帰国後も快適に・・・ | オーダーキッチンではじまるここちよい暮らし
2018-10-04

帰国後も快適に・・・

テーマ: ---実例クローズアップ

 

雑誌の取材やら見学会やら

このところ連続でこちら、

SOさんのお宅にお邪魔しています。

 

→ すみずみまで・・・

→ 日曜日の風景

 

SOさん、

連日本当にすみません、

ありがとうございますm(_ _)m

 

さて

今回のリフォームのテーマのひとつでもある

都会的な高級感と

ナチュラルさとの共存。

 

「ナチュラルさ」のほうは

SOさんの5年間の

カリフォルニア暮らしで培われた

インテリアセンスからきています。

 

奥さまが

「衝動買いコーナーと呼んでます(笑)」

とおっしゃるリビングの一角、

 

チェアやテーブル、ラグなどは

週末小旅行でのお食事の帰りに

ふと立ち寄ったインテリアショップで

出逢ってしまったのだそう。

 

プランが進行中、

 

「東京のマンションには

ウッディ過ぎるでしょうか?」

 

とメールをいただきましたが、

「いえ、大丈夫です!素敵です。」

 

以前は黒っぽい、

少し光るような素材だったフローリングを

この家具に合うように

ナチュラルなオーク材に貼り換えました。

 

ベッドもチェストも

日本ではあまりお目にかからないデザイン、

 

ミラーもマンションのビニールクロスには

どうも合わないような・・・

 

ということで寝室には

個性的な輸入壁紙を貼りました。

 

海外で数年暮らして

ご帰国のタイミングでのリフォーム、

これまでも何件か

やらせていただいていますが、

 

みなさん、お困りなのが

現地で手に入れた お気に入りの家具が

「どうもしっくり来ない」

 

広々としたお家での暮らしから一変、

「東京の家が急に狭く感じる」

というもの。

 

もちろん、同じ広さは望めないから

やっぱり日本に合ったものに

買い換えた方がいい??

それももったいないし・・・

 

お気に入りのものたち、

培われた暮らしへの価値観を

できればそのまま持ってかえってきて、

 

それらを大切にしつつ

日本での新しい暮らしと

うまく調和させていけたらいいですよね。

 

何を大切にして

何を持ち帰ってくるのか、

どんなふうに暮らしていくのか、

 

そんなことをお話ししながら

打合せが進んでいくので

私たちもとても楽しく、勉強になります。

 

買い集められた洋書や

旅の思い出を飾るコーナーなんかを

つくるのもいいですね(^ ^)

 

ご訪問ありがとうございます。

よろしければ、応援クリックお願いしますm(_ _ )m

にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルモダンインテリアへ
にほんブログ村

↑ポチッと押してくださいm(_ _ )m

オーダーキッチン&リフォーム@リブコンテンツさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス