【要項】2018/19シーズン 練習会員について | 今日もリベルタ
2018-10-10 12:11:26

【要項】2018/19シーズン 練習会員について

テーマ:開催要綱

2018/19シーズンの練習会員について下記の通りご案内申し上げます。

 

リベルタレーシングキャンプは、「アスリート」や「競技選手」をリスペクトします。現状よりも上を目指す気持ちがある方は、全てが「アスリート」です。競技力を向上させることに真剣であり、そのために必要なことにポジティブに向き合える方は「競技選手」です。スキーレベルや実績・経験値、年齢、性別は問いません。「アスリート」や「競技選手」のマインドを持つ方であれば、どなたでも大歓迎です。

 

 

2018/19シーズン 練習会員種別

◆レギュラー会員
ジュニア~大学生 10,000円/社会人・マスターズ 15,000円
◆キャンプ会員
ジュニア~大学生 45,000円/社会人・マスターズ 50,000円
◆エコー会員(旧常設トレ会員)
ジュニア~大学生 40,000円/社会人・マスターズ 45,000円

◆シーズン会員
社会人・マスターズ 85,000円
◆育成会員
小・中・高校生 90,000円

 

情報HP(ski-takemasa.com)は10月10日現在、昨シーズンのままになっていますのでご注意ください。本ブログでの情報が最新です。

 

 

リベルタレーシングキャンプとして10年間の活動を経て、ここ数年における参加選手の動向、提供するコーチングの質的・量的な変化、トレーニングの運営方法、各種環境の変化を考慮して、会員料金の算出方法を変更させて頂きました。それに伴い、幾つかの変更点もあります。なお、以前のブログでは会員種別の組み換えに言及していましたが、今シーズンはエコーバレーを拠点とする初年度となりますので、性急な変更は避けた方が良いとの結論に至りました。選手の皆様、保護者の皆様におかれましては、何卒ご理解賜りたくお願い申し上げます。

 

昨シーズンとの変更点

・ビジター参加の子供料金と大人料金を同額にします。(エコーバレー5,000円、キャンプ6,000円)

・今まで分かり難かったキャンプ経費(雑費)をなくして、キャンプ料金に組み込みます。

・北海道合宿はキャンプとなります。

・4月1日からの鹿沢トレーニング(春休み合宿)はキャンプとなります。

・北海道合宿は、参加者全員に料金が発生します(差額3,000円を踏まえて、会員種別に応じた料金を算出)。

・エコーバレースキー場のシーズン券が必要な方は、ご自身で手配お願いします。

 

 

≪お申し込み方法≫

①昨シーズンに会員の方
・お申込み票の送信は不要です。
・更新して頂ける場合は、今期の会員種別をお知らせください。(メール推奨)
・昨年の情報との変更箇所があれば、あわせてお知らせください。

・お申込み票もご一読ください。http://libertaracing.web.fc2.com/member2019.docx


②新規申し込みの方

・こちらよりお申込み票をダウンロードして下さい。http://libertaracing.web.fc2.com/member2019.docx
・必要事項を記入(入力)して、用紙記載のメールアドレス、もしくはFAX番号まで送信してください。
・どの会員種別に申し込めばよいか分からない方は、遠慮なくご質問ください。


≪料金のお支払い≫
練習参加初日までに、下記の口座へお振込み下さい。

間違い防止のため、銀行振り込みでのお支払いをお願いします。

練習参加初日までにお振込みが間に合わない場合は柔軟に対応しますので、お申し出ください。


お振込先口座
【三菱東京UFJ銀行 武蔵境支店 普通口座1086738 タケマサマモル】

 

 

≪お問合せ先≫

リベルタレーシングキャンプ 武政守
090-5514-4247
tasa@topaz.plala.or.jp

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

育成会員について

リベルタレーシングキャンプをクラブチームとして捉えた場合、育成会員は「選手コース」となります。

選手が目標達成するためには、雪上トレーニング以外にも数多くの要素が結果に影響を及ぼします(マテリアル、メンタリティ、身体能力、環境、戦略、計画、情報、周囲の協力理解、など)。そして、年齢やスキーレベルが上がるほどに、スキー選手である前の、ひとりの人間としての強さ(=人間力)が試されます。これら全てにアプローチすることが、育成会員の趣旨です。

 

育成会員は、単に「シーズン中の雪上トレーニングが全てFREEになるプラン」ではありません。コーチにとっては、選手が目標を達成するために必要なサポートを全面的に提供するためのプランであり(雪上だけでなく、それ以外の時でも)、そのために、選手にとってはリベルタからのコーチングサービスを最も高いレベルで受けられるプランとなります。

 

コーチングは、選手だけでなく保護者様とのコミュニケーションも重視し、中・長期的な視野に立った一貫指導を方針としています。

 

 

「育成」と「強化」について

中・長期的に選手の成長を考えると、将来必要となることを年代や経験値を考慮しながら、段階的に習得することが大切だと言えます。その一方で、勝つために必要な応用的要素をピックアップして、それを強化して競技に臨むのも考え方の一つです。そして短期的な競技結果を求めれば、後者の方が有利となる場合もあります。しかし、その段階で習得するべきことを身に付けずに次のステージに進めば、それが原因となって、やがて頭打ちが来てしまいます。なぜならば、そのステージで通じる技術を習得したくても、そのために必要な下地がないからです。

 

育成とは競技成績を先延ばしにすることではなく、強化と両立できると考えます。

 

リベルタレーシングキャンプでは「競技力=できること×それらの完成度」との考えに基づき、特にジュニアに対しては、現段階で必要なこと(=できて欲しいこと)の習得を目指し、「できること」を増やす方針です(育成)。と同時に、とさらに高いレベルの競技力へは、それらの完成度を高めることで対応します(強化)。最終的には、「今のレベル」で勝つことを目標にします。(参照⇒https://ameblo.jp/liberta-racing/entry-12318390144.html)

 

この方法は時間が掛かりますし、必ずしも理想通りにならない時もあります。しかし、選手の成長を望んだ場合はこちらの方が望ましい筈ですし、本当の意味で強い選手を育てることができます。チャレンジングなテーマですが、だからこそ私自身を成長させる糧ともなっています。

 

 

ご意見、ご要望、ご質問へは、どのような内容であっても真摯に対応します。お気軽にご連絡下さい。

 

リベルタレーシングキャンプ 武政守
090-5514-4247
tasa@topaz.plala.or.jp

 

 

 

武政 守さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス