若気の至りフラッシュバック | 自由の女神になりたくて。(New York 理想と現実ライフ)

自由の女神になりたくて。(New York 理想と現実ライフ)

華やかな理想的街で、庶民的な現実生活を Enjoy する方法! 好奇心と向上心だけで生きる。合言葉は、「やったモン勝ち!」 仕事、恋愛、アメリカンドリーム、日々のつれづれ語ってます。


テーマ:

 

若気の至り・・・

 

過去を振り返れば、若かったからこそ、恥ずかしいこともあるわけで・・・。

 

 

アーメン・・・。

 

先週の日曜日、教会での出来事。

 

 

コーラスグループの合唱コンサートを見てきたんです。

 

 

 

「えっ、こりんご、ちゃ、ん?」

 

ある女性が、こりんごの前に現れた。

 

 

えっ?

 

あっ、

 

 

脳内フィルムが、ギュルギュルっと巻き戻されて、さかのぼること16年前!

 

この女性のことは、はっきり覚えている!

 

だけれど、最後に会ってからもう15年もたっている、

 

名前が思い浮かばない!

 

だけど、渡米したばかりの、新鮮で、何も知らない、だけれど、怖いものなしだった あの頃。

 

ギラギラとした、粋がった、若さが漲る、でも今思うと何故か恥ずかしいような、

 

ブイブイしていた頃の自分を思い出した。

 

 

「やっぱり、こりんごちゃんだ!

 

まだ、NYにいたのね!

 

帰らなかったのね!」

 

 

そう、渡米したばかりの当時、こりんごちゃんは、マンハッタンの女子寮に入っていた。

 

いや、女子寮っていっても、個人のベッドルームはあり、バスルームはシェア、

 

一日二食付きで、グランドセントラルのすぐ近くという、最高のロケーション、

 

国が経営している女子寮で、元軍人の未亡人と、若い外国からの留学生女子だけが住んでいた。

 

つまり何世代も違うアメリカ人のおばあちゃんと、その孫くらいの外国人女子が一緒に暮らすという、非常に、ユニークな寮だった。

 

そこに住む外国人女子たちは、ほとんどが語学学校か、ダンススクール、演劇スクールに通う学生であった。

 

社会人だったのは、こりんごと数人くらいだった。

 

 

1年半、その寮に住んだのだが、あの時代は、本当に、渡米したてのワクワクが弾けそうなエナジーいっぱいの時代だった。

 

20代後半という年齢も煽って、アメリカ生活、思いっきり羽目を外した時代である。

 

まだまだ、アメリカの経済も、そんなに悪くなかったので、いろんな外国人とブラインドデートし、恋愛ゲームを楽しみ、女の経験を積んだりした、

 

(ちなみに、女として乗りに乗って来たのは、30過ぎたあたりからだ。)

 

ともあれ、20代の後半は、アメリカ生活のはじまり、まるで解放された魚のように、何もかもが新鮮で、どこまでも泳いで行ってしまうような、ちょっと危険で怖いもの知らずな、そんな異文化を存分に楽しんでいた時代だった。

 

 

当時、あの寮に住んでいた学生は、今では、ほとんどが帰国したであろう。

 

だから、15年ぶりに会った彼女が、こりんごがまたニューヨークにいたことに驚いたのも無理はない。

 

 

思い出は、鮮明によみがえる。

 

 

16年前。

 

彼女とは、住んでいた部屋が11階の同じフロアーで、斜め向かいのご近所さんだったから、すごく仲良くしていた。

 

彼女もニューヨークに来たばかりだったので、よく一緒に出掛けたり、

 

寮の食事も一緒にしたり、恋愛の話や、悩みごとなんかも打ち明けるような仲だった。

 

 

彼女は、1年くらいして、その寮からクイーンズに引っ越しした、

 

 

あの寮は、恵まれたロケーションで、食事まで付き、家賃もマンハッタンにしては高くない。

 

しかし、国に守られてる感があって、なんというか、自立していない、温室のような生ぬるさがあり、

 

また、男を連れ込めないという面もあった。

 

なので、この寮を出ることは、ある種、独立出来た証でもあった。

 

彼女が引っ越した後も、彼女のアパートに遊びに行ったりと、していたが、

 

 

あることがキッカケで、二人の仲は少し陰ってしまった・・・。

 

アタシは、今でも、あのことを、罪悪感に思っているのだろうか?

 

 

15年ぶりに彼女に会った時も、そんな思い出が蘇えって来て、胸がうずいた。

 

許してほしいと思ってしまう自分に、そんな時効の思い出を彼女が気にしている保証はない。

 

 

彼女が引越しした、クイーンズのアパートで、寮の仲のいい女友達が集まって、引っ越しパーティーをしていた、

 

当時、流行っていた Match.com デーティングサイトで、ボーイフレンドを探そうと、男たちをオンラインで物色していた。

 

彼女が、とある男性を選び出した、

 

彼女のタイプとは違う、二ヒルでワイルドな男だった。

 

 

「ちょっとアタシのタイプじゃないかな~。」

 

と彼女が言った、

 

 

ほっとした自分がいた。

 

そのワイルドな男は、当時のこりんごのタイプあった、

 

 

「彼、カッコいいじゃ~ん! 

 

メッセージしちゃいなよ!」

 

「え、そうかな?」

 

 

こりんごは、それを横目で見でいていた。

 

メッセージ送らないで ほしいと願っていた自分がいるのに気づいた。

 

 

周りのみんなから、送っちゃえ、送っちゃえと乗せられ、

 

「やだ~、どうしよう〜、

 

メッセージ送っちゃった!」

 

彼女は、結局、そのワイルドな男にメッセージを送った。

 

キャーキャーみんなではしゃいでいた。

 

 

「きゃー、彼から返信が来た!」

 

簡単なチャットを、みんなで、英文を考えながら、送っていた。

 

 

その夜、寮に帰って、デーティングサイトの彼のプロフィールを一人で見た、

 

やっぱりタイプの男であり、自分も彼にメッセージを送りたい欲求にかられた。

 

友達がメッセージを送った男に、メッセージを送るって、これ、横取りか?罪か?三角関係か?

 

いや、付き合ってるわけじゃないんだし、横取りでも、罪でも、三角関係でもないでしょ?

 

アタシがメッセージ送ったって、返信が来るとは限らないし、

 

そうやって、自分の都合のいいように解釈して、アタシは、そのワイルドマンにメッセージを送った。

 

 

そして、彼から返信が来てしまった。

 

彼女にも返信が行き、自分にも返信が来て、遊び人の男かなとその時は思った。

 

まぁ、オンラインデーティングなんて、はじめのやり取りは、複数の人と同時進行で、ふるいにかけていくものだから、そんなもんかとも思っていた、

 

彼女も、しばらく、彼とチャットしていると言っていて、

 

罪悪感がよぎる、まさか、アタシも、その彼とチャットしてるなんて言えなかった、

 

あの時、素直に、この人、アタシのタイプ、アタシもメール送りたいと、一言いえばよかったと今でも後悔してる。

 

 

それからすぐに、彼と会うことになった。

 

彼女や、もしかしたら他にも複数、同じように、複数に甘いメッセージを送っていることは、彼女の話から知っていたので、この人は遊び人だとはっきりわかっていた、

 

大切な彼女にも、そのことを教えてあげたかったが、まさか、その複数の女は私ですとも言えず、

 

そして、その男が遊び人だとわかっていて、自分も彼と会うことを決めた、

 

彼女に対する変な裏切りの罪悪感がありながらも、若さの欲求は抑えきれなかった、

 

 

彼は、バイクで迎えに来てくれ、青春ドラマみたいに、バイクの後ろに乗って、ぎゅっと彼の背中にしがみつき、

 

彼の素敵なアパートに招待されて、一緒に家で食事をし、甘い夜を過ごして、

 

朝はまったりと、ブレックファーストを食べて、彼のアパートのプールで一緒にはしゃいで泳ぐ、

 

全てのモーメントに、酔いしれていた。

 

(まぁ、典型的な、肉体関係の王道を行くような流れですけどね。ニヤニヤ

 

 

そんなデートが何度か続き、

 

 

別の友達から、

 

「彼女、あのワイルドな男から連絡こなくなっちゃったんだって。」

 

 

彼が、彼女に連絡を取らなくなったことに、ものすごい罪悪感を感じた。

 

そして、当時、彼女に黙って彼に会っていることが、辛くなってきて、

 

その友達に、打ち明けてしまった、

 

 

「こりんごちゃん、それって、絶対にやっちゃいけないことだよ!

