町をつくろう! | Let'sTalkのブログ
2015-11-23 18:10:25

町をつくろう!

テーマ:小学生クラス
【木曜日・月曜日17:00~ 小学高学年クラス】

小学高学年クラスの今月の内容は、Hanging Out in Town.
(We Can! 4 Mc Graw Hill)
ということで、建物や店のいい方、道の尋ね方や教え方を
覚え、練習しています。

前回までは、道の尋ね方、教え方の英語表現を学び、プラクティス
しました。

この日の文法事項は、wantとbe going toの表現、そして
主語について。

ex) I want a stapler and staples.
I'm going to the stationery store.

You want some candy.
You're going to the candy store.

建物や店の言い方を、写真入カードを使いながら練習した
あと、「町を作ってみよう!」ということで、2グループに
分かれ、カードを並べながら町作りをしてみました。

{B9CCA241-ABBB-4F84-B307-08771353A233:01}


「学校の隣には、~があるといいよね。」
「スーパーとコンビニが隣ってどうかな?」


{D850DAAE-486E-4F2F-9777-A0B5240F6260:01}


など、各自が意見を出しよーく話し合いながら自分たちの町を
作っていました。いいなー楽しそう!

こちらのクラスでは、シンボルツリーの周りに広場があり

{C56FF2B9-DC8D-4794-BA88-B2CD3BE9580D:01}



その広場を囲むように店等を並べることにしていました。
「スーパーは郊外」なそうです。子どもらしい自由な発想の
町作りに感心、感心!

こうして、町とお店・建物のイメージを膨らませた後に
会話練習です。

She wants some flowers.
She's going to a flower shop.

He wants some books.
He's going to a bookstore.

など、自由に主語を代え、単語を入れ替えながら口に出して
言っていきました。月曜日クラスでは、その人その人に
よって主語、ほしいものと行く場所を代えながら
英文を言っていました。スゴい!

英文を学ぶときは、できるだけその表現を使う状況を描けるよう
子どもたちがイキイキ体感できるよう、工夫をしています。

言葉は生きていますから・・・


                     セーラ






Let'sTalkさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