自由の女神になりたくて。(New York 理想と現実ライフ)

華やかな理想的街で、庶民的な現実生活を Enjoy する方法! 好奇心と向上心だけで生きる。合言葉は、「やったモン勝ち!」 仕事、恋愛、アメリカンドリーム、日々のつれづれ語ってます。


テーマ:


アメリカが、大雑把ってのは、みなさんも、ご存知で・・・


もう慣れたけど、いつも気になる、そのいい加減さ・・・


スーパーで、気を付けなくてはいけないこと・・・

当たり前ですけど、スーパーの商品は、未開封だが・・・

同じ商品でも、分量表示されてても、

それを誤差と呼ぶには、ちょっと誤差過ぎねぇかって、突っ込みたくなる、その量の違い。


今日は、パンケーキシロップ買いましたけど・・・

ほら見て!

新品で、棚に並んでるシロップ、

自由の女神になりたくて。(NYひよっこドラマーの葛藤)

左手前は、右奥の満タン シロップに比べて、少な過ぎねぇ?


シロップだけじゃないのよ。


牛乳、油、食器荒い洗剤、なんかの液体系は、かなり誤差あるよ。

インスタントコーヒーの粉なんかも、結構、違ってたり・・・


日本じゃ、ありえないでしょ?




応援クリック、ヨロシクね。
↓↓↓↓





AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


アタシは、NYCから離れられない・・・

こんなに、満喫させられて、魅惑過ぎるぜ、NYC!


待ちに待った、ニューヨークの夏がやって来た!

眩しすぎるくらい開放的で・・・


メモリアルウィークエンドの今日、日曜日。

こりんごちゃん、ハドソンリーバー沿いにある、Pier 86 に行ってきました!

自由の女神になりたくて。(NYひよっこドラマーの葛藤)


ここで、スイングのオーケストラの無料野外コンサートがあったのです!

自由の女神になりたくて。(NYひよっこドラマーの葛藤)


たくさんの観光客と、スイングダンサーでごった返す!

自由の女神になりたくて。(NYひよっこドラマーの葛藤)


今日は、天気よすぎなくらい、ピーカンで・・・

日焼け止めクリーム、塗り捲って踊りましたけど・・・

自由の女神になりたくて。(NYひよっこドラマーの葛藤)

この暑さと、スイングの熱気で、滝のような汗が流れ・・・

(日焼け止めクリームも流れ・・・?汗

汗びっしょりっ!


でも、やっぱり、野外ダンスは、開放感あって、楽しいね。

こんなに楽しんじゃって、無料ですよ、奥さんっ!


ガッツリ、スイング踊りまくって・・・

午後7時に、オーケストラの演奏が終了すると、

こりんごちゃん、びっしょりのTシャツのまま、そそくさと、Pier86を、後にします!


そして、次にやってきたのは・・・


ユニオンスクエアー!

http://www.realcourage.org/wp-content/uploads/2009/07/777px-union_square_new_york-300x231.jpg


じゃんっ!


今度は、野外タンゴっ! 

自由の女神になりたくて。(NYひよっこドラマーの葛藤)


ユニオンスクエアーのパビリオンでも踊れるので、雨天決行なんだよ!

自由の女神になりたくて。(NYひよっこドラマーの葛藤)


ここパビリオンで、ライブバンドが演奏してます!

自由の女神になりたくて。(NYひよっこドラマーの葛藤)


こちらも、ライブミュージックで、野外タンゴ、無料です!


NYC、ありがたいくらい、充実してます!


野外タンゴは、今日がグランドオープニングで、9月26日まで、毎週日曜日行われます!

自由の女神になりたくて。(NYひよっこドラマーの葛藤)


自由の女神になりたくて。(NYひよっこドラマーの葛藤)


こりんごちゃんは、ちょうど8時くらいについたので、日が落ち始め、

日焼けに怯える必要もなく、また夜の野外タンゴは、ムードがあっていいのである!


終了の10時まで、こちらタンゴも、ガッツリ踊らさせていただきました!


もう、至れり尽くせりのNYC!

もう、ここから離れられないっ!


マジデ、メモリアルウィークエンド、エンジョイしちゃいましたよ!


これから、夏になると、NYCは、ダンスだけじゃなく、無料の野外映画会とか、コンサートとか、花火大会や、無料のハドソンリバー、イーストリバーでのカヤック教室など、いろんな夏のイベントが目白押し!


みなさまも、夏と共に、ニューヨークへおいでやす!




応援クリックも、ヨロシクね。
↓↓↓↓








AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:


メモリアルウィークエンドに突入のアメリカ。


メモリアルデーとは・・・

国のために命を落とした軍人すべてを追悼する国民休日となっています。
アメリカではこの日に軍人を追悼する様々な行事が行われますが、
同時に家族揃ってピクニックや旅行に行き、初夏の訪れを満喫する日にもなっているのです。


と、言われてます。


ですが・・・

今日、エマージェンシーで、朝、2時間ほど出勤して働いてきましたよ・・・。

まあ、アタシ、アメリカ人でもないし、家族もココにはいないし、無縁のナショナルホリデーですから、無駄に休ませていただいて・・・。(いや、働いてたけど・・・)

家族そろって、ピクニックや旅行に行き・・・、かぁ・・・はぁ・・・


夕べ、スイングBalboaダンスのパフォーマンス発表会があって、

We did a Good Job! よく出来ました!

(たぶん、誰かが、写真撮ってたと思うので、後で写真つき報告、出来たらします!)


「パフォーマンス、上手く行ったら、デートしてください!」

と、とある男に、頼み込んでいた、ジャパニーズの こりんごって女がいましたよね。


そして、パフォーマンスは上手く行きましたが・・・

デートは出来なかった女です。しょぼん


と言うのは、彼の、お母様と、お兄様が、別の州から、わざわざこのホリデーに、彼に会いに来ているからです。


そうなんですよ!

夕べの、パフォーマンスにも、お母様、お兄様、見に来てくださって!

そりゃもう、お母様、お兄様に、へコヘコご挨拶しましたよ! (嫁に行く気、満々かよっ!)


夕べは、本当に楽しい夜を過ごした。

ダンスはもちろん、恋愛する乙女となって、感情、上がって下がってエモーショナルだったわぁ。

もうまるで、中学生日記みないなことになっちゃってる自分に、大人の自分が、ドン引いちゃうくらいでさ・・・

叶わぬ恋を追いかけてる自分を、カワェェのう~と、エロ代官がたしなむような第三の自分すらいて。


アタシね、片想いとか、一方通行の恋とかって、時間の無駄だと思ってたのね。

見切ったのならば、さっさと Move on するべしって!


それが、こりんご流なのに・・・

なのに・・・、なのに・・・(しつこいっ!)


ドン臭い中1の女子が、進学校入試を控えた、スマートでカッコイイ中3の先輩に恋しちゃうみたいな状態に陥ってる自分。 (ちょっと我ながら、キモいぜっ!)

実際の登場人物は、中学など数十年もはるか昔に卒業してて、

ニキビも吹き出物、そばかすもシミと呼ぶ年代ですけれど・・・汗


じゃあ、暇だったら、この続中学生日記、読んでみる?

長くなるぜ・・・、たぶん・・・


5月26日(木) (マジで、日記書くんかよっ!)

彼の家族がNYにやって来て・・・

いつもいるはずの彼のいないダンスフロアー。

彼は、ちょっとダンススノッブで、まだビギナー扱いのアタシとは、ほとんど踊ってくれないから、彼がいようがいまいが変わらないんだけど・・・

彼の存在が、そこにないことが、寂しくさせる・・・

何、アタシ、やっぱ彼にハマってるのか? と気づかされる。


夜の11時半も回った頃・・・

来ないはずの彼がやって来た!

「What!? and Why? You made it!? What about your mom and brother?」

えっ、何で?これないんじゃなかったの? お母さんと、お兄ちゃんは?

「They went to bed already.」

彼ら、もう寝たよ。


そして、やっぱり彼は、その夜も、一緒には踊ってくれなくて・・・

それでも、彼が、そのフロアーにいるだけで、嬉しかった。

一緒に踊れなくても、駅まで一緒に帰る仲になってるから・・・


その日は、伝説のスイングダンサー、故 Franky Manning のバースデーで、彼を祝ってみんなで、Shim Sham というラインダンスを踊る。

http://wanderingjew.typepad.com/.a/6a00d83452366769e201156f751d72970c-800wi


アタシは、去年辺りからスイングはじめたから、そんな偉大なダンサーのことなんかよく知らないが、

Frankyのために、アタシも、Shim Sham 踊りましたよ!


しかし、ふと気が付くと、彼の存在も、彼の荷物も靴も見当たらないっ!

あっ! 彼、帰っちゃったっ? アタシをおいて・・・?

何で一言、声かけてってくれなかったんだろう・・・

もう、その時点で、踊る気力がなくなった・・・


いつも彼と帰る駅までの道を、ひとりで空しく、裏切られた感いっぱいで帰った。

もう、無理、分かってたけど、やっぱり脈無しだ・・・

ドン底で、駅に着くと・・・

改札口に・・・


「Ah! YOU!!!!」

なんと、彼がいた!


「どうして、黙って先に帰っちゃうの!?

一言くらい声かけてってよ!」

「でも、こりんご、Shim Sham 踊ってたし、俺、明日、仕事早いから・・・。」

「だけど、今度からは、一言、声かけてって!

嫌われたかと思ったじゃないっ!」

「Ahaha, You are so funny.」


電車が来るまでの、5分ほど、彼とおしゃべりして、Hugして帰宅できた。ラブラブ


家に帰ってメールをチェックすると・・・

彼が、ダンス会場から帰る寸前に出したメールが届いていた・・・


I have to get home and sleep and be at work early tomorrow.
Walking to the train now. Maybe see you there before it leaves.

Rest up, we have the princess performance tomorrow night!


ア~ンラブラブ、彼、黙って帰ったわけじゃなかったんだ!

ちゃんと、メールしてくれてたんだ!

それだけで、嬉しかった。


そして、今になって思えば・・・

彼は、改札口にいた。

電車のホームには行かず、改札口にいた!

彼が、ホームにいたら、アタシは、彼に気が付かなかった。

つまり、彼は、ホームには行かず、こりんごちゃんを、改札口で待ってたってこと?

そんな、些細なことで、「愛してます。」とでも、言われたかのような喜び方の、中学1年生。


5月27日(金) (まだ、続くのかよっ!)


この日は、Balboaのパフォーマンスの当日で・・・

嫌な仕事も、テキパキこなせる、愛のチカラ?


クールなパフォーマンスのスーツ衣装が似合う彼。 

カッコイイ・・・テレ

いつも、彼には踊ってもらえないけど、パフォーマンスの時だけは、彼を独占できて、一生パフォーマンスし続けたいよ・・・。


パフォーマンス、無事終了!

小さなミスはあったが、みんな上出来だった、観客からも拍手喝さい!


控え室で、着替えていたら、彼もやって来た。

「You did great tonight! and very pretty.」

いつもより、真剣なまなざしで言ってくれた彼。

すごくいいムードなんですけど、いつも押せ押せなこりんごなのに、

急に照れくさくなってしまい、彼から目をそらして・・・

「でも、一箇所、失敗しちゃったね。」

と・・・

今思えば、あれは、とてもいい絶好のキスするタイミングであっではないかと、大人の自分が、中学生を批判。


ダンスフロアーから、ワルツが聞こえてきた。

「ワルツ、踊ってくださる?」

「こりんご、ワルツ踊れるの?」

「アナタのリードがよければ、踊れるわ!」


ダンススノッブの彼、ビギナーのアタシとは、スイングすら踊りたがらないのに、ワルツだなんて、と思ってるであろう彼だか、今夜は、こりんごのパフォーマンスがよかったので、ワルツを受け入れた。

が・・・

ダンス仲間では顔の広い彼、フロアーに付くまでに、何人もの人に足止め食らって・・・

ワルツ終了・・・

「もう、ワルツ終わっちゃったよぉ!!!」

「Next Time!

そうだ、俺の兄さんも、ちょっとBallroom踊るから、踊ってもらえば?」

「ええ、そうするわっ!むかっ


何人かの友達がいて、みんなに、お母様と、お兄様を紹介している彼。

「こりんご、これがウチの兄。」

と、お兄さんは、紹介してくれたのに、目お前にいる、お母様には、こりんごちゃんのこと紹介してくれない。

勘違いされたくないのか?

だけど、アタシ、アナタのパフォーマンスのパートナーだったんだから、紹介しなかったら、おかしいでしょ?

他の女の子のダンスフレンドは、

「This is my dance friend Tammy.」

って、お母様には紹介してるのに・・・


紹介されないのに、自分から、アタシこりんごですってしゃしゃり出るのもなんだから・・・

特に、自己紹介しませんでしたけど、


「アナタ、ダンス上手ね。」

って、お母様の方から、声かけてくれた!


「いえいえ、アナタの息子さんが上手だからです。

アタシ、だた彼のリードにフォローしただけです。」

「まぁ、そう? あの子、ダンス上手でしょ?」

「はい、すごく上手です! 

私は、まだBalboaを始めたばかりなので、彼のパートナーになれて、本当にラッキーです!」

「あら、あなた、まだ始めたばかりなの? とっても上手だったわよ!」

お母様と、いい感じで盛り上がり・・・


彼は、やっとお母様に、こりんごのことを紹介してくれた。


「This is Koringo.」


Too late! She knows already だっちゅうのっ!


お母様、お兄様、とても気さくな方々で、話しやすく。

こりんごちゃんは、結構、人見知りするタイプで・・・(マジで?)

まして、初対面の人だと、英語がおぼつかないから、パーフェクトEnglishを、話さなければならんと言うプレッシャーで、余計にしゃべれなくあるのである。

ところが、どういうわけか、たぶん、ダンスフロアーの楽しい雰囲気でリラックスしていたのか、お兄様とは、タンゴもご一緒しまして。

お母様とも、ダンスの話で盛り上がり・・・

(お母様、腰を悪くしてから、ダンスは、踊れなくなってしまったそうだが、音楽を聴いて、ダンサーを見ているだけでも楽しいと。)


ともあれ、彼の家族に、近づけたのは、かなりの得点です!


そして、またワルツが流れ・・・

「今度こそ、踊ってください!」

と、彼に頼む。

「こりんご、本当に踊れるの? ちゃんと踊らなくちゃダメなんだぞ。」

と、疑う彼。

「Yes,I will !」

望むところよと、こりんご。


2人はフロアーに・・・

ああ、ワルツ・・・、とろけてしまう・・・ラブラブ

彼にリードに素直にフォローすれば、アタシは、シンデレラにもなりますよ!

ちょこちょこ、ごまかしステップ入りましたが、やっぱワルツもいいねぇ~

またクラス取ろうかしら? ウエディングワルツのために? (やり過ぎっ!)


結局、彼と踊ったのは、そのワルツ一曲のみで・・・

いつも、彼は、ダンスの上手い人としか踊らない。

ケッ、ダンススノッブめっ!


また控え室に戻り、帰り支度を始めていると、彼もやって来た。

「こりんご、今夜はすごく楽しんでたみたいだね。」

「うん、すごく楽しんだ!」

「パフォーマンスもよかったよ!」

「よかった~!

でもさ、何でソーシャルでは、アタシと踊ってくれないの?

アタシ、そんなにダンス下手クソ?」

なに言ってるんだよ、そうじゃないよ。」

「じゃあ、You hate me?」

「はぁ・・・、もう・・・、ワルツ一緒に踊ったろ?」

「あれは、アタシが頼んだからでしょ?

頼まなきゃ、踊ってくれないじゃない! いつも、上手い人としか踊らないじゃないのよ!」

「何言ってるんだ、ダンス友達がたくさんいるから、みんなとおどらなくちゃなんだよ。」

そうだよね、彼、タダでさえ、ダンス界では、顔広いもんね・・・


そして・・・


「でも、こりんご・・・、今夜は君、すごくPretty だったよ・・・。」

目を見つめられ・・・

いつも、ちょっとイジワルで、皮肉な彼が、素直に褒めてくれた。


ちょっと、空気がいい感じで・・・

ここで、女決めろよ、こりんご!

アナタも、ステキだったとか言って、目を見つめ返せっ!

なのに・・・・、

この女、こういう緊張したムードになると、おチャラケに逃げてしまい・・・

「じゃ、デートしてくださいっ!」

と、いつものジョークで、ひざまずき、彼から目をそらしてしまった・・・


あぁぁぁぁぁぁぁ~~~~!

絶好のチャンスを、一晩で2回も逃すなんてっ!!!


恋愛中学生は、まだまだアマちゃんです・・・汗


だけど、とっても充実した、楽しい夜だった。

パフォーマンスも上手く行き、

彼のお母様、お兄様にも、会えて、

彼とワルツも踊れた。


家に帰ると・・・

Thank you for performing so well tonight. It has been fun.
And we had a nice waltz too, you did very well with the waltz.

Have a nice dream and sleep well,

と、彼からメールが届いていた。


Thank YOU for leading me so gorgeous! You made a princess of me with our performance and the Waltz!

I had a really good time! and nice meeting your mom and brother. I hope they had a good time, too tonight.

I'm going to be a Sleeping beauty and turning into a pumpkin.
Please wake me up with your nice kiss or mess :p

Kiss or mess? :-)

Yes, I am an evil princess, so maybe only kiss is not enough.
mess around, piss about or pass out :p


Oh, oh, that could turn into a big mess!


そして、調子こいて、そんな、エロおやじギャク、オンパレードのメールのやり取りが続いた。

(あまりに、おやじギャグ過ぎるので、和訳省略)


中学生日記としてのポイントは・・・、

そのメール交換のやり取りの内容よりも、メールの返信など、必要最低限程度のメールしか返してこなかった彼が、ここまでメールのやり取りに前向きになっていたことが嬉しかった。



5月28日(土) (えっ、まだ続く?)


Are you dancing tonight and Sunday?

今夜と日曜日、どこか踊りに行くの?


デートを断られた、土曜日の昼、罪の意識からなのか、彼から、そんなメールが届いた。


「行くつもりよ! ホリデーウイークエンドだもの、行かなきゃ、アタシ腐って死ぬわ!

だけれど、イマイチ、いいイベントがないから、今夜はパスしようかな?

What about you?

アナタは、お母様とお兄様の観光ツアーガイドかしら?

よい週末を!」


と、自分は暇であることをアピールし、あわ欲ば、観光の後、誘ってもOKよ、なんて期待もした、そんなメールを送った。

が・・・

期待などするものではない。

メールの返信は、それにはなかった。


スイングのイベントは、1つあったが、あまり好きなイベントじゃなく、彼も行かないだろうから・・・

ちょっと、最近タンゴもご無沙汰なので、恋愛にほだされてる自分にカツを入れるため、気分転換も兼ねて、タンゴ踊りに行った。

しかも、いつも踊りに行かない所に、新天地を求め、トライしに行った。


ゲッ・・・汗


自分のタンゴレベルがアップしたのか、底のレベルが低すぎるのか?

期待はずれのダンサーばかりが踊っていた。

それを見て、12ドルも払って、ココで踊りたくないと、躊躇してしまった。


「お嬢さん、踊りますか?」

窓口のオッサンが訪ねてきた。


「ええ、でも、ダンサーがあまりいないし・・・(しかも、みんあ上手くないし・・・)」

「まだ、早い、ダンサーは、11時過ぎから来ますよ。」

「え、もう10時半回ってますけど?」


踊りた行けど、このあまり上手じゃないダンサー達と踊るのに、12ドルも払いたくない、このセコビッチ。


窓口のオッサンが、こりんごちゃんのことを気に入ったらしく、

踊らない(金払わない)こりんごを、バーカウンターに座らせてくれた。

(アタシに気があるなら、バーカウンターじゃなくて、ダンスフロアーに入れてくれよ、とBitchは思っていた。)


1時間も、バーで、ダンスフロアーを眺めていたが、一向に上手いダンサーなど現われなかった。

ここまで待って、帰るのも惜しいが、これに金を出すのも惜しい!

誰か、気前のいいオッサン、このアタシを、フロアーに入れてくれないだろうかと、Bitch炸裂な空想を抱く。


そこでふと、いまちょっとほれ込んでる、彼のことを思い出してしまった。

上手いダンサーが、下手なダンサーと踊りたくないと思う気持ち・・・

ダンススノッブと、彼を思ったが、自分だって、ダンススノッブじゃねぇか!


そして、この隣で、こりんごの気を引こうとしている、レストランマネージャー気取りのウザイおっさん・・・

反対となりの、ツーリストのおっさん・・・

窓口のおっさん・・・

ダンサーも、全員おっさん・・・


おっさん、おっさん、おっさん・・・と、おっさん2バーコードニコッ

しかも、このオッサンを、自分の若さで (もう、若くないんだけどさ)、利用しようとしているビッチ。


彼らを、オッサンという枠に、直ぐに区分けしていたビッチこりんごなのに・・・

よくよく考えてみれば、あたしの彼も(いや、ほれ込み中の彼)も、このオッサンたちと、そう変わらない年齢層のはず・・・

ただ、彼を、オッサンの枠に一度も入れたことはなかった。

(たぶん、彼のことを知らない人が、みたら、彼もオッサンなのかもしれない。)


案の定、ひとりのオッサンが、こりんごをダンスフロアーに招き入れてくれた。

(ビッチの思惑通り、タダでフロアー潜入成功!)


ところが、ここで、痛い人生勉強をする。


ご恩と奉公!


このオッサンは、えらく下手クソで、踊りずらい、

アタシは、リードされる振りして、彼をリードしないと、ハチャメチャである!

「君とは、踊りの相性があうっ!」

とか、オッサン、うっとり踊ってますけど・・・

「・・・・・・汗


タダで、踊れるものの、こいつには、入場料を払ってもらった恩があって、踊らないわけ人は行かない。


ほらね、男に依存しようとすると、こういう目に会う。

自分が、自立して、自分の入場料くらい自分で払ってれば、好きな時に、好きな人と自由に踊れるのだ!

(まあ、ココでは、誰と踊っても、ハズレっぽかったけど・・・)


地獄のタンゴの中で、ますます彼のことが恋しくなった。


携帯からメールをチェックすると・・・

OMG!!!!

彼からメッセージが!


「Where was Koringo tonight? I was at the Swig Club, and danced all night.

Now it's sleeping time!」


Oh Nooooooo!!!!!

彼は、こりんごちゃんが行こうとしてやめた、あのスイングのイベントに行っていた!

神様のイジワルである!


「何で行ってくれなかったの? あなたが行くって知ってたら、アタシも行ったのに!!!

おかげで、アタシは、タンゴに来てるけど、苦痛を一晩中抱いてるわ!

I did Embrace Agony whole night!」

くしくも、ウチのバンド名、かぶってますけど・・・


どうして、こうすれ違っちゃうんだろう・・・

だけど、これでよかったのかも知れない。


人生勉強も出来たし、

あの彼が、こりんごちゃんが、どうしてるか気にしてメールをしてくるようになったじゃないの!

それって、彼に、じんわり浸透して、むしばみ始めてる証拠よ!

(虫歯菌みたいだな・・・)


後は、化膿させるだけか?

その化膿させる可能はあるのか?(寒いギャクだぜっ!)



少し、彼に振り回されている自分・・・

(いや、彼は何もししてない、勝手に自分が振りまわっている。)


ちょっと疲れるから、

もう少し、自分らしく、行こうかと思いながらも・・・


これって、恋愛中の、トキめいちゃうって言う一番、楽しい時期なんじゃないかと・・・

片想いのプロセス中は、切なさも、実は、ときめきの楽しい時間なのだと・・・


中学生日記は、まだ続くのか?


いい加減、ここらで、一度とめます。


長々と、すみません・・・。





応援クリックも、ヨロシクね。
↓↓↓↓






AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


夕べ、また、彼からリジェクトされました・・・しょぼん


そもそも、何故、彼のことが気になりはじめたのか?

絶対に、恋愛対象にはありえない存在だった彼のことが・・・


Love is blind (愛は盲目) か?

あばたもえくぼ・・・なのか?


彼の存在は、去年辺りから知っていたが、特に、ただの人で、

逆に、近寄りがたい感じで敬遠していたくらいだった。


一度、名前を交わした程度だったので、彼の名前など、覚えてもいなかった。

だた、彼は、話す機会がなくとも、すれ違うたびに、「Hi Koringo.」と、声をかけてくれてはいた・・・

アタシの名前を覚えていたので、記憶力のいい人だなぁとは、思っていたが、

今更、彼の名前を聞き返すことが出来ず、避けて通っていた。


今年に入って、彼との接点が増え、直接話す機会が増えた。

ただの、記憶力のいい、賢くて神経質な人だと思っていた彼のイメージから、

気さくで和みやすい人と言う印象がプラスされた。


ジョークも言い合えるほど、ザックバランな仲になって・・・


「いつ、アタシのボーイフレンドになるの? 

いつデートする?


Husband になる? じゃ、嫁にもらってくれるの?」

なんて、ジョークも飛ぶようになった。


もちろん、それは、みんなが公認のジョークであって・・・


ところが・・・

そんな風に、言い続けてたら・・・

いつしか、彼のことが気になりはじめてる自分がいて、焦った・・・汗

ミイラ取りが、ミイラになったと言うのか?ミイラくん


そんなこんなで、彼には、もう100万回以上は、告白してたりして・・・えへ

だから、これから、何度、告白しようが、全てがジョークに終わるだけだった。汗


こういう展開の恋愛は、はじめてだった・・・


こりんごちゃは、図太い神経の持ち主ですが、恋愛に関しては、以外にセンシティブで・・・

と言うか、恋愛に怯え、傷付きたくないタイプなので、いつも受け入れる恋愛をしていた。

つまり、こりんごちゃんのことを気に入ってくれる人と付き合い、自分から誰かを受け入れることはなかった。

ようは、愛するよりも、愛されたい。

愛の主導権を握りたいタイプだった。 (ヤナ女・・・)


なのに、今回に関しては、恐れも知らず、何度デートを断られても、めげない。

たぶん、これは、ジョークで片付くからと、自負してるんだと思う。


しかも、絶対に恋愛関係には、なりえない2人だから・・・

だからこそ、彼も、こりんごちゃんの猛烈アタックに、困惑してるんだと思う。

そして自分も、どうして、こんなに、猛アタック出来るのか、不思議でならない。



夕べは、スイングBalboaダンスのパフォーマンスを控え、最終ドレスリハーサルがあった。

Balboa は、スイングの Lindy Hop よりも、もっとドレッシーなダンスで、ちょっとタンゴにも共通してる。


去年の暮れの、Lindy Hop ホリデーパフォーマンスは、

自由の女神になりたくて。(NYひよっこドラマーの葛藤)

メイドになったでしょ?


前回のチャールストンパフォーマンスは、

自由の女神になりたくて。(NYひよっこドラマーの葛藤)

20年代の、ビンテージで、行われ・・・


今回のBalboaは、



  • こんな感じで・・・


    女子は、タイト過ぎないフレアスカートを用意するように言われてて・・・

    ちなみに、こちら、パフォーマンスクラスの女子チームです。

    自由の女神になりたくて。(NYひよっこドラマーの葛藤)


    いつも、ジーンズにTーシャツのこりんごちゃんだから・・・

    「こりんごちゃん、スカート持ってるの?」

    って、彼に聞かれた。

    「I just got it. You must like my new sexy and cute skirt :) 」

    このために買ったわよ!アナタ、絶対アタシのセクシーでキュートなスカート気に入るはず!


    と・・・


    こりんごちゃん、このパフォーマンスのために、スカート購入し、意気込んでる模様。

    かなりBalboaにふさわしい、知的でキュート、タイトでフレアーな、パーフェクトなスカート見つけてご満悦!

    で、インストラクターにも、

    「Such a nice skirt ! Turn around !」

    そのスカート、絶品だわね、ちょっと回って見せて!

    って、べた褒めされたのよ!


    「What do you think about my skirt? Do you like it?」

    ちょっと、アタシのスカート、どう思う? ステキでしょ、アナタも気に入った?


    彼は、慌てて、素直になれず・・・

    「I don't know... I mean, it's nice, though...」

    わからない、素敵だと思うけど・・・


    なによ、その素っ気無ない反応は!むかっ

    でも、そんな反応の彼が、またいいんだよね~。(お前、マゾか?)(´・ω・`)


    最終リハーサルも終えて、後は、金曜日の本番です!

    彼に、また告ったよ。


    「ねぇ、金曜日のパフォーマンスで、上手に出来たら、ご褒美にデートしてくれる?」

    「えっ、なんで、褒美にデートなんだよ。

    週末は、メモリアルウイークエンドで、母と兄が来るから、無理だし・・・」


    ちぇっ、またリジェクトだよ・・・ハートブレイク


    まあ、仕方ないけどね。 ホリデーだし、ファミリーの方が大切だしね。


    彼と、ジョーダン言える友達として、このまま付き合った方が、楽しいかもね。

    で、手に入らない彼を、チェイスし続けるのも、ヤリガイがあって、このままでもいいのかも。


    でも、なんで、そこまで彼をチェイスし続けてるのか?

    手に入らないから?

    じゃ、彼が、Yesっていったら、それは、The End なのか?


    いつも彼のことを考えて、彼の行動や発言に、嫉妬したり、嬉しくなったり、Upsetしたり・・・

    これって、もしや、恋心なんじゃないかって、思い始めてたのよ。


    でも、まだ、彼のこと、よく分かってないし、何かの勘違いかもしれないから、彼のことをもっと知りたいと思ってるのよ。

    だから、デートに誘ってるんだけど・・・

    リジェクト続きでね・・・しょぼん


    この恋は、現実的でないのも、分かってるから・・・

    えっ?こんなに押しまくってるのに、なんで、そこまでネガティブなのかって?


    うん・・・


    こりんごちゃん、もうこの年ですから、付き合う男って、同じ年か、年下ばかりだったのね。

    でも彼は、きっと、こりんごちゃんより、一周りか、2周り上だと思う。

    そんな年上の人に、恋心なんて、絶対に抱かないって思ってたのよ。

    だけど、不思議なもんだね、年齢を感じさせない何かが彼にはあって・・・

    でさ、彼も、こりんごちゃんのことは、子供だましだと思ってるに違いないんだよね。


    自由の女神になりたくて。(NYひよっこドラマーの葛藤)


    しかも、ステータスも、ちょっと釣り合わないのよ。

    彼は、NYCのスイングコミュニティーでは、ちょっとしたセレブで・・・

    かつて、Balboaのチャンピオンだったりもして、

    だから、こんなガサツの、未熟な一スイングダンサーの小娘なんかとは、付き合えないくらいの人なのよ。


    ソーシャルダンシングに行っても、いつも踊ってもらえなかった。

    ケッ、スノービッシュめっ!プンプン

    って思ったこともあったよ。


    「アタシが、上級ダンサーになったら、ガールフレンドにしてくれるの?」

    って、聞いたら・・・

    「ダンスのレベルは、関係のないことだよ。」

    と・・・、まあ、あっさりと・・・

    「じゃあ、アタシはアナタのガールフレンドになるチャンスはないってことなの?」

    「あはは・・・汗 どうして、そこまで思えるの?

    You are not so modest. very strong.」

    スゴイ、大胆だね。

    「Even thought I'm from Japan, I am not modest at all.
    Actually I am modest, but not modest to you.」


    アタシ、日本人だけど、慎ましやかじゃないわよ。
    いや、慎ましやかだけど、アナタに対しては、慎ましやかじゃなくってよ。

    (ホントかよっ?)


    「で、いつになったら、アタシとデートしてくれるの?」

    「そんなこと、みんなに言ってるの?」

    「みんなに言ってない、アナタにだけ言ってるの! 

    つまりアナタはスペシャルってことよ!


    でも、アタシとデートしたくないってこと?」

    「I don't know.....」

    「Yes, You know!

    また、I don't know. って言って、ごまかしてるけどっ!

    You know everything! You like my skirt.

    本当は、知ってるはず! 
    アタシのスカートだって好きなくせに、分からないなんて言っちゃって!」


     
    ここまで言い切ると、こりんごちゃんも、アッパレだよね・・・汗


    もう、開き直って、ヤケクソで、いつか彼とデートしてみせますっ!

    これって、恋愛じゃなくて、意地じゃねぇのか?


    「ともあれ、金曜日のパフォーマンスは、頑張ります!

    で、いつか、デートすること、検討してください!」


    彼の電車がやって来て、彼は、そそくさと電車に乗車する寸前に・・・


    「What do you want to do on a date?」

    いやぁ~んラブラブ 

    それって、デートに前向きってこと?

    「something nice!ラブラブ!

    なにか、ステキなことを!


    って、もう、デートが実現するだけで、ナイスなことですっ!

    この、こりんごちゃんの、まか不思議な、恋愛は、どうなって行くのか?


    好ご期待あれ!



    明日の、パフォーマンスも頑張ります!




    応援クリックも、ヨロシクね。
    ↓↓↓↓





    いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

    テーマ:

    Fワードは愛情表現なのですね!


    メチャクチャ新鮮なコメントいただきました!

    先週、行った、ウチのバンドのCDリリースパーティー&日本支援チャリティーコンサート、

    $自由の女神になりたくて。(NYひよっこドラマーの葛藤)

    オドロオドロしい、タトゥーに、むさくるしいロンゲや、顔ひげ、黒装束の Metal Guysか・・・

    ドギツイ化粧に、網タイツ、ハイヒールのイケイケ Bitich たちが集まるメタルショーに・・・

    ありがたいことに、前回、スイングイベントの時、お世話になった、ジャパンソサエティーのFumikoがご主人とショーに来てくれて・・・

    自由の女神になりたくて。(NYひよっこドラマーの葛藤)


    翌日、Fumikoさんから、メールいただきました。


    昨日のコンサートでは、皆さまが F*cking Japan とおっしゃっていて、新鮮でした。

    Fワードは愛情表現なのですね!

    あとパンクのコンサートと違うのは、あの手や足蹴りのスタイル。

    それも新鮮で、行って良かったです!


    なんて、イノセントなお言葉!

    騒がしい、メタルの世界に生きてますけど・・・

    これも、違った愛のカタチということで・・・





    この、Evilドラマーは、明日、スイングBalboaダンスで、華やかにパフォーマンス行います。

    夕べは、ラストドレスリハーサルで、フレアスカートに、花飾りアタマにつけて、まるでプリンセス。


    Evilと、プリンセスを行ったり来たりするアタシ・・・

    自由の女神になりたくて。(NYひよっこドラマーの葛藤)


    どのアタシが、本物かなんて、決めなくてもいいよね。



    応援クリックも、ヨロシクね。
    ↓↓↓↓













    いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)


    ではでは・・・

    先日、行われた、ウチのバンドのCDリリースパーティーと、日本支援チャリティーコンサートの、レビューでも、写真つきで、ササっとしましょうかね。

    $自由の女神になりたくて。(NYひよっこドラマーの葛藤)


    ついに、CDリリースで、ウチのGuysは、はしゃいでる中・・・

    ジャパン支援のチャリティーコンサートも一緒に提案した、当のトラマーは・・・

    それほど、盛り上がってなかった。


    何でだろうね?


    それでも、やっぱりスペシャルイベントが、2つも重なってるから、やっぱテンション上げてかないと・・・

    って、このスペシャルオケイジョンのために、ドレスアップしましたよ。


    メタルドラマーのパフォーマンスのエナジーは、ハンパないので、野郎ドラマーは、結構、上半身裸って人が多いけど・・・、

    一応、女の子ドラマーですから、いつもは、黒のキャミソールか、

    自由の女神になりたくて。(NYひよっこドラマーの葛藤)

    タンクトップ、

    自由の女神になりたくて。(NYひよっこドラマーの葛藤)


    ですけど、今回は・・・

    リスク背負って・・・

    ジャジャンッ!

    自由の女神になりたくて。(NYひよっこドラマーの葛藤)

    ホルターネック!  

    激しく叩いて、ヒモ緩んだら、Small boobs 飛び出すよ! 

    (飛び出すほど、ないんだけどさ・・・(涙))


    だけど、これがまた、出番ギリギリまで悩んだよ・・・

    モロダシのキケンを心配して、いつもどうりに思いっきり叩けなくなるようじゃ、着替えようかなって・・・


    ヒモは、ほどけそうにないけど、スポットライトの中で、白熱してドラム叩けば、ファンはまわしてても、汗びっしょりで・・・

    その汗を、トップが含んで、重くなり、ズリ下がるんじゃなかろうかって心配もあった。


    もうひとつの心配は・・・


    ウチのGuysが、まだ2日しか練習してない曲を、間奏で、演奏しようと言い出した。

    そんな無茶言うなよっ!

    って、思ったが・・・


    テンションも上がってないし・・・

    コスチュームも、気がかりだし・・・


    こういう時って・・・

    いや、こういう時だからか、アタシと言う人間は、逆にキケンを犯したがる・・・


    もう、着替えんで、乳丸出し覚悟でステージ挑むよ!

    そうなったら、未完成曲の披露なんか、へのカッパよっ!カッパ


    アタシ・・・、人生も、いつもこんなだから・・・


    で、ショーが始まり・・・

    ボーカルの、クリスチャン君

    自由の女神になりたくて。(NYひよっこドラマーの葛藤)


    ギターのプチメタル君

    自由の女神になりたくて。(NYひよっこドラマーの葛藤)


    セカンドギターのマット君

    自由の女神になりたくて。(NYひよっこドラマーの葛藤)


    ベースの Nuno君

    自由の女神になりたくて。(NYひよっこドラマーの葛藤)


    はい、アイドルドラマー、こりんごちゃん!

    自由の女神になりたくて。(NYひよっこドラマーの葛藤)


    勢いついで、バァンとプレイ始めましたけど・・・


    えっ、音が聞こえっ!

    横のモニター、Workしてねぇっ!!!汗

    (サウンドチェック、ちゃんとやろうよぉ~)


    しょっぱなから、ガタつきましたけど、勢いで乗り切って・・・

    乳のモロ出しもなく、存分に叩きましたよ!


    たくさん、観客もいたし、お祭り騒ぎだったので、全体的には、いいショーでしたけど・・・


    お局こりんごの評価は、厳しいよ!

    ウチのインスツルメンタルは、もっと練習が必要だ!(自分も含め)

    バックアップボーカルの、マット君と、Nuno君は、全然ダメだしです!

    (歌いながら演奏するのは、難しいの分かるけどね・・・)

    楽器隊のパフォーマンスも、弱いねぇ~

    案の定、2回しか練習してなかったあの曲は、ごまかし多かったね・・・。


    かろうじて、クリスチャン君のボーカル&パフォーマンスはよかった!

    自由の女神になりたくて。(NYひよっこドラマーの葛藤)



    このショーには、黒ずくめのMetal heads だけではなく、

    こりんごちゃんのカラフルなスイング仲間も、何人か来てくれてて、

    それから、前回のスイングでの日本支援イベントの時、お世話になった、ジャパンソサエティーのFumikoさんが、なんと、ご主人と一緒に来てくださいました!!!!

    自由の女神になりたくて。(NYひよっこドラマーの葛藤)


    だから、こりんごちゃん、乳が飛び出すくらい、張り切って頑張りました!

    (乳、出ませんでしたけど・・・、だから、飛び出る乳、ないっちゅうのっ!)


    こちらの写真は、Fumikoさんの旦那様のジョージさんが撮って下さいました!

    自由の女神になりたくて。(NYひよっこドラマーの葛藤)

    結構、いい女じゃない?

    (なんで、ボーイフレンド出来ないのか?)


    ともあれ、CDリリースパーティーと、日本支援チャリティーコンサート、無事終了いたしました!


    哀しい余談ですが・・・

    CDリリースパーティーだったけど、CDたったの6枚しか売れ何買ったぜ・・・(涙)

    NYCの人々は、結構シビアだから、ローカルバンドのグッツなんかは、あまり買わないんだよね・・・


    さあ、次のパフォーマンスは、今週の金曜日!

    メタルではなく、スイングBalboaダンスのパフォーマンスです!

    5月27日(金)に、マンハッタンにおいでの方!

    こりんごちゃんのダンススクール Dance Manhattan での、ゲストナイトで、披露します!

    無料ダンスレッスンもあるし、コーヒーやスナックもサーブされ、Mix Ballroomも踊れて、こりんごちゃんのパフォーマンスが見れて、ずべてFree! 無料なので、ダンスしない方も、ぜひどうぞ!





    応援クリックも、ヨロシクね。
    ↓↓↓↓







    いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)


    感動してしまった・・・


    愛の形は、お金の額じゃなくて、ハートの大きさであると、気づかされた夜。


    夕べ、無事に、ウチのバンドのCDリリースパーティー兼、日本支援チャリティーコンサート、成し遂げました!

    $自由の女神になりたくて。(NYひよっこドラマーの葛藤)


    なぜか、メタルバンドって、ウチのバンドも含め、ビンボーが多いんだよね・・・

    (基本的に、ミュージシャンはビンボーだけど・・・)


    でさ、メタルGuysって、チープビアー飲んで、ショットあおって、タバコ吸って、女が絡んで・・・

    (全員が、そうではありませんけど・・・)


    アタシは、そんな風潮のメタル界に、やや疲れ、馴染めなくなり始めてた。

    そんなんで、ビンボーで、ちょっと悪ドクロ入ってる、ダークなメタルGuysたちを、ちょっと疑ってる自分もいた。

    チャリティコンサートと偽って、人だけ集めて、実際には、募金せづ、ポケットマネーにしてしまうんじゃなかろうかと・・・


    先月、こりんごちゃんがスイング仲間とオーガナイズした、スイングダンスでのチャリティーイベントは、大成功だった!

    自由の女神になりたくて。(NYひよっこドラマーの葛藤)

    収益金、全額募金で、$5700 が集まった!


    今回は、ウチのCDリリースパーティーだけど、こりんごちゃんがオーガナイザーではなくて、プロモーターがいてビジネスも絡んでるし、チャリティーは無理かと思ったんだけど・・・

    ウチのCDリリースパーティーに、チャリティーコンサートも兼ねませんかと持ちかけてみたところ、

    プロモーターが賛同しれくれ、収益の20%を寄付してくれるってことで実現したことなんだけどさ・・・

    $自由の女神になりたくて。(NYひよっこドラマーの葛藤)

    (スイングとメタルのフライヤーを、ハッピー VS ダークサイド でメッチャ対照的で・・・)


    自分がオーガナイザーじゃないから、どれだけの収益があって、どれだけ募金されるのなんか分からないじゃない?

    だから、せめて、ウチのバンドだけで何か出来るようにって、

    ウチのCD、Tシャツの売り上げから、各1ドルを募金にすることにした。



    メタルはさ、アンダーグラウンドだから、客引きとか大変なんだ・・・

    だけど、そこそこ人も集まってくれて、盛り上がった!


    ショーのレビューは、後日、写真と共に報告しますね。


    全部で7メダルバンドのショーケース。

    ウチのバンド、Embrace Agonyと、もうひとつCDリリースをしたバンドがメインだったので、他4バンドが30分づつのSetで演奏する中、ウチはトリ前で45分演奏した。


    ラストバンドは・・・

    あっ、あのバンドだ!


    ぶっちゃけ、メタルにナエてる、こりんごちゃんで、どのメタルバンドも、イマイチぱっとしてないと思っていた・・・

    だから、メタルはアンダーグラウンドで、日の目を見ないと・・・

    いまNYCでは、これだってズバ抜けたメタルバンドって、いないなぁとも思っていた。


    ところが、前回のライブで、ウチのバンドの後にプレイした、バンドに釘づげにされた・・・

    ローカルバンドとは思えない、品格と、申し分ないパフォーマンスに、演奏のレベルも、バンドのラインナップもかなりいい!

    音楽も、パフォーマンスもいいから、聞き入って、見入っちゃったんだよね。

    このバンドは売れるなって、嫉妬すらしちゃったもん。


    でさ、普通は、失礼だけど、どのメタルバンドも、代わり映えせず、やかましいだけなので、あんまり見てないんだけど・・・

    で、今回も、自分のライブが終わって、後片付けに専念してたら・・・


    あっ!!!

    あの、オーラ、品格、カリスマ的なにかをステージに感じて、

    振り向けば、彼らが・・・

    Fin’amor

    (写真、ないんだけど・・・)


    いつもなら、ローカルバンドのトリって、みんな帰っちゃって、人いないことが多いんだよね。

    まして、今回は、日曜日のショーだったから、みんな翌日仕事で、目的のバンド見たら、さっさと帰るのが鉄則で・・・

    だけど、このバンドに関しては、ラストだったのに、こりんごちゃん含め、たくさんの人々の帰る足どりを止めていた。

    また、素晴らしいショーを見せてくれました!


    ショー全体としても、大成功だったといってもいいと思います。

    7バンドが集まって、90人弱ほどに人が集まり・・・(メタルではいい方)


    ですが、これはビジネスでもありますから、客引きの悪かったバンドには、ギャラ支払いはありません。

    結局、ウチのバンドと、ラストバンドを含めた、3バンドのみにギャラは支払われ・・・


    プロモーターが、こりんごちゃんの所に、直々にやって来て・・・


    「これが、総額収益で、バンドへの支払額を差し引いたウチの収益額からの20%を君に託します。

    こちらは、君のバンドのギャラで、20%分は差し引いてないので、募金するようなら自分達で差し引いてドネイトにしてください。」


    Ahhhhh!!!!

    アタシは、プロモーターさまを、疑っていたのに、こんなにキッチリと・・・

    しかも、このアタシを信頼して、全てのお金を、アタシに託すなんて!

    アタシ、かなり信頼されているじゃないかっ!


    その後、あのカリスマバンドのボーカルの方が・・・

    「これ、ウチのバンドからのドネイトです。」と、20ドルを渡された・・・


    あまりに、カリスマすご過ぎて、あわあわしてしまった、こりんご。


    しかし、貴重な募金をあづかる羽目になった、こりんごなので、財務省は、キチンと募金額を確認計算。

    89人の来場で、10ドルカバーチャージなので、全収益は890ドル。

    そこから、バンドのギャラ200ドルを差し引いた、690ドルがプロモーターさまの収益で、その20%の140ドルを、募金してくれた。

    ウチのバンドのギャラは、100ドルで、その20%の20ドルを寄付

    あれ? バンドへのギャラは全部で200ドル、ウチが100ドルでから、後の2バンドに50ドルずつだったとしても、20ドルの募金は、多すぎる!

    すぐさま、カリスマバンドのところに行き・・・

    「先ほど頂いたドネーションですが、20ドルは多すぎませんか?」

    「ああ、いいんだよ、俺ら20ドルしか支払われなかったけど、その20ドル全部、ドネーションにしてください。」

    「えぇぇぇぇえぇ!!! 20ドルのギャラなら、募金は4~5ドルで十分です!」

    「あはははは、君は、Funnyだね。 気にしないで、20ドルくらいしか募金出来ないけど・・・」

    「でも、でも、たった20ドルでも、いつもノーギャラが当たり前なご時世だから、たとえ20ドルでも・・・。」

    「いいんだよ、全部ドネイトしてください。」

    本当に、ありがとうございます!

    私、貴方達のバンドに、いつも圧巻させられてます! 貴方達は、ローカルにしてはレベルが高すぎる!

    なんで、いつまでも、ローカルでやってるんですか? すぐにでもレーベル付いて、おかしくないのに・・・」

    「ありがとね、でも、君のバンドのように、CDリリースもしてないし・・・」

    「じゃ、早くCDリリースした方がいいですよっ!」

    「う~ん、でも、まだレコーディングにかける資金を作れなくてね・・・」

    「えっ! じゃ、やっぱり20ドル受け取ってください!」

    「あはははは、いいんだってば。」


    感動してしまった・・・


    貧乏ローカルバンド、才能もカリスマもあるのに、お金がなくてレコーディングも出来ず、埋もれている・・・

    だけど、支払われたギャラを全額募金してくれて・・・


    20ドル、されど、20ドル。


    スイングイベントで稼ぎ出した募金は、桁違いの5700ドルだった・・・

    それに比べて、20ドルなんて、ちっぽけな額に値するけど、この20ドルには、とてつもない愛がこもってる。


    結局、このメタルチャリティーコンサートでの募金総額は、200ドルで・・・

    スイングのイベントをオーガナイズし、5700ドルの寄付をした自分からすれば、募金しに行くのが恥ずかしい額かも知れないんだけど・・・

    このビンボーメタルバンドたちが、無力ながらも、日本のために頑張った愛の形で・・・


    アタシは、この200ドルには、額が違えど、スイング仲間達と同様、日本の被災者を思う、LOVEがこめられていると、胸を晴れる。


    日本の被災者の皆様。

    ここNYから、ささやかではありますが、NYCローカルメタルバンドたちからの愛も、送らさせて頂きます!





    応援クリック、ヨロシクね。
    ↓↓↓↓






    いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

    テーマ:


    雨降り続きだったニューヨークも、久々に晴れて・・・


    サンサンと降り注ぐ日差しの中。

    ダークサイドからやってきた、不振人物?

    自由の女神になりたくて。(NYひよっこドラマーの葛藤)

    人生、恐れを知らず、ズカズカと進んでいく女ですが・・・

    日焼けだけは、最も恐れている こりんごで・・・


    土曜日の朝っぱらから、爽やかに、ブルックリンのプロスペクトパークにやってきました!


    Why? 何で?


    実は、以前、家庭教師をしていた、小学生の女の子ちゃんと、まだ仲良しで・・・

    彼女のサッカーゲームに招待されたのよ。


    キックボードに乗った、彼女に連れられて・・・

    自由の女神になりたくて。(NYひよっこドラマーの葛藤)


    たまにはいいよね、爽やかに、パークにやって来るのも!

    自由の女神になりたくて。(NYひよっこドラマーの葛藤)


    Kids たちは、ウォームアップを始めました!

    自由の女神になりたくて。(NYひよっこドラマーの葛藤)


    ちゃんと、ミーティングも、コーチと一緒にやってましたよ!

    自由の女神になりたくて。(NYひよっこドラマーの葛藤)


    で、その爽やかな芝生と、スカイブルーのユニフォームの子供達に紛れ・・・

    やっぱり、不振人物・・・汗

    自由の女神になりたくて。(NYひよっこドラマーの葛藤)



    さあ、キックオフ!

    自由の女神になりたくて。(NYひよっこドラマーの葛藤)


    こりごちゃん、チェアーに座って、日傘の元、遠巻きに試合を見てましたけど・・・

    結構な白熱試合でっ!

    自由の女神になりたくて。(NYひよっこドラマーの葛藤)


    スゲーっ! 子供、マジ本気! 宙に浮いてた!

    自由の女神になりたくて。(NYひよっこドラマーの葛藤)


    もう、こりんごちゃんも、イスになんか座ってられねぇぜっ!

    アタシの、リトルガールも、かなりの大活躍!

    Go my girl!!!

    自由の女神になりたくて。(NYひよっこドラマーの葛藤)


    はっ!

    アタシったら・・・

    はじめはね、ご父兄の皆様、こんな日差しの中、しかも週末の朝早くに、子供のために、ご苦労様ですって、ちょっと、卑下してたのね。(スミマセン・・・)

    アタシ、子供いなくてよかった・・・

    自分の時間、自分だけのために使えてよかったって思ってたのよ。


    でも、Kids の試合見てたら、興奮してる自分がいて・・・

    自由の女神になりたくて。(NYひよっこドラマーの葛藤)

    ああ、これが、我が子だったら、そりゃ、日焼けも、早起きも、全然、苦になんかなんらないんだろうなって思ったのよ。


    アタシ、いま、特に人生、過敏だから・・・


    何が、自分にとって幸せなのかな?


    幸せのカタチは、人それぞれちがうからね。




    応援クリック、ヨロシクね。
    ↓↓↓↓





    いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

    テーマ:


    That's New York...


    ウチのバンド、今週の日曜日に、CDリリースパーティーと、日本支援チャリティーコンサートを行うんですが・・・

    $自由の女神になりたくて。(NYひよっこドラマーの葛藤)


    NYCの、ライブハウス、CRASH MANSION

    http://c2so.reverbnation.com/data_public/venue/image/151552/small/images_1286325873.png?1


    ラウンジ系の、ライブハウスで、そこそこ人気もあり、

    http://images.theknot.com/PWPimages/8098843028137924/crash1.sized.jpg

    まあ、ココでなら、CDリリースパーティにはふさわしいと・・・

    そして、日本支援チャリティーコンサートも兼ねてるしね。


    盛大に、行う予定で、日系の新聞や、NY日本領事館のWeb にまで広告載せてもらったのに・・・


    URGENT NEWS GUYS!

    CRASH MANSION CLOSED LAST NIGHT!

    OUR EVENT ON SUNDAY HAS BEEN MOVED TO ANOTHER LOCATION:
    TAMMANY HALL at 152 Orchard St.

    (ちなみに、なんで、Metal guys は、いつも大文字で、書くんだろうか? 読みずれぇよっ!)


    緊急ニュース!

    クラッシュマンションが、夕べ閉鎖された。
    日曜日のイベントは、急遽、別の場所で行う!


    はぁっ?


    つい最近だって、地名度のあるライブハウス、「The Ace of Clubs」が、まさかの閉鎖劇!

    ウチラのライブ開催の一週間前のことだった・・・


    他にも、有名なクラブが、閉鎖されたり、マンハッタンからブルックリンに移る羽目になったり・・・

    あれだけ、知名度のあるCBGBですら、閉めざるを得なくなったもんね。


    みんな理由は一緒・・・

    高騰する場所代、年々値上げされるレントで、経営困難に陥るわけよ。


    NYCよ、そんなんで、いいのか?

    そんなんで、音楽のレジェンドとか、抹殺してしまって、本当にいいのか?


    なんだか、寂しい限りであります・・・


    ともあれ、ウチのバンドのCDリリースパーティ&日本チャリティーコンサートは、

    Tammy Hall で、行われます!


    今週日曜日に、マンハッタンにお越しの方は、ぜひおいでやす!


    アタシ、NYCのミュージシャンとして、この街に負けないよう、

    そして、日本の支援のためにも、頑張ってドラム叩きます!


    自由の女神になりたくて。(NYひよっこドラマーの葛藤)





    応援クリック、ヨロシクね。
    ↓↓↓↓






    いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

    テーマ:


    複雑な想いに さいなまれて・・・


    なるべく、彼の視野に入り込もうと、頑張ってる自分がいる。

    到底、恋愛対象としては、背伸びしたって見られてないんだけど・・・

    人生、何か、気の迷いとか、手違いとか、ミラクルとか・・・、

    いや、そんなことは、やっぱりないか・・・(涙)


    時間の無駄だと分かってるのに・・・

    こんな時だけ、自分に素直に、彼のこと、ひたすら追ってるのか?


    いつも、駅まで一緒に帰る間柄にまで進展した。

    だけど、今日は、彼にサヨナラも言われず、置き去りにされた。

    すごく、寂しかった・・・


    ひたすらちょっかいだして、自分の存在をアピールすれば、もしかしたらって・・・

    もしかなんて、しないんだよ・・・


    空しかった・・・、

    どうしたって、手に届かない人だから、余計にチェイスしてしまうのかな?


    彼の友達に、とても美人で、知的な女性がいて・・・

    その人と、話す彼の視線や、口調は、アタシには向けられない大人の魅力があった。

    嫉妬してしまう・・・

    アタシに向けられる彼の視線や口調は、子供をあやす保育仕のようで・・・

    到底かなわない・・・


    自分を見失い始めてる・・・


    一人ぼっちで、帰宅。

    木っ端みじんで、もう、あきらめるべきか?


    と言いながら、

    「I'm so sad you left me without say good bye...」

    とか、なんてメールしようか考えていた。


    ウザく思われようが、その想いは伝えたかったから・・・

    メールを開くと・・・


    Good night Koringo

    I am sorry I had to run our quickly, because of the subway construction

    I'm glad we worked out well! Good work drummer girl!

    Sleep happy and don't embrace too much evil.


    こんなメールが、彼から届いてた。


    まだ、期待してもいいのかな?


    5落とされて、2上げてる来る、

    それを、計算でやってない彼だから、

    アタシは、この恋に溺れて死ぬのか?


    .
    It's really difficult to sneak into you and steal your heart...




    応援クリック、ヨロシクね。
    ↓↓↓↓







    いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

    AD

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。