≪開催概要≫
大会名称:alpinestars杯X'mas Let'sレン耐4時間耐久
日時:12月15日(日)
場所:群馬県 サーキット秋ヶ瀬
天候:晴れ
コース状況:ドライ
気温:18度
路面温度 20度

≪開催クラス≫

<4時間耐久>
グロム125クラス     15台
モンキー125クラス    4台
エイプ100クラス     4台

計23チーム
ライダー総数   90名
観戦者数  300名

冬晴れになった今回のクリスマスレン耐。日本列島上空には連日の寒気と暖気の入れ替えで、12月だと言うのに20度近くまで気温があがるときがあったが、レースは気温15度となり連日気温の高低差は激しい中、ベストコンディションの好天に恵まれた最高なクリスマスレン耐となった。全23チームがハルナに集結し寒さに負けずミニバイクを楽しんでいた。今回はクリスマスの特別戦として、参加者の多くの方たちが、サンタクロースやトナカイ、群馬のマスコットキャラクター「ぐんまちゃん」の格好だったりして、クリスマスレン耐を盛り上げてくれた。
また、風が吹くと寒さを感じるが風が止むとポカポカ陽気の気持ちいいが、太陽が雲で陰ると冷たい風が身体の温度をさらう。太陽の恩恵を感じる瞬間でもあった。そんな中、レン耐に参加してくれた参加者は今年も各々のパーフォーマンスに身を包みながらクリスマスレン耐に華を添えてくれた。

 

11:49に4時間耐久がスタート。まずは#7「チームYSR」が見事なスタートダッシュを決めて、2位以下を1周目から大きく引き離して行く。
モンキークラスは#21「コバヤシファクトリー」がトップを快走する。
エイプクラスは#45「無能会社ポンコツ商事」がトップを後続を引き離す。

 

30分を過ぎると各チーム3回目のピットインとなり、レン耐名物ミニゲームが行われた。
今回のゲームは新たにキッズパットゴルフや、3才児用の玩具だったりして、チーム一丸となってミニゲームをしている姿を、同チームのライダー達がやんや、やんやと加勢し、ミニゲームを全力で楽しんでいた。


2時間を経過するときには、グロムクラスではトップ争いが#2、#14、#7、#15の4台の大集団で一進一退の攻防を続けている。
Monkeyクラスには#21がトップ。エイプクラスは#44がトップを走行している。


レース途中にはサプライズでなんとプロデューサーの青木拓磨がサプライズで手動ギヤチェンジを取り付けたMonkey125でサーキットへ流れ込む。いきなりのサプライズ走行に同じ時間帯に走っているライダーにしては至福の時間を過ごしている。なんせ、あの1997年に世界グランプリを世界最高峰500ccで走っていたライダーと一緒に同じサーキット同じ時間に走れると言うことは、レン耐に出ている参加者に取ってみてはサプライズなクリスマスプレゼントとなった。

 

レースは残り1時間を切ってくるころ、レン耐車両はすでに予備タンクになっているチームがちらほら。
ほとんどのチームは予備タンクになるころ燃費走行に切り替えるチームが増えてきた。
そして、まずは最初トップを走っていた#7「TeamYSR」がゴール10分前にコース上で停止。その後#8「もじゃもじゃ」と続々とストップ!
そして4時間が経過して、混戦だったGromはトップで#15「URAHARU」がチェッカーフラッグを受けた。
Monkeyクラスは#21「コバヤシファクトリーMC」が優勝。エイプクラスは#42「どこどこツインズ」が優勝した。エイプクラス優勝したどこどこツインズはフィニッシュ後の2コーナーでガス欠でストップすると言う、素晴らしい燃費を考えた作戦勝ちといえるだろう。

そして、Gromトップチェッカーを受けた#15が走行時間超過のペナルティを受けて5周減周となり、繰り上げで#14「AOKITSC親子チーム」が逆転で優勝となった。

特別賞はチーム全員が奈良県から来てくれた#44「GRANDBASE」に贈られた。
そして、じゃんけん大会の目玉のalpinestarsのスーパーテックRを見事射止めたのは、#12「チーム23」でした。
alpinestars スーパーテックRは各ライダー全てにサイズと色を合わせてプレゼントとなった!
なんと4名中2名が人生初レースで、転倒も3回して15,000円を支払ったけど、結局7万円のブーツを4つGETして最高なクリスマスプレゼントとなった。
 
スペシャル表彰楯を制作していただいているJAOS様より特製タオル
MotoGPで世界チャンピオンをサポートしているREPSOL様よりオイル
株式会社PLOT様よりツーリング用のバックをプレゼント
そして、TVまで当たってしまいます!
 


以下が正式結果です。

Gromクラス
1位 #14 AOKI TSC親子チーム   237周
2位 #2  阿久津(自)A-MAGICゆもみ 235周
3位 #15 URAHARU         233周

Monkeyクラス
1位 #21 コバヤシファクトリーMC 230周
2位 #24 Team Alpinestars    228周
3位 #22 チーム駄目な大人達   212周

Apeクラス
1位 #42 どこどこツインズ 226周
2位 #44 GRAND BASE  219周
3位 #43 天峠夢使    219周

人生初レースクラス
1位 #8 もじゃもじゃ
2位 #43 天峠夢使
3位 #6 おっさんバイク部
 

 
次回は今季ラストレース 
12月22日(日)HondaRacing60周年杯レン耐4時間耐久が開催されます。