横浜市旭図書館 | 図書館利用促進プロジェクト横浜・鎌倉版

図書館利用促進プロジェクト横浜・鎌倉版

永遠に残していかなければならない人類の知的所産「図書」。
さまざまな図書が集積する「図書館」のあり方が
近年、著しく変貌を遂げています。
図書館の魅力を再発見!
それが「図書館利用促進プロジェクト」の狙いです。


テーマ:
本横浜市旭図書館の成り立ち
 
横浜市旭区は、昭和44年(1969年)に保土ヶ谷区から分区して誕生、市内3番目の面積のまちです。区内中央を帷子川がゆるやかに流れ、戦国武将畠山重忠ゆかりの地や動物園ズーラシアも擁するなど豊かな自然と歴史的遺産が多くあります。
旭図書館は昭和61年(1986年)、地区センター併設の建物として白根町に開館。今年平成28年、開館30周年を迎えました。
 
本優しい心遣いあふれる図書館  
 
クローバーあさひくんの庭」 人にも環境にも優しい図書館の姿
     
旭図書館はその立地も緑豊かなのですが、図書館自体も緑がいっぱいです。平成24年3月に「環境にやさしい図書館づくり」を目指して屋上緑化を開始、コンクリートの屋上を緑豊かな庭にしました。旭区のマスコット・キャラクターにちなんで「あさひくんの庭」と名付けられ、四季折々の草花を図書館2階の参考図書コーナーから臨むことができます。環境配慮の取り組みでありながら、同時に窓の外に広がる庭は来館者の息抜きにもなっているようです。
庭の管理は現在9名の旭図書館グリーンボランティアの皆さんが行っており、手入れの行き届いた庭は必見です。
  
 
クリップちょっとおまけ 実は他にも…
「あさひくんの庭」と名付けられた庭は2階参考図書コーナー前ですが、実は他の屋上部分にも小さな庭があります。陽当たりや広さなどを考慮されているそうで、それぞれ趣の違った庭になっています。庭園の先には遠くまちの景色が広がります。立ち入りはできませんが、ぜひ図書館2階に行ったら窓の外をチェックしてみてくださいね。
  
 
 
 
クローバー子どもも資料検索しやすい「郷土あさひ」コーナー
 
旭図書館では、旭区の歴史に関する本から紙芝居や絵本、地図、写真集…などの資料を1階貸出しカウンターのすぐそばに「郷土あさひ」として設置しています。通常郷土資料は一般書コーナーの奥に設置される図書館が多いのですが、旭図書館では2階の神奈川県や横浜市の郷土資料とは別に旭区の資料を置いているのです。
1階は児童図書室になっているのですが、夏休みなど子ども達が郷土資料を使うことも多く、そんなときにも貸出しカウンター近くなら様子がわかり手伝ってあげやすい、ということが一番の理由だそう。もちろん一般の人も地域のことを調べたい時に職員さんにすぐに尋ねられるので嬉しい心遣いですね。
 
 
クリップちょっとおまけ 特等席で調べ物もはかどりそう?
「あさひくんの庭」で上手く育たなかったバラを1階児童図書室の、窓の前に移動したことろ、グングン育ち素敵なバラのグリーンカーテンに。木漏れ日やさしい特等席ができました。
 
 
本開館30周年
 
平成28年(2016年)5月14日、旭図書館は開館30周年を迎えました。これを記念して中村征子氏による記念講演会「こどもと味わう絵本の魔法」や、「おはなし会」、旭区ゆかりの戦国武将・畠山重忠の出身地である埼玉県深谷市・嵐山町の協力を得て開催したパネル展「畠山重忠の故郷(ふるさと)へようこそ!深谷市・嵐山町情報掲示板」など、開館記念日を中心に様々なイベントが行われました。
 
 
左)30周年記念のブックカバーは旭区のマスコット「あさひくん」イラスト入り。
右)利用者さんのおすすめ本のメッセージもたくさん集まりました。
 
クリップちょっとおまけ 旭図書館、小学生の利用が多いヒミツは…
図書館裏にあるグラウンドでは野球やサッカーの試合がたびたび行われています。グラウンドを利用した小学生が後輩を連れて図書館へ足を運ぶこともしばしば。図書館を身近に感じる子どもたちの口コミ力はあなどれません。
 
 
 
本多彩な活動で図書館をサポートするボランティアさんたち
 
旭図書館で活躍している地域のボランティアさんたちは、本に関わることはもちろんそれ以外にも多彩な活動で旭図書館をサポートしています。
 
あさひ茶華道協会
 2階へ上がる階段横のいけばなは、あさひ茶華道協会の師範の方々が4日に1度のペースで開館以来30年欠かさず季節の花をいけています。職員さんのお話では「しおれたところを見たことがない」とか。行き届いた心配りは来館者をほっとさせてくれます。
 
 
図書修理
毎週水曜日~金曜の午前中、事務室内の作業台でページの補修や糸の綴じ直し等図書館の本の修理をしています。皆さん図書修理研修を受け、本の傷みに応じた技術を日々工夫。一冊一冊丁寧に修理した本は、再び貸出しに出されていきます。
 
紙芝居ボランティア「としょくん」
旭区在住の紙芝居おじさんとしょくんは、定年退職後、横浜市内を中心に紙芝居おじさんとして活躍しています。旭図書館には、旭区の昔ばなしをもとに製作されたとしょくんオリジナルの紙芝居も多数。ちなみに絵は奥様が描かれているそうです。
 
このほかにも書架整理、月に一度の検索機講習、「おはなし会」での読み聞かせ、「あさひくんの庭」のお手入をしている旭図書館グリーンボランティア、街歩きガイドなど地域の方々による充実のサポート体制が旭図書館を支えています。
 
 
本寄り道さんぽ 図書館とまち歩き
(横浜市内最大級の滝、白糸の滝 幅7m、落差3,5mは旭図書館向かいの白根公園内)
 
多摩丘陵の起伏に富んだ谷戸地形の豊かな緑を擁する旭区。鎌倉武将畠山重忠ゆかりの史跡も数多く残るなど図書館を起点に自然と歴史を楽しむことができます。
 
 
畠山重忠公めぐり
鎌倉時代、源頼朝の信頼厚く、智・仁・勇を兼ね備えた武将と伝わる畠山重忠公(1164年~1205年)は、現在の埼玉県嵐山町から鎌倉へ向かう途中現在の鶴ヶ峰付近で討死しました。旭区内にはその勇敢で実直な人柄を偲ぶ、ゆかりの史跡が数多く残されています。
  
相鉄線二俣川駅南口から自然公園通りの坂を上り右手に入ると、畠山重忠公遺烈碑が静かにたたずんでいます。
 
 
 昭和30年(1955年)、埼玉県河本町(現・深谷市)と鶴ヶ峰の融資が建立した重忠公碑・さか さ矢先は相鉄線鶴ヶ峰駅から鶴ヶ峰商店街を抜けた先にあります。
他にも二俣川から鶴ヶ峰周辺には、鎌倉へ向かう道であった痕跡や合戦の激しさを伝える史跡があり、重忠公を偲ぶまち歩きができます。また、討ち死にした重忠公の軍勢130余騎を埋葬したと伝わる薬王寺では、毎年命日の6月22日に慰霊祭が開催されています。
旭図書館の「郷土あさひ」コーナーに畠山重忠関連資料が手に取りやすく配置されています。ぜひまち歩きの参考にしてみましょう。
 
帷子川親水緑道
相鉄線鶴ヶ峰駅から歩いて3分ほど。街なかを流れる帷子川の旧河川敷を活用した公園になっています。お花見や紅葉など季節の緑を眺め、野鳥のさえずりや爽やかな水音に耳を傾ければほっと一息。
 
ラ・フルール・ド・ポム
旭図書館から白根通りを250mほど北へ向かったところにあるラ・フルール・ド・ポムは、「あさひの逸品」に認定されているアップルパイの人気店。「もともとアップルパイは好きではなかった」という奥様が唯一美味しいと思ったというご主人のお母様のレシピを守ってご夫婦で作っているそうです。国産バターや契約農家から取り寄せたこだわりのリンゴをたっぷり使用したアップルパイはやさしい味わい。サブレも充実しており、「ぼくは重忠」や「」重忠のかぶと」サブレはお土産にもぴったりです。
 
利用案内
旭区白根6-1-17
045-955-2838
9:30~19:00 定休日 火曜日
 
●カフェアライバル

国道16号線(八王子街道)の白根交差点から白根通リに入ってすぐ左手に位置するカフェアライバル。入口の階段を上り店内に一歩入れば、旅に出掛けたくなるような空間が広がります。旅やカフェに関する本も充実。豊富な食事メニューや人気の焼きプリンをいただきながら、本を片手にくつろぐ・・・そんな場所として地元の人たちに愛されているお店です。

 

利用案内

旭区鶴ヶ峰本町2-51-32ヴィラ白峰102

045-952-5377

10:00~22:00(ラストオーダー21:00)
定休日 水曜日
@walshjunjisaito
 
本図書館からのメッセージ
川俣浩一館長(右)と司書の齊藤宏美さん
 
川俣浩一館長からのメッセージ
 
「30周年をきっかけに」
今年5月14日に開館30周年を迎えた旭図書館では、開館記念日を中心に様々なイベントを行いました。30周年という区切りをきっかけにさらに地域へ働きかけ、今後より多くの方に訪れていただけるよう、おはなし会の充実や大人向けのおはなし会などを企画していきたいと考えています。
 
 
 
メモEDITORIAL NOTE
緑に囲まれ長閑な雰囲気漂う旭図書館。相鉄線で隣の二俣川駅は駅前再開発中で賑わい、旭区の多彩な姿を垣間見られます。図書館がまちのオアシスでもありうる、そんな好例ではないでしょうか。最寄りの鶴ヶ峰駅からは少々歩きますが、帷子川親水緑道や白根公園などにふれ、少しずつ喧噪から離れて行く感じも楽しいもの。今回の取材ですっかり畠山重忠公にはまりました。しばらくは旭区の歴史散歩を堪能したいと思います。
 
【参考文献】

書名をクリックすると横浜市立図書館での所蔵が見られます。

『旭区郷土史』     1980年  旭区郷土史刊行委員会/編

『新・あさひ散歩』    2014年  旭区観光協会/編   

『畠山重忠一代記』  2001年  福島茂徳 
『畠山重忠 人物叢書 新装版』 1987年   貫達人      
 

*****************************************************************************

横浜市旭図書館

 

利用案内

開館時間

   火曜日~金曜日:午前9時30分~午後7時

   土曜日・日曜日・月曜日・祝(休)日:午前9時30分~午後5時
   12月28日:午前9時30分~午後5時
    1月 4日:正午~午後5時
休館日
   施設点検日(月1回)
   年末年始(12月29日~1月3日)
   図書特別整理日

アクセス

     住所:〒241-0005 旭区白4-6-2(旭地区センター併設)

電話:045-953-1166 FAX:045-953-1179

ホームページ: http://www.city.yokohama.lg.jp/kyoiku/library/chiiki/asahi/

 

 

取材協力/画像・資料提供_横浜市旭図書館 /ラ・フルール・ド・ポム/カフェアライバル

取材_ 安木由美子

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

図書館利用促進プロジェクト横浜・鎌倉さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス