週末ブログ休載、と。。。 | ジャンクの女王

ジャンクの女王

ジャンク不動産(ワケ有りボロ物件)とかジャンクな車が好きで
面白ければ飼って愛でたいっていうヘンタイのタワゴトです。

この週末には、京都へ移動しますので、ブログを、一旦おやすみしますね(多分、土日休載かな?)さて、これで今日のブログは、おしまい。(あ、ダメ?)

 

じゃぁ、つまんないブログで良ければ、書くけど、押してくんなきゃヤダ!


人気ブログランキング

ホントは、天気の良い、木曜日に京都に行くはずだったんですけど。火曜日に東京の司法書士に実印を押した書類とかを郵送したんで、若し、何か書類に不備があった場合に、京都に居たら対応できないから、仕方なく、九州で週末まで待つんですけど、天気が。。。(今年は梅雨が来そうに無い北部九州ですけどww)

 

まぁ、ホントの休載理由は、書く事が無くなっちゃった。って事だよねww

だから、水曜日に行って来た、門司の元造船所倉庫の、新アトリエの周辺の事なんかを。

電動シャッターを開けたら、私のポルシェの隣に友人の建築業者の車も入る(5700ccのアメ車ダッジ デュランゴですデカイ)

しかし、鉄骨スレート造は暑い!空気が通らないから、打ち合わせは屋外でした。

あの、ハリウッド映画によく出てくる、大きな(直径2~3m)のゆっくり回る換気扇って売ってないのかなぁ?でも、取り付け工事が大変か(建物に補強いれなきゃww)

 

そんな打ち合わせ中に、近所の奥様が挨拶に。建築業者さん(地場の人です)の知り合いの方で、地域の世話役もなさっている。その後、隣の家の奥様も連れて来てくださって。

やはり、建築業者は地元の人の方が良いですよね。これで近隣トラブルに対処しやすくなった。

 

近所の人と話をしたら、この辺りは北九州っぽい訛りが無いんですね。聞けば、先祖は平家の方が多いそうです。だって、目の前が壇ノ浦だからね。合戦で敗れて、都に帰れずに、こちらに居着いた人々の末裔らしい。

そう、この田野浦のスグ隣が、太刀浦って言って、安徳天皇が刀を井戸に沈めた。って伝説があるんです(三種の神器の一つは、此処にあるのだ!ww)

帰宅後、調べたら、日本書紀(古いねえ)には「曲浦」(わたのうら)って呼ばれていたそうな。そして、江戸時代には、北前船(ここを通らなきゃ行けないもん)の「風待ち」「汐待ち」とか船の修理(と、女郎屋ww)の場所で栄えたそうです。

 

だから、ここが昔っから造船所だったんだね。源平合戦の頃は「逆櫓」の取り付けとかしてたのかも。で、この建物も北に向かって開口部がありますが、今は向かいに県営住宅とか、日本サルベージの社宅なんかが並んでいますが、昔は海岸までなだらかな傾斜だったはずです。ここで作った船を、浜まで、滑りおろしたんでしょうね。

 

そんな事を考えていたら、アホな改装プランが。建物の奥側4mほどを足場板を敷いて作業スペースにして(ええ、壁も作って、そこだけエアコンを設置しますよ)手前の7mほどを砂浜にしようかと思って(うん、バカですもんww)

 

当初は、砂を敷き詰めて、ビーチパラソル置いて。って考えたんですけど、何かビンボー臭い。

いっそ、白の砂利を敷き詰めて、毎朝、熊手みたいなので波紋を描こうか?って。

石庭の岩の代わりに、溶接機とか旋盤とかを配置して、その周りに波紋を描く(ホント、アホ)

実現可能か建築屋さんに聞いたら、白の砂利は高くは無いし、室内なので汚れも無さそうなんで、やってみようかな?と。思ってます。

う〜ん、電動シャッターを開けたら、白い浜辺が出現する。ってのは、とってもアホらしくって良いんじゃないww

京都から帰ったら、電動シャッターの無線リモコンを取り付け工事しようっと(電気工事士資格がやっと役に立つw)

 

まぁ、ネタがないんで、あんまり不動産と関係のないことばかり書いちゃった。

しょうがないんで、付き合いだと思って、押してね。


人気ブログランキング

土曜日か日曜日か、どっちが雨に降られないんだろうなぁ。。。