西方見聞録 -パリレポート-

2017年現在、パリ・エッフェル塔近くのアパルトマンに住んでます。パリ・フランスを中心に、イギリス、ドイツ、イタリア、スペインも巡りながら、”これは!”と思うものを探し、レポートしています!!


テーマ:
帝政ロシア時代の
華やかな古都"サンクトペテルブルク"へ!

モスクワ観光を終え、
次はサンクトペテルブルクへ!
(以下、サンクト)

サンクトは帝政ロシア時代の都で、
ロシア随一の華やかさがある街。
※帝政ロシア•••1721年から1917年まで、ソ連が成立する前の帝国

モスクワよりずっと北、
フィンランド近くにあります。
{DC714974-2189-4F3A-B395-A1A8AC3D5879}
モスクワ-サンクト間の距離は、約650km。日本で言えば、だいたい東京から岡山ぐらいまでの距離です

普通なら、飛行機か新幹線のような
高速鉄道で行くのですが、

そこは
アドベンチャーが三度の飯より好きな
うちの奥さん!!

ここで夜行列車をチョイス!!!

や、夜行ですか、、、アセアセアセアセ

夜行、と言うとちょっと
悲壮感がありますが、
言い方を変えると寝台列車です。

しかも、奥さん曰く、
「"赤い矢号"と言って、歴史ある憧れの寝台列車!」とのこと。

高速鉄道なら4時間ほどなので
朝出れば昼に着きますが、

ここは奥さんの意向に従いますほっこり

寝台列車の出発時間は
夜の12時近く。

サンクト到着は朝8時。

約8時間の列車旅です。

-----------------------------------------
美しいレニングラード駅の夜景

寝台列車に乗るために、
地下鉄を乗り継いで
列車が出る駅、
レニングラード駅に向かいます。
{DC95596D-2EE7-4DBF-80C9-08D526359F39}
レニングラード駅前ロータリー。とても美しいロータリーです!!

レニングラード駅とは
レニングラード行きの電車が出る駅。

レニングラードとは
サンクトのソ連時代の呼び方。

ソ連の英雄レーニンを
讃えた呼び名です。

さらに
サンクトペテルブルクは
ロシア語の呼び方で
英語では全然違う呼び名になります。

英語の呼び名は
セント・ピーターズバーグ。

カッコいい呼び名ですウインク


と、話は脱線しましたが、
寝台列車です。

早速列車が出る駅、
レニングラード駅へ。
{C3F22457-6F15-46D9-A4CE-6A169FF60DD2}
レニングラード駅、これまた立派な駅です!!

中に入ると、
{46F8DAE7-5C58-4204-BF1F-EE5C57BDA20C}
おー! 結構遅くまで店がオープンしてます!

バッグのチェックを受けて
ホームへ!

と、横を見ると、
中国人だらけ!!!
{3D26F79E-A83F-4418-A637-60E3C8BA944C}
ここも!!!! どこもかしこも中国人だらけです

大声で何かわーわー言ってます。
いつもいつも、大変なもんです。。

--------------------------------------------
ついにご対面!
憧れの豪華寝台特急「赤い矢号」!!

と、そんな中国人を横目に、
夜行列車の乗り場に向かいます。
{B3F1C363-AD32-4E6B-9ED3-63AE99AD1F33}
夜行列車、どんか列車でしょう

ホームに行くと、
いました! 夜行列車!
{B5C02D39-5D03-4F00-B78E-3E89753E06CA}
この電車が「赤い矢号」という寝台列車です。 なかなかクラシカル!!


こちらの「赤い矢号」は
ソ連時代の1931年から存在する
ロシアで最も歴史がある豪華特急列車。

中に入ると、
{73C88997-0A20-4354-8350-FE09A5C511EF}
右側は全て通路になっていて、左側に部屋があります

奥さんは"2等でもいいよね?"
と言っていたのですが、
2等車だと知らない人と同室。

以前インドの寝台列車で
2等車に乗って、
夜通しインド人の
叫ぶようないびきに悩まされた記憶が蘇り
「そこはひとつ、知らない人と
同室にならない部屋で!」
と請願したところ、
受け入れられて一等車に。

{D7F25D3F-E029-4C69-B332-5729C747CE4E}
ドアを開けると、、、
{2E4108F3-D275-4A91-B4B3-C305E0B074F7}
おーーー!びっくりびっくり これは確かに豪華です!!

{B5E43E5A-8AF2-42DD-A78E-CFC18DB94EA2}
ソファーは横のレバーを引くと、シーツが引かれたベッドに早変わりします!

{52246D0E-E4BB-4F59-8EA4-474C2FCD9D0D}
ベッドの間にある机には、飲み物と夜食のパン、チョコレートなどが備えられています

{973D0702-E0DA-44D1-B50B-6E6F7CA13052}
こちらは布団セット。枕もあります(^^)

奥さんはサクサク
ベッドメイクして、
しばらく外の景色を楽しんだ後
そのままの格好で早々に就寝。

どこでも早寝できるのが
奥さんの強み。羨ましい、、、チュー

一方の自分は、
トイレに行けば水が流れず、
車掌にその旨を伝えに言って
あたふたしたり、

狭い車内で
わさわさ寝巻きに着替えたりと、

奥さんと対照的に
慣れない状況に奮闘。。

布団に入っても
なかなか寝付けませんでしたが、
ずーーーーーーーーーっと
林の中を走って行く
変わらない景色を見てると
ようやく睡魔が襲ってきて
眠りに就くことができました。

----------------------------------
窓の景色を見ながら朝食!

朝、目が覚めると
もうサンクト到着40分前。

身支度が終わって
ゆっくりしている奥さんを横に、
急いで着替えたり、
コンタクトを入れたり
またワサワサ。。

暫くすると、
車掌さんが朝ごはんを部屋に
運んできてくれます。
{7ED8A2D0-A6FA-4109-A905-8DCE7591644C}
こんな感じの朝食です(^^)

{1A168FC6-852A-4FBB-B342-BF1539B230F8}
車窓を眺めながら、朝ごはん。外の緑が気持ちいい!

そうこうしているうちに、
サンクトに到着!
{CEF955D6-C5C7-4BA1-B4FD-C82B811D6A17}
やっぱりモスクワよりかなり北にあるので、ちょっとひんやりします

{549735C5-E7A2-4CE9-9B99-B2B9A0CDDB58}
サンクトにあるモスクワ駅。こんな感じです

モスクワ駅とは、
モスクワに行く列車が出る駅だから
モスクワ駅。

日本人にはちょっと紛らわしいです。。
{D6C0E4CB-2407-47B3-A844-C744E4D0F0D3}
サンクトの街並み! さすがロシアが誇るヨーロピアンな街。美しい!!

早速サンクトの街を
巡っていきます!!
AD
いいね!した人  |  コメント(14)  |  リブログ(0)

levagabondさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。