第56回NYこりんごラジオ(映画監督、俳優、鈴木ヤスさん) | 自由の女神になりたくて。(New York 理想と現実ライフ)

自由の女神になりたくて。(New York 理想と現実ライフ)

華やかな理想的街で、庶民的な現実生活を Enjoy する方法! 好奇心と向上心だけで生きる。合言葉は、「やったモン勝ち!」 仕事、恋愛、アメリカンドリーム、日々のつれづれ語ってます。


テーマ:

 

第56回NYこりんごラジオ、オンエアされました!

 

クリック 第56回NYこりんごラジオ(映画監督、俳優、鈴木ヤスさん) クリック

 

 

New York Japan CineFest を目前に!

 

本日のNYこりんごラジオに、この映画祭のオーガナイザーの一人であり、また、自身が脚本、監督、主演を務めた映画も出展される、

 

映画監督で俳優の、鈴木やすさんにゲストとして お越しいただきました!

 

 

 


こちらが、やすさんの第3作目となる新作短編映画”The Apologizers"

 
 
 
カッコええ~!
 
それでは、予告編もお見せしちゃう!
 

"The Apologizers" Official Trailer from Yasu Suzuki on Vimeo.

 

見たいよね?
 
見れます!
 
 
第7回ニューヨークジャパンシネフェストに。みんなで見に行こう!(私、見に行くわ!)
 
日本と世界をつなぐ短編小説を選りすぐった映画祭です。
 
日時、6月6日(水)、7日(木)、午後6時30分より
場所、Asia Society New York (725 Park Avenue (at 70th Street)


では、ニューヨークジャパンシネフェストに行く前に、ぜひとも、鈴木ヤスさんのインタビューを聞いてね。
 
 
まず、ヤスさんが、俳優を目指したキッカケは、何だったのか?
 
なんと、小学校1年生のヤス少年、日本の俳優、田宮二郎の衝撃を受ける。
 
 
「フィクションで、人の心をここまで揺さぶれるのか?」
 
 
若干、6歳にして、そんなこと感じる感性って、スゴイですよね?
 
そこから、俳優、芸人の道を目指し、
 
中学で、役者の基礎中の基礎を苦い経験から学びます。
 
 
なんと、いきなり主役に抜擢!
 
そして夏休み明けには、主役降板!
 
 
この出来事は、今後、役者として、人間として大きな学びを与えてくれます。
 
一体、なぜ降板に至ったのか?
 
その詳細は、ぜひ、ラジオで聞いてね。
 
 
 高校、大学時代、若気の至りで、人生一旦、横道に反れます。(グレます。ニヤニヤ)
 
 
大学時代、名古屋のローカル番組、大竹まこと、野沢直子司会の「5時サタ マガジン」に、5000人の候補者から選ばれた、レポーターに抜擢!
 
名古屋では、そこそこ顔の知られる人気者のなります。
 
その後、東京で一旗あげるか、憧れのニューヨークに行くかの選択迫られた時の決断!
 
この決断理由が非常に興味深い!
 
ぜひラジオで聞いてね。
 
 
ニューヨークにやって来た鈴木ヤス青年。
 
 
外国人がニューヨークで認められるには、現地アメリカ人の倍以上の努力が必要です!
 
 
英語もままならず、芝居もさせてもらえず、ひたすらダンスレッスンに明け暮れた10年。
 
それでも、細々と芝居も続け、
 
英語のアクセントの矯正や、
 
中学の時に学んだ教えを忘れず、小さな役からコツコツと、
 
そして、そこそこ役者としても賞賛されるようになり、
 
演劇で知り合った、現在の奥様と結婚。
 
 
様々なディプレッションに悩まされながらも、奥様と一緒に自主制作で芝居を立ち上げます。
 
ここで、ヤスさん、自分で脚本を書き、演出、監督の道も開けて行きました。
 
 
ようような苦労がある中で、
 
「役者を辞めたいと思ったことはありますか?」
 
 
この質問に、ヤスさん、目を細め、過去を振り返り、考え深く答えて下さいました。
 
ぜひ、本人の声で聞いてください!
 
 
過去に、三作の自主映画を手掛けてきたヤスさん。
 
一作目、「For Marlon」
 
この作品で、ゼロから映画を作る経験をします。
 
 
二作目、「Radius Squared Time Heart 」 
 
(マンハッタン映画祭にて、最優秀短編コメディー賞受賞)
 
この作品で、映画作りに必要な事を学びます。
 
 
最新の三作目、「The Apologiezers」
 
この作品で、映画のクオリティーを学びます。
 
 
映画を作るたびに、大きな学びを得て行くヤスさん。
 
 
この最新作は、映画作りに参加した全スタッフが妥協なく作り上げた、自信もっての作品だそうです。
 
これまでの映画製作での秘話や、私からの映画への質問 等、たっぷり聞いてありますので、ぜひラジオ聞いてくださいね。
 
 
そして、ついに今週から開催される、New York Japan CineFest 2018
 
今年で第7回目を迎えるが、
 
この映画祭オーガナイザーでもある ヤスさんから、映画祭誕生秘話も聴けちゃいます!
 
 
このインタビューを聞いて、NYにおいでの皆様は、ぜひお立ち寄り下さい!
 
 
日本にお住いの皆様にも朗報!
 
The Apologizers は、日本の映画祭にも出展予定だそうです。
 
 
最後に、ヤスさんからの、驚きの一言、リスナーの皆様へ頂きました!
 
これは、現代社会に生きる者として、また海外在住、そして日本在住、皆様に考えさせるような貴重な一言です。
 
ぜひ、聞いて下さいね。
 

 

 ヤスさん、ラジオご出演、ありがとうござました!

 

 

購読無料!
NYこりんごラジオ「自由の女神になりたくて!」 - こりんご
[iTunes] NYこりんごラジオ「自由の女神になりたくて!」 - こりんご

 

 

SNSもフォローしてね。

 

twitter Twitter @nykoringoradio

インスタグラム Instagram @pancakeonmyhead

LINE LINE ID whereaminow

facebook NYこりんごラジオ (いいねおしてね)

 



ポチッっとなっ!

こりんご応援クリック、1,2,3、頼んますっ! 

 

にほんブログ村 海外生活ブログへ

ジモモ ニューヨーク
 




Happy Boy ジョンヘイズのブログも、よろしくね。

赤毛のヘイズ
 

 

 

 
 

NYの こりんごさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス