埼玉・東京 心理セラピスト 堀口尚子 自分の心に安心感を育てるセラピー

埼玉・東京 心理セラピスト 堀口尚子 自分の心に安心感を育てるセラピー

坂戸・鶴ヶ島・東松山近くで心理セラピールームをしています。
子育てや仕事や家事、女性の役割はたくさんあります。ひとりで抱え込んで頑張りすぎているお母さんの心が軽く、幸せになるためのお手伝いをしています。

*リトリーブサイコセラピー*


心理セッション

あなたが今抱えている生き辛さや、人間関係の問題などは、幼少期の家族関係が起因しているのかもしれません。

ここを見つめて、問題の根本解決をし

あなた本来の人生を取り戻しましょう。

120分10000円


Skypeカウンセリング

あなたが抱えている問題はどこから来ているのか

Skypeを使ってお話しながら探っていきます。

遠方の方や、時間が取れない子育て中のママ、

まずはお試しで受けてみたい方にもオススメ♡

60分3000円


*ご予約可能日はこちら

お申し込みはこちら

お問い合わせはこちら



*カードセラピー*
インナーチャイルドカード
ナインバードカード
数秘&カラー
カードは全て6000円(60分)
詳細は各リンクをクリッククリック




※お申し込み、お問い合わせいただいてから、24時間以内にこちらからご連絡いたします。
rinrin3016@gmail.comからのメールが受信出来るよう設定をお願いいたします。

※また、こちらからの連絡が2日経っても届かない場合、お手数ですがお問い合わせからその旨ご連絡いただけますよう、よろしくお願いいたします。

テーマ:

こんにちは

リトリーブサイコセラピーで

心に安心感を作る

心理セラピスト 堀口尚子です

 

 

夏バテ気味で食欲も低下するこの時期

教えてもらったそうめんの食べ方にハマっています。

それは、豆乳と麺つゆと食べるラー油で

担々麺のような味わいに!

簡単だし、美味しい^^

ほかにも鯖缶を使ったり、トマトを入れたりと

色々教えてもらったので、作るのが楽しみです♫

 

 

さてさて

今日は離婚したいのに出来ない、と悩んでいる人へ向けて

お伝えしていきたいと思います

 

 

 

現在、私は3人の子どもがいて

数年前に離婚し

シングルマザーとして働き生活しています。

 

 

今では、離婚という結果になり

これで良かった、と自分でも納得していますが

その当時は「これでいいのか?」「本当にこの結果で良かったのか?」

自問自答する日々が続きました。

 

 

今、離婚を考えている方の中には

当時の私と同じように

離婚したら子どもが悲しむんじゃないか

離婚してお金はどうしよう

離婚したら世間体が悪い、社会的立場が心配

離婚した事で、周りからかわいそうな人と思われないか

 

などなど

色んな事が頭をよぎり

モヤモヤしている人も多いと思います

 

 

私の周りにも離婚を考えている人が何人かいましたが

みんな口を揃えて

夫婦関係は冷えきっているが

今は出来ない

子どもが大きくなったら離婚する

と話しています。

 

 

理由は、今離婚したら

子どもが悲しむから、かわいそうだし

自分一人の収入ではやっていけないから。

 

 

もちろんその選択も良いと思います。

しかし、もしかしたらそれは

離婚と言う決断を先延ばしにする為に

自分に言い訳しているだけかもしれません。

不仲な夫婦の姿を子供に見せ続ける事で

子どもを味方につけ、孤独を感じずに済んでいるだけなのかもしれません。

 

あなたは本当に子どもや経済面だけで

離婚できないのでしょうか?

 

 

 

自分でも「もうこの関係は長くは続かない」と

分かっているのに

この問題に向き合い、結論を出すのが怖い。

離婚に限らず、結論を自分で出せない

問題から逃げ続ける人は

責任を取る事が怖い

こう感じている人です。

 

 

こういった人は

何か失敗したり、間違いを極端に恐れています。

そうなったら死ぬしかない!と本気で思っています。

 

かくいう私も

離婚=失敗=死

こんな方程式を持った一人でした。

 

失敗する事と死ぬ事が直結していたんです。

失敗する自分には価値がないから

死んでお詫びします!と

失敗の穴埋めを自分の命を持って埋めしようとしていました。

何とまあ恐ろしい・・・

 

 

こうなってしまうのには

幼少期にこんな体験があるからかもしれません。

 

例えば

・責任を取った事で、酷くなじられたり、恥ずかしい思いをした

・間違えたり、失敗した時に、みんなの前で馬鹿にされた

・悪い事があると自分のせいにされた

・良い子でいる事を無意識に強要されてきた

・親の支配を受けていた

・子どもの頃から、過剰な期待を受けて育った

・ちょっとの失敗でも、大きな罰を与えられた

・親から「お前はダメだ」と言うメッセージをずっと受けてきた

・両親の仲が悪く、どちらにもいい顔をして家族のバランスを取っていた

 

 

このような体験があると

自分の人生を生きる事(=自分で選択し、その結果に責任を取る事)は

親から見放されたり

罰せられたり

もしくは家族が崩壊してしまうと思ってしまいます

それは自分の命が失われるほどの恐怖を伴う事なんです。

 

 

この恐怖を感じたくないので

決断を先延ばしにしたり

相手が悪いから、と被害者でいたり

自分には幸せな家庭は作れない、と諦めてしまうのです。

 

 

 

 

私は思います。

離婚は自分の幸せの為にするものだと

 

 

今、悩みの渦中にいる人は

分かってるよ!と思うかもしれません。

私もそうでした。

でもこのままでは幸せな人生は歩めない

ということも分かっていたので

どっちにも決断出来ずに苦しかった。


 

結局、離婚してもしなくても

自分で自分を幸せにする!と決断できた人だけが

前に進めるし

豊かな人生を歩む事が出来ると思うんです。

 

 

その為には

周りの顔色を見ていたり

世間体を気にしたり

自分の力を過小評価していたら

自分の望む人生は手に入りません

 

 

 

必要なのは

等身大の自分を受け入れ

自分で自分を幸せにするんだ

という、覚悟です。

 

 その為には

自分は本当はどうしたいのか?と

自分と対話し、向き合うことが大切です。


この覚悟に至るまでには

見たく無い現実だったり

感じたく無い感情だったり

今まで避けてきたものと向き合わなければなりません。

 

それでも、もうこんな人生はイヤだと感じたのなら

今が乗り越える時期だと思います。

 

 

 

あなたには

自分で自分を幸せにする覚悟

ありますか?

 

 

 

 

 

 

 
 
恐怖や不安と向き合う事は、容易い事ではありません。
まずはリトリーブサイコセラピーを体験してみてくださいね。
 
 
 
興味がある方はお早めにどうぞニコニコ
下矢印下矢印下矢印

 

*リトリーブサイコセラピー*

 

心理セッション

 

あなたが今抱えている生き辛さや、人間関係の問題などは

幼少期の家族関係が起因しているのかもしれません。

ここを見つめて、問題の根本解決をし

あなた本来の人生を取り戻しましょう。

 

 

120分12000円

 

 

 

Skypeカウンセリング

 

あなたが抱えている問題はどこから来ているのか

Skypeを使ってお話しながら探っていきます。

遠方の方や、時間が取れない子育て中のママ、

まずはお試しで受けてみたい方にもオススメ♡

 

60分3000円

 

*ご予約可能日はこちら

 

 

 

 

お申し込みはこちら

お問い合わせはこちら

 

 

 

 


テーマ:
 

こんにちは

リトリーブサイコセラピーで

心に安心感を作る

心理セラピスト 堀口尚子です。

 

 

連日の猛暑、みなさん体調は大丈夫でしょうか?

そして異常な台風・・・日本はどうなっているんでしょうか・・・、。

私は夏風邪をひいてしまい、咳と鼻水が止まりません^^;

水分はもちろん、栄養と睡眠もしっかりと取らないといけませんね。

 

 

さてさて

そんな調子が悪い中

行ってきました、夢の国!

 

 

本当に暑かったけれど

楽しかったー!

童心に戻って、子どもと大はしゃぎしてきました♫

 

 

きれいだったー

 

 

 

 

しかし、夏休みに入っていた土日とあって

激混み・・・

 

カップルや友人同士、家族連れなど

たくさんの人、人、人・・・

そんな中、ある家族の会話が聞こえてきたんです

 

 

 

子1「ママー、疲れたー暑いー」

母「うん、そうだね。もうちょっと待ってね。」

父「・・・(ショーをビデオで撮ってる)」

子2「ママー、見て見てー!」

母「うん、かわいいねー(父をチラッと見る)」

父「・・・(ビデオに夢中)」

子1&2「ママー、抱っこしてー!疲れたー」

母「うん、一人づつねー

(父親の方を見ながら)

・・・・はー、ホント母親って大変っ!

遊びにきても遊べないし、子どもの面倒だけじゃなく、色々やらなきゃいけないんだからねー!」

 

ここでやっと

お父さんはお母さんの嫌味SOSに気付きw

パパも抱っこするよー、っと子どもをあやし始めました。

 

 

こんな光景、あなたも身に覚えがありませんか?

はい、私にもばっちりありますw

 

 

私がこんなに大変なのに

何で旦那は言われないと分からないの!?

普通言われなくても分かるよね!?

ホント男ってダメねー!

こんな風に思っていました

うう・・・はずかしい^^;

 

 

口では不満や、自分の欲求を口にせず

態度で相手に分かってもらおうとする

 

 

もしこの感覚があなたの中にあるなら

自分を大切にしていない可能性、大!ですよ!

 

 

 

どういう事か、説明しますね。

 

 

まず、自分が今大変な状況であるという事は

自分以外の人は分かりません。

 

今回の例でいえば、このお母さんは

「子ども二人も抱っこできないから、

ビデオ撮るのを止めて一人抱っこしてもらっていい?」

と、旦那さんに伝えれば良かったのですが

そうせずに、自分が大変である事を態度で示し

旦那さんに気付かせる方法を選んだのです

 

 

このように、自分が不満や怒りを感じた時に

それを直接相手に伝えず、受け身的なやり方で攻撃感情を表現し

相手をコントロールする事を

受動攻撃と言います

 

 

 

 

 

 

 

この方法のすごい所は

相手を責めて自分が被害者でいれば

相手に罪悪感を植え付け、自分は優位な立場にいる事が出来ます。

 

私が大変なのはあなたが悪いから!

と人のせいにして責任逃れできます。

 

 

しかし、こうやって受動攻撃を続けていても

人間関係は続きません。

それどころか壊れて行く一方です。

でも、止める事が出来ないんです。

 

 

 

こうやって受動攻撃をしている人の心の中では

私を分かって欲しいという強い思いと

分かってしまわれたら困る

という2つの相反する思いが渦巻いているのです。

 

 

どういう事か説明しますね。

 

 

まず、受動攻撃する人は分かって欲しい気持ちが強いです。

裏を返せば、自分は分かってもらえない存在だと強く信じています。

それは幼少期に

親にそのままの自分を受け入れてもらえなかった事から起因しています。

 

例えば

・親が感情を出さない人だった

・情緒的な関わりが家の中でなかった

・感情や欲求を出すと笑われた

・お姉ちゃんだから、と我慢させられた

・感情を受け止めてもらった経験が無い

・親がいっぱいいっぱいで、子どもに関心が無かった

・怖がったり、泣いたりすると叱責された

 

こういった経験があると

子どもは感情や欲求を出す事を諦めます。

それは親を守ったり、助けたり、

あるいは親から愛されたいという思いから起こす行動です。

そうやって自分を粗末に扱うのです

 

 

なので、もし自分を分かってしまわれたら

・そんな事を思うなんてダメなやつだな

・出来ないやつだな

・そう思われたら見捨てられるんじゃないか

・孤独になってしまうんじゃないか

こんな風に、自分は無価値でダメな人間である、という事を思い知らされてしまう。

だから、自分のストレートの気持ちや欲求を分かって欲しいんだけど、

そうなったら捨てられるんじゃないかとという恐怖もあるので

安全な被害者ポジションにいるんです。

 

 

しかし、上でも書いたように

この受動攻撃で人と関わる事は

人間関係を破綻させるだけです。

孤独な人生を歩むなんてイヤですよね。

 

 

ではどうしたら良いのか

 

それは幼少期に

感情や欲求を封印した過去を自分で見ていく事が大事です。

本当はどんな感情や欲求を感じ、表現したかったのか

そして自分はどう人と関わりたかったのか

これらを体を使って体感していきます

 

もし、あなたが

もうこんな関わりはイヤだ、と思っているなら

一度リトリーブサイコセラピーを受けてみてくださいね

 

 

 
 
恐怖や不安と向き合う事は、容易い事ではありません。
まずはリトリーブサイコセラピーを体験してみてください。
 
 
 
興味がある方はお早めにどうぞニコニコ
下矢印下矢印下矢印

 

*リトリーブサイコセラピー*

 

心理セッション

 

あなたが今抱えている生き辛さや、人間関係の問題などは

幼少期の家族関係が起因しているのかもしれません。

ここを見つめて、問題の根本解決をし

あなた本来の人生を取り戻しましょう。

 

 

120分12000円

 

 

 

Skypeカウンセリング

 

あなたが抱えている問題はどこから来ているのか

Skypeを使ってお話しながら探っていきます。

遠方の方や、時間が取れない子育て中のママ、

まずはお試しで受けてみたい方にもオススメ♡

 

60分3000円

 

*ご予約可能日はこちら

 

 

 

 

お申し込みはこちら

お問い合わせはこちら

 

 

 

 

 


テーマ:

こんにちは

リトリーブサイコセラピー

心理セラピストの堀口尚子です。

 

 

 

{C0F7F7D7-20D3-41EE-A7DE-3A4CEC18A1CC}

 

 

 

 

 

***************

 8・9月のご予約状況

***************

 

リトリーブサイコセラピー

心理セッション

 

あなたが今抱えている生き辛さや、人間関係の問題などは

 

幼少期の家族関係が起因しているのかもしれません。

ここを見つめて、問題の根本解決をし

あなた本来の人生を取り戻しましょう。

 

価格

120分12000円

 

 

 

*8・9月のご予約可能日(個人セッション)*

 

8月24日(金)10:00〜 13:00〜 17:00〜

 

 

 

         

 

※お申し込みいただいた方に場所等の詳細をお知らせいたします。

場所は都内か、埼玉県鳩山町の施設です。

 

 

 

Skypeカウンセリング

 

あなたが抱えている問題はどこから来ているのかを、

Skypeを使ってお話しながら探っていきます。

遠方の方や、時間が取れない子育て中のママ、

まずお試しに受けてみたい方にもオススメ♡

 

60分3000円

 

 

*8・9月のご予約可能日(Skype)*

 

8月2日(水)21:00〜

8月8日(水)21:00〜

8月9日(木)21:00〜

8月12日(日)10:00〜 13:00〜

 

その他ご希望があれば

お受けできる日時もございます。

お気軽に問い合わせ下さいね。

 

 

全ての

お申し込みはこちら

 

お問い合わせはこちら

 

 

 


テーマ:

こんにちは

リトリーブサイコセラピーで心に安心感を作る

心理セラピスト 堀口尚子です。

 

 

西日本の集中豪雨、大きな被害が出ていますね。

被害に遭われた方々へ、心よりお見舞い申し上げます。

そして被災された方々の穏やかで、安心した毎日が

一日でも早く戻りますように。

 

 

さてさて

関係が近くなればなるほど、離れたくなるのはなぜ?

そんな心理についてお話ししていきます。

 

 

 

パートナーと長続きしない

 

30代のAさん

彼女は真面目な性格で穏やかな人柄。

独身なので、今までも男性から声がかかったり、お付き合いする事もありましたが

相手が身体的にも精神的にも近づいてくると

なぜか恐怖を感じ、身構えたり、距離をとりたくなってしまう。

結局付き合っても長続きしない。

 

自分の両親が不仲だったので

結婚についてはあまり良いイメージは無いが

今付き合っている人とは長続きしたい。

どうやったらパートナーと関係を続けていけるのか・・・

 

 

 

こんなお悩みを抱えていました。

 

相手の事が好きなのに

なぜか距離が近くなると拒絶したくなる

長続きしない

 

これを読んでいるみなさんの中にも

思い当たる人もいるんじゃないでしょうか?

 

 


 

 

今、結婚率が下がり

離婚率が上がっている事は

みなさんニュースなどでもご存知ですよね。

 

このAさんのように

不仲な両親を見て、

付き合ったり、異性と関係を築く事に対して良いイメージが無い。

結婚のロールモデルがネガティブなものだと

関係を長続きさせたり、見つめ直す事は難しいです。

結果一人を選ぶ、という人は多いと私は思います。

 

 

別にパートナーがいないからと言って

人として劣っているとか、ダメだとかは思いません。

私も独身ですしね。

しかし、Aさん自身がパートナーが欲しくて、うまくやりたい気持ちはあるのに

いざそうなったら距離をとりたくなってしまう。

この事は彼女にとっては大きな問題でした。

 

ではなぜ、男性に対してこんなにも拒否反応が出てしまったのでしょう?

 

 

 

異性に対する恐怖はどこで取り込まれるのか

 

 

 

Aさんは小さい頃から父親ととても仲良しでした。

両親にとって初めての子どもで、父親はAさんを溺愛していましたが

それを面白く思わなかったのは母親です。

 

自分を見て欲しいのに、Aさんばかり可愛がる父親に対し

母親は疎ましいと思っていました。

と同時に、実はラッキー♡っとも思っていたんです。

なぜなら母親自身が子どもで居たかったから

 

 

見た目は大人、中身は子ども

その名も、名探て・・・では無いですがw

こんな大人は実は多いです。

Aさんの母親は、小さい頃親にかまってもらえなかった思いを

夫にぶつけていました。

 

もっと私を見て!

私こんなに苦しいの分かって!

ねえ、ねえ、ねえ!!


 

こんな風に気持ちをぶつけられた父親は、それを疎ましく思いますが

母親を邪険に扱うと今度は自分が孤独になってしまいます。

だから適当に関わりつつ、苦しくなったら娘であるAさんに気持ちを受け止めてもらっていました。

 

 

こんなに苦しい気持ち、分かってくれるか?

お前なら分かってくれるよな?

な?なあ?なあ!!

 

 

 

 

こういう場合、親は口には出しませんが

子どもに分かるように態度や仕草で伝えてくるのです。

 

娘であるAさんは苦しむ父親の姿を見て

私が何とかしなければ、と父親のすべてを受け止めます。

小さな子どもが大人である親を受け止めるのは

自分を無くして親自身を丸呑みする事です。

父親を丸呑みすれば、父親の安心感に繋がり

それは母親の安心感にも繋がる。

 

 

両親が大好きだからこそ、二人に安心感を与える為に

親を自分の体に取り入れる

そうすれば自分の命は保証される

 

 

 

こうやってAさんは

親を飲み込む生き方をしてきました。

 

 

相手とどう向き合うか

 

 

パートナーシップは幼少期の親との関わり(主に異性の親)で形成されます。

 

Aさんは、今まで付き合ってきた男性の言う事を丸呑みする事で

安心感を与えてきたんです。自分を無くして。

だから付き合えば付き合う程、

関係が近くなれば近くなるほど

自分が苦しくなるのはこのせいだったんですね。

 

 

 

Aさんはセッションを受け

父親を丸呑みしていた事

そして、自分が父親から妻として見られていた事に気付き

愕然としていました。

 

 

本当はずっと怒りを感じていた

そして気持ち悪さも。

 

 

そしてセッションの中で

体の中に貯めていたこれらの感覚を外に出し

改めて父親を飲み込まなくても、自分は生きて行けるんだという事を

しっかりと認識できるようになりました。

 

 

その後、彼女に話を聞くと

今までは相手と一体になる事で付き合っていられたが

今は、相手も自分も一人の人間として付き合っている感覚で

それがとても楽なんです

と話していました

 

 

***

 

 

あなたは自分のパートナーとどんな風に向き合っていますか?

あなたが結婚しているのなら

親の関わり方は少なからず子どもにも影響を与えています。

結婚とはこういうものだから、と諦めたり

どうせこの人は変わらない、と向き合う事から逃げていませんか?

あなたが本当はどう相手と関わりたいのか

どんな関係を築いていきたいのか

まずは自分と向き合い

諦めずにしっかりと見据える事が大切です。

 

 

 
 
恐怖や不安と向き合う事は、容易い事ではありません。
まずはリトリーブサイコセラピーを体験してみてくださいね。
 
 
 
興味がある方はお早めにどうぞニコニコ
下矢印下矢印下矢印

 

*リトリーブサイコセラピー*

 

心理セッション

 

あなたが今抱えている生き辛さや、人間関係の問題などは

幼少期の家族関係が起因しているのかもしれません。

ここを見つめて、問題の根本解決をし

あなた本来の人生を取り戻しましょう。

 

 

120分12000円

 

 

 

Skypeカウンセリング

 

あなたが抱えている問題はどこから来ているのか

Skypeを使ってお話しながら探っていきます。

遠方の方や、時間が取れない子育て中のママ、

まずはお試しで受けてみたい方にもオススメ♡

 

60分3000円

 

*ご予約可能日はこちら

 

 

 

 

お申し込みはこちら

お問い合わせはこちら

 

 

 

 


テーマ:

こんにちは

リトリーブサイコセラピーで

心に安心感を作る

心理セラピスト 堀口尚子です。

 

 

7月になりました。

もう梅雨が明けましたね!

観測史上最短の梅雨明けだとか。

毎年夏になると

観測史上初!とか聞く気がするなー・・・。

夏が苦手な私は、今から秋が待ち遠しいです^^;

 

 

さてさて

今日は自分を殺して生きる、という生き方について

お話しします

 

 

特に問題なく生きてきたのに・・・

 

 

会社員のNさん

20代で、実家に住んでいます

それなりに友達もいて、長く付き合っている彼氏もいて

生活するには困らない程度の給料があり

特に大きな問題は無いと思ってきましたが

あるときから、体の異変に気付きます。

 

今まで普通に人ごみの中に出かけていたのが

突然、動悸とめまいがして、立っていられなくなりました

それからというもの、人ごみや、電車に乗る事も出来なくなってしまいました

これでは日常生活がままならない、と

心療内科で薬を処方してもらい、一時的には落ち着きましたが

今度はその薬が無いと不安で不安で

薬を手放せなくなってしまいました。

 

 

 

特に何か大きな出来事があった訳でもないのに

なぜこんな事になってしまうのか分からない

自分が自分でなくなって行くようで怖い

そう涙ながらに話していました

 

 

一体Nさんの中で何が起こっていたのでしょう?

 

 

 

 

今まで普通に日常生活を送っていたのに

ある日突然、それがままならなくなる

この話は特別な事例ではありません。

実は誰にでも起こりうる事なんです。

 

ここ最近はうつなどの心の病気について

広く認知されるようになりましたが

それでも、まだまだ「自分は関係ない」と思っている人が多いと感じます。

 

 

それは日本が「我慢の文化」だからではないか

私はそう思います。

 

自分がつらくても、苦しくても、悲しくても

これくらいなんて事は無い

他の人はもっと大変なんだから

これくらいで落ち込んでいてはダメだ

と、自分の本当の感情を見て見ぬ振りする事がとっても多い。

 

 

おそらく親や、その上の世代の人達が

悲しんだり、苦しんだりするよりも

生きる事に必死だったからだという背景もあるでしょう。

例えば戦争や災害などね。

しかし、今は命の危険が迫っている時代ではありません。

だから現代の人達は、価値観と時代がかみ合ってなくて苦しいのだと思います。

 

 

話をNさんに戻すと

彼女がこうなってしまったきっかけは

長く付き合っていた彼から別れを切り出された事がきっかけでした。

別れ話の際には取り乱す事も無く、淡々と話をしたそうです。

 

長い間付き合っていたのだから、感情が大きく揺れ動く事は当然だと思うのですが

彼女は、そんな取り乱した姿を誰にも見せたくありませんでした。

だから彼と別れた事を「何でもない事」としていないと

自分を保つ事が出来なかったのです。

 

 

 

彼女の中で感情を表現する事は

みっともない事、恥ずかしい事

こういう認識があったのです。

 

 

 

◆人前で泣く事は恥ずかしい事なのか

 

こういった認識は

彼女の幼少期に起因しています。

 

彼女の母親は代々続く家の名家出身で

その母親が口癖のようにいっていたのが

泣く事は恥ずかしい事

弱い人間だと思われたら馬鹿にされる。でした。

 

そうなんです。

母親は自分は価値のない、馬鹿にされる人間だ、という思い込みがあり

馬鹿にされないように感情を出す事を

自分にも、子どもにも強いてきたんです。

 

小さい頃からそう言われ続けたNさんは

当然母と同じように生きる事を選びます。

更には人が泣いている姿を見ると

心の中で馬鹿にするようになりました。

 

 

小さな子どもが

自分自身に感情を表現する事を禁じるには

周囲から相当な力がかからないと出来ない事です。

Nさんも母親から

「感情を出す子どもは要らない」というメッセージを受けていました

親から要らない、と言われる事は死ねと言われているのと同じです。

 

 

 

 

 

 

◆生きる為に自分を殺す

 

 

子どもは素直、とよく言いますが

それも当然。

素直に親の言う事を聞かないと、

飲み込まないと生きて行けないからです。

 

親からのメッセージを飲み込んで

自分を形作り、命を守っている。

ですから、例えば

・○○でないと許さない

・○○であって当然、出来ないならうちの子じゃない

・私がこうなんだから、あなたもこうして

・私の為に○○してほしい

こんな親からのメッセージを飲み込み続けたら

自分の欲求や感覚が無くなります

つまり自分が無くなる、という事。

 

この飲み込む、という行為の裏には

死の恐怖が張り付いています。

この恐怖があるから、飲み込み続ける訳です。

 

生きる為に自分を殺す人生です

 

 

さてさて

冒頭のNさん。

お気付きの方もいるかもしれませんが

実は私の事です。

 

今思うと、本当に当時はボロボロで

いつ死んでもいいと思っていました。

未来に希望も持てず、でも死ぬ勇気もない。

ホントによく生きていたなーと思います。

 

 

しかし、どうせ死ぬなら

と、飛び込んだ心理の世界で

たくさんの人と出会い、心の知識を得て

自分の生きづらさが何だったのか

どこから来ているのかを知る事が出来ました。

 

 

そして、自分はどんなものが好きで

何がやりたくて、これからどう生きて行きたいのか

と言う、未来を見据える事が出来るようになりました。

 

 

もしあなたが

何だか分からないけど、生きる事がつらいと感じているなら

一度セラピーを受けて、

自分に何が起こっているのか、を知るだけでも

ずいぶんと楽になるかもしれませんよ。

 

 

 
恐怖や不安と向き合う事は、容易い事ではありません。
まずはリトリーブサイコセラピーを体験してみてくださいね。
 
 
 
興味がある方はお早めにどうぞニコニコ
下矢印下矢印下矢印

 

*リトリーブサイコセラピー*

 

心理セッション

 

あなたが今抱えている生き辛さや、人間関係の問題などは

幼少期の家族関係が起因しているのかもしれません。

ここを見つめて、問題の根本解決をし

あなた本来の人生を取り戻しましょう。

 

 

120分12000円

 

 

 

Skypeカウンセリング

 

あなたが抱えている問題はどこから来ているのか

Skypeを使ってお話しながら探っていきます。

遠方の方や、時間が取れない子育て中のママ、

まずはお試しで受けてみたい方にもオススメ♡

 

60分3000円

 

*ご予約可能日はこちら

 

 

 

 

お申し込みはこちら

お問い合わせはこちら