修繕作業の話しなんかを。。。 | ジャンクの女王

ジャンクの女王

ジャンク不動産(ワケ有りボロ物件)とかジャンクな車が好きで
面白ければ飼って愛でたいっていうヘンタイのタワゴトです。


テーマ:

アレェ、当分ブログは休むって書かなかったっけ、私。


23時間で前言撤回か?まぁ、舌は予備とか在庫とかで常に3枚くらいは常備してますから(又、ウソを)


 


嘘じゃ無いからぁ、押してくれると喜ぶんだってばぁ。




人気ブログランキング


京都から九州への帰宅路は、予定変更ばっかりでした。最初は土曜日に帰宅する予定が、雨だから、って日曜日にしたら、大雨で各地に被害が出ちゃったりして、高速道路が不通になったので、急いで月曜の夕方に出航するフェリーを予約。無事、京都からは、脱出できたんですが。。。


 


なんだよ、名門大洋フェリーってのは(最初、自分で名門って名乗るのか?と、思ったんですが、名古屋と門司を結ぶんで名門なのねw)17時出航ってんで、15時には港に行ったんだけどさぁ、時間が早すぎたのか、誘導された車両区画が最下層の第二層。それは、良いんだけど、エレベーターが第三層からなの!この階だけ、階段を使わなくっちゃいけないのだよ!


私はねぇ、同乗している母が、足が弱いので(つえを使ってます)早めに行って、楽な場所を、と思ったのに一番キツイ場所じゃん!なんのためにバストイレ付きの特別室をとったんだよ。


もう、次回からは(次回はあるのか?)出航時間ギリギリの乗船を目指すよ!


 


朝の5時半に新門司港に着いたんですが、一緒に船を出た車たちが、港を出てから路側帯でナビを調べたりして皆さん戸惑ってます。だって高速道路が閉鎖されてんだもんね。


地元の私は、一般道を通って20分ほどで自宅へ、そこまで市街地は普段と景色は全く変わらなかったんですが。山の中腹(市街地の一番外れ)にある自宅マンションまで、あと数百メートルって所から風景が一変。



坂道になったら、途端に道の両側に瓦礫の山が。こぶし大の石がたくさん積み上げてあります。多分、大雨の時に山から流されてきたんでしょうね。どんな勢いで水が流れてたんだろう。


そして、もっと上がると、今度は市道のアスファルトに穴が。どうやら、側溝周辺で排水が間に合わず、溢れて、ついでに地盤の土砂まで流出したみたいです。穴の周囲には月曜日に置いたと思われるコーンとかバリケードが設置されてました。


 


でもね、修繕の早い北九州市だよね。午後5時には北九州都市高速道路は開通(九州自動車道は不通のまま)そして、自宅前の道路も、こんな状態に。



修繕工事が終わってる。早い!エライなぁ、税金を払った甲斐があるよww


そして、被災者の方達にはすまないけど、うちのあたりは、この程度の被害だったんで良かった。


 


それから、もう一つの修理完了の報告が。


この春に、ヤナセから200万円の修理見積もりを頂いたキャデラックですが、安い(多分?きっと?はずだよねぇw)と、思われる地元の修理工場から帰ってました。



右側面を時速120kmでガードレールに擦りつけたとは、全くわからない綺麗な仕上がり。


でもね、工場の社長曰く、アメリカから航空便で取り寄せたフェンダーとかの部品がチリが合わないんだって!もしかして、アメリカの自動車産業って未だに現物合わせなのか?それとも品質検査ではねられたのを交換部品で出しているのか?


まぁ、日本の板金職人技術で見事に蘇ったのだから、良いですが。。。


こういう苦労話を修理代金請求の前にする時は。。。怖いよ〜(未だ修理代金は知らされてませんww)


でも、ポルシェからキャデラックに乗り換えると、ステアリングが違和感あるんだよね、太いし反応が鈍い。でも、悪路の乗り心地は雲泥だからな。


 


と、まぁ無事の帰宅と、無事の修理完了の報告でした。


 


ブログ休止は、どうなったんだよ。って、まぁ明日からかな?


今日も、押してね。




人気ブログランキング


明日はホントに安めるんだろうかww


 


 

ジャンクの女王さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved.