大会名称:宮城県復興応援Let'sレン耐2時間耐久
開催日時:11月17日 日曜日
開催場所:宮城県スポーツランド菅生 西コース
天候 快晴
コース状況:ドライ
気温12度
路面温度13度

開催クラス Gromクラス 4台
参加人数 10名

宮城県スポーツランド菅生西コースにてレン耐2時間耐久レースが開催した。
当日は、風が強く朝早の気温は一桁台。遠くは岩手からの参加者がスポーツランド菅生西コースへ集結した。
天気は秋晴れで最高なコンディションだが、時折吹く風が強く、太陽の陽射しが無いと急に気温が下がり体感は真冬並みの気候になったが、そんな気候はなんのその、力強い走りを見せてくれた。
今回も多くの参加者もいて、今までにレース参加経験のない方が実に半数を超えるレン耐となった。
レン耐は初心者の方も安心してレースが行えるように初心者講習を実施している。ミニバイクに乗ったことがないライダーやサーキット初走行の方を対象にした講習&実技をおこない、マシンの解説、コースの走り方を教えて、初心者の方でも安心してレースに臨めるようにしている。
20分の練習走行を終了したところで、そのままスタートグリッドに整列し、ルマン式スタートで日章旗が振ら2時間耐久がスタートした。

まず飛び出したのは、#2「たばしね雪山倶楽部」が他を圧倒する走りで後続を引き離す。それに#4「meloss男子チーム」と続く。その後は#1#4と続く。
そしてスタートして1時間を過ぎる頃レン耐名物の「ミニゲーム」が開始した。レン耐は三回目毎のピットでミニゲームをこなさなければピットアウトが出来ないルールとなっている。そしてミニゲームを待ってました!と言わんばかりに各チーム全員でミニゲームを一生懸命クリアして行き、ピットアウトする時間を短縮して行く。
そしてレース途中で、風が強くクラッシュパッドが移動してしまうハプニングがあったが、レースには支障なく進行して行く。

レースも終盤に差し掛かり残り30分で、#1「Tribe Factory 」と#4が僅差の2位争いが激しくなっている。
そしてレースが2時間経ち、ぶっちぎりで#2が優勝を飾った。

正式結果は以下の通りです。

1位 #2 たばしね雪山倶楽部 118周
2位#1 Tribe Factry   111周
3位#4 Meross男子チーム 109周

特別賞は、チーム全員が女子で参加をしてくれた「メロス女子チーム」に贈られた。