理が悪い物件が多いんですよね。だから、これらの物件はリフォーム代の見積もりが判るようになった人が手を出すんですよ(だからD.I.Y.の経験は大事なの)

 

超初心者だと、建物の修繕が多少は手を入れてある小さな物件。ってのがとっつきやすいでしょうね。

そんな物件ってのは、古くからの地主所有の物件よりは、近所で小商いとか、自営業で仕事をしてきた人が老後の年金がわりに。って建てたものって多いんですよ。

 

ここ数十年の日本の産業構造では、自営業者ってのが減少しているんです。高年齢化した創業者は子孫にビジネスを継がせる事なく、事業所用の土地の大部分を収益不動産に換えて、細々と自宅等でビジネスを続けていた人なんかが結構います。この人たちの所有物件は、けっこう狙い目ですね(ハゲタカのような考えww)

多少とも事業を営んでいた方ってのは、必要な修繕経費は思い切って出すという習慣があるからね。サラリーマンの人が持っていた物件は修繕費をケチっている場合が。。。

 

だから、仲介不動産屋さんが情報を持っていた場合は、前所有者の業種なんかを聞き出した方が良いのでは?って事ですね。

因みに3年前に入手した、私の貸店舗物件は、前所有者さんが不動産屋さんでした。入居テナントが廃業したので売りに出したんですが、この不動産屋さんが、かなりの御高齢で、店舗物件の管理がメンドーになってきたんでしょうね。ちゃんと瑕疵(建ぺい率容積率オーバー)も理解しているので、お安めの価格設定でしたので、ほとんど交渉なく購入できました。

 

って、今日は「物件の氏素性を調べよう」ってタイトルが良かったのかな?

 

あなたの氏素性は問わないから、ここを押してくれたまえ。


人気ブログランキング

 

今週の京都市美術館別館での展示。今日は、私も午後の受付当番ですね。

そして、来週からの、うちのギャラリーである、京都市美術館での展示。

もう読み飽きたでしょうけど、過去インタビューも載せます。

 

健美家インタビュー前編

 

健美家インタビュー後編

 

いつまで、これを載せるんでしょうか?