おはようございます。

昨日は「第360回朝活@富山」にて講師としてお話しました。

現在では全国各地で盛んに行われている朝活ですが、

実は富山はとても盛んに行われているんです。

毎週水曜日+毎月2回の日曜日に開催され、昨日で360回めの開催となりました。

主催されているのは永吉隼人さん。

永吉さんは富山市内で会社員をしながら、

「朝活で富山を元気にしたい!」

という志を胸に、2009年から活動を開始されました。

私は昨年初めて行き、その後は興味があるテーマの時に数回参加しました。

昨日は聴講者ではなく、講師としての初めての朝活参加。


What's 終活!? ~老若男女みんなで考えよう、富山の終活コトハジメ~


というテーマで、終活ネットワーク富山の代表としてお話してきました。





主催の永吉さんが主にFacebookで告知をしていただいたのが約1週間まえ。

Facebookのユーザーの年齢を考えると、終活というテーマに興味を持って参加される方は

4~5人くらいかな?との私の事前の予想を裏切り、

前日まで15名のエントリー+当日飛び入り参加2名でした。

年齢層は20代~50代、介護の仕事をしていたり行政の仕事をしていたり、

また自分の親のことがご心配で参加されたり、ご自分自身の将来について考えようと参加されたり。

参加の動機は人それぞれでしたが、みなさん異口同音に

「最近終活ってよく聞くけど、詳しく知りたいと思っていたところでした」

「相続や終活について、これから本当に大切なテーマになってくると思っています」

「仕事で接するお年寄りの方の不安や疑問を解いてあげたくて」

「富山に専門の方がいるのはとても心強い」

などなど、

私の想像以上に終活についての情報を欲している敏感な方が富山にもたくさんいるのを知り、

私自身非常に嬉しく思いました。

参加された方から「是非自分の親にも聴かせて上げたい」とのお声がけをいただきました。

以前から同じような申し出を聞いていたこともあり、


「親子で考えるエンディングノート」


というセミナーをそろそろやりたいな、と。

6月中旬~下旬の土曜日か日曜日に富山市内で開催できればいいなと思います。

昨日の朝活講師は私にとってもとてもいい経験になりました。

お声がけいただいた永吉さん、どうもありがとうございました。

これからもよろしくお願いいたします。