 

ニューヨークみたいにタフな街は、奪い合いで のし上がる街だけれど、

 

その気持ちもわかるけれど、

 

やっちゃいけないことだったね。」

 

 

そう言われて、彼女との関係は、閉ざされたと思った。

 

その友達に、助け舟を求めたのに、地獄に落とされた感じだった。

 

 

しばらく、そのワイルドマンとデートはしていたが、

 

「ねぇ、こういう名前の日本人ともメッセージのやり取りしてなかった?」

 

「え~、してたっけな?覚えてない。」

 

 

なんだか、悲しかった。

 

 

その後、自分もいろんな人とデートしてたので、いつまでその彼とデートをしていたのか覚えてないが、

 

一時の甘い時間のために、欲望に駆られて、大事な友達を裏切ってしまったことに痛手を負ってたんだと思う。

 

いや、あれ、本当に、裏切りなのか、まだ納得いかない自分もいた。

 

 

その後すぐに、彼女から、一通の手紙が届いた。

 

 

「結婚しました。」

 

 

とても、彼女にふさわしい、優しそうなアメリカ人の旦那様とのウエディング写真を見て、

 

 

アタシの罪は帳消しにしてもらえるかな?

 

でも、結婚式の招待状ではなく、結婚報告の手紙だったので、やはり、大切な友達を失ったんだなと・・・

 

 

そんな若かりし思い出が、一気によみがえっちゃったわけね。

 

 

「こりんごちゃん、ホント、懐かし~!

 

今でも、ここで頑張ってるのね、まだドラム叩いてるの?」

 

「ドラムは、去年やめたのよ。

 

でも、あれから、永住権も仕事から取れて、おまけにまだ独身だけど。

 

あの寮を出て、直ぐに結婚しから、もう長いでしょ?」

 

「そうね、15年、でも、そろそろ離婚するかも。」

 

 

そんな彼女は、はるかに人生大人であった。

 

アタシは、あの事件を、今でも封印で出来ないくらいに覚えていて、

 

彼女に、あの一件を、聞いてみたいと思ってるんだけれど、

 

 

あの事、怒ってるのか?

 

あれは、裏切りだったのか?

 

横取りだったのか?

 

アタシのことを、許せてないのか?

 

そんなこと、気にも留めない一件だったのか?

 

 

でも、聞けない。

 

 

だから、このブログに、記録してみた。

 

このブログは、2005年から始めたから、

 

2002年に渡米した、初期の思い出は、自分の心にしか残っていなくて、

 

あの当時の自分を知っているのは、彼女くらいしかいないから、

 

あの、はっちゃけてた当時を知っているのは彼女だけだと思うと、

 

なんだか、懐かしいというよりは、なんだろうか、

 

ちょっとイタズラして先生に見つかっちゃったヤバい、みたいな甘酸っぱいダークな思い出なのである。

 

 

 

今日は、過去の思い出に浸り過ぎたんで、NYこりんごラジオ、過去放送ピックアップは、お休み!

 

 

 

 

購読無料!
NYこりんごラジオ「自由の女神になりたくて!」 - こりんご
[iTunes] NYこりんごラジオ「自由の女神になりたくて!」 - こりんご

 

 

SNSもフォローしてね。

 

twitter Twitter @nykoringoradio

インスタグラム Instagram @pancakeonmyhead

LINE LINE ID whereaminow

facebook NYこりんごラジオ (いいねおしてね)

 



ポチッっとなっ!

こりんご応援クリック、1,2,3、頼んますっ! 

 

にほんブログ村 海外生活ブログへ

ジモモ ニューヨーク
 




Happy Boy ジョンヘイズのブログも、よろしくね。

赤毛のヘイズ
 

 

 

 
 

NYの こりんごさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス