≪開催概要≫
大会名称:KIJIMA杯Let'sレン耐 明智ヒルトップ4時間+初心者90分耐久レース
日時:10月27日(日)
場所:岐阜県 明智ヒルトップサーキット
天候:くもりのち晴れ
コース状況:ドライ
気温:18度


≪開催クラス≫
<4時間耐久>
グロム125クラス     15台
エイプ100クラス      5台

<初心者90分耐久>
グロム125クラス     5台
エイプ100クラス     5台
30チーム
ライダー総数98名


<レポート>
10月最終のLet’sレン耐は、明智ヒルトップサーキットで開催。当日は気温もほどよいベストコンディションのなか、初心者90分耐久と4時間耐久の2レースが行われ、エントラントたちは楽しい1日を過ごした。

<初心者90分耐久>
今回のレースは、グロムクラスとエイプクラスの2クラスで開催。決勝グリッドはゼッケン順で、レースは9:14にスタートとなった。
序盤からトップを奪い、リードを築いたのはグロムクラスの#2「龍虎會」。
2番手をグロムクラス#5「デンソーDAC6」とエイプクラス#45「STORM RIDERS」、グロムクラス#4「デンソーDAC5」が争う展開となる。
序盤は、順調に周回を重ねていった各チームだが、やがて中盤あたりから単発の転倒が数回発生。いずれもライダーにケガはなくコース復帰していくが、
順位を狂わせてしまうチームも。
しかし、#2は終始安定した走りでトップを守り続け、開始60分が過ぎた時点で、後続に3周あまりの差をつけることに成功。
第2グループは2番手に#45、3番手に#5の2台というオーダーになっていた。
1時間経過時点での順位は、グロムクラスが#2=54周、#5=51周、#3「デンソーDAC4」=48周。エイプクラスが#45=51周、#42「旭倶楽部ビギナーズ」=50周、#41=49周の順。
あっという間に残り30分となってレースは終盤。
なおも#2が順調にトップを走行。さらにリードを増やしており、よほどのことがない限り安泰の様子だ。
一方、2番手以降の争いに変化が。中盤まで総合4番手につけていたエイプクラスの#42が、追い上げて前車をパスするや総合2番手に浮上。そしてクラス優勝を確実なものとするために、#45に周回差をつけていく。
そして90分が過ぎ、初心者耐久はチェッカーフラッグ。
グロムは終始一貫して余裕の走りを見せた#2が、エイプは終盤で逆転に成功した#42が、それぞれクラス優勝をゲットした。


<4時間耐久>
 ビギナーからベテランまで集まり、明智開催のレン耐では今年一番の台数となった4時間耐久レース。こちらもグロムクラスとエイプクラスの2クラス混走で行われた。
決勝はル・マン式により11:30スタート。

まずは好スタートを決めたグロムクラスの#5「デンソーDAC1」が、いきなり他よりも2秒以上速い50秒台のラップタイムをマークする走りを見せて、どんどんとリード。これを、同じくグロムの#3「MacacosRacing」や、#6「デンソーDAC2」、#10「浜松ナメゴンズ チームM」らが追う展開となる。
いつもより混雑しているコースでは、少しでも前に出ようと無理をしすぎるのか転倒するチームが相次いで発生。
開始30分までエイプクラスでトップを走っていた#44「第二磐田レーシングファミリー」も順位を大きく下げてしまう。
代わってエイプクラスの先頭に立ったのは#42「SST48」だ

 

1時間経過時点では、グロムクラスが#5=63周、#3=62周、#10=59周。エイプクラスは#42=58周、#45=55周、#41=49周の順。

2時間目に入りペースにも慣れてきたのか、転倒数はようやく減少。しかし、なおも複数回転倒してしまうようなチームも存在する。
また、ピットロードではお題渋滞がたびたび発生し、コツを覚えたて少しでも最短で通過しようと、用意万端やピットタイミングをズラすなどして工夫するチームと、そうでないチームで徐々に周回数にも差が付き始めていく。
そんななか、グロムクラスのトップは#3が奪うと、徐々にアドバンテージを築き始めていく。
エイプクラスは、グロムクラスに割って入るペースでガソリン消費量が心配なものの#42が大きくリードするかたちとなる。
2時間経過時点では、グロムクラスが#3=122周、#10=120周、#5=120周。エイプクラスは#42=116周、#45=107周、#41=101周の順。
レースは折り返しを過ぎて3時間目に突入。

各車に規定給油が行われ、そろそろガソリン残量が気になるチームはほっと一息。
しかし、満タン給油ではないため、ここからはかなりペース配分を考えながらの走行も必要となっていく。
2周ほどのアドバンテージを保ってグロムクラスのトップを走行するのは、依然として#3。

2番手を争う#10と#5は#3に追いつきたいところだが、なかなかうまくいかない様子。その2台のスキを狙おうという#1「WYTTracing」が背後に近づきつつあった。

エイプクラスは、明智レン耐常連の#42が完全に横綱相撲の状態
まったくスキなく余裕の大量リードで、走行を続ける。常連チームだけにガソリン配分も万全の様子だ。
3時間経過時点では、グロムクラスが#3=182周、#5=179周、#10=178周。エイプクラスは#42=173周、#45=164周、#41=157周の順。

レースはいよいよラスト1時間。
グロムクラスのトップは#3。#10、#5、#1による2番手争いはなおも続く。
#5はいったん3番手に退くが、頑張りの走りで再び2番手に浮上
そのライダーはパドックのチーム員たちから喝采を浴びながらピットインを迎えることとなる。
しかし、ここでレン耐らしい珍事が起こった。ライダーが、まさかのピットロードでポテっと転倒。転倒チェックの思わぬタイムロスで4番手まで順位を下げてしまったのだ。

表彰台を狙う#10や#1にとっては、思わぬ棚ぼた…かに思われたのだが…。#10と#5はそれぞれ1回ずつ規定ピット回数を残しており、しかもどちらもお題ありと、ここで順位変動が起きそうないかにもレン耐らしい展開だ。
先に動いたのは#5だった。ピットロードが空いているタイミングを見逃さず、最短時間でピットインを終了。最後の走行に臨む。

しばらくして#10もお題渋滞に捕まることなくピットインクリア
ここでの順位変動は発生しなかった。しかし、ここからが凄かった
#10も#1もラストスパートでペースを上げていたが、#5の最終ライダーは序盤で脅威の50秒台を出していたチームの秘密兵器。なんとライバルを3〜4秒も上回るペースで走ると、グングンと差を詰めていく。
まずは#1をロックオンすると、これを逆転して3番手に浮上。「ここでそう来るかぁ!」と#1の面々は、こればかりはどうしようもないと諦め顔だ。
トップの#3は、すでに規定ピット回数もクリアしており、さすがにそこまでは届きそうにないが、#10をとらえての2位は射程圏内。


#5の最終ライダーは、イン・アウト問わず次々と華麗に他車をパスしながら、ついには驚きの49秒台のベストラップを叩き出してしまう。
レースは残り1分。ついに#5が、前にいた数台の集団を抜けずに詰まっていた#10の背後を捉えたところでファイナルラップに突入。
ここで逆転が発生するのか? 2台の前には1周差をつけてトップを走る#3もいる。
そして、15:30。激しかった2番手争いに巻き込まれることなく、うまくリードを保ち続けた#3がまずトップでチェッカーフラッグを受けてグロムクラス優勝を飾る。その直後に最終コーナーを立ち上がってくる#10と#5の2台。
ラインを変えて抜こうとする#5。しかし0.7秒差で及ばない!
#10がなんとか逃げ切って2番手でゴール。あと1周あればというところで最後にレースを沸かせた#5が3番手となった。
エイプ勢は、圧倒的な強さを見せた#42が、クラス2位の#45に10周以上差を付ける大差でクラス優勝を勝ち取ることとなった


最終結果は次のとおりです。
<<初心者90分グロムクラス>
1位 #2「龍虎會」         84周
2位 #5「デンソーDAC6」     75周
3位 #4「デンソーDAC5」     73周

<初心者90分エイプクラス>
1位 #42「旭倶楽部ビギナーズ」   78周
2位 #45「STORMRIDERS」     76周
3位 #41「ミナルディ」       72周


<<4時間耐久>>
<グロムクラス>
1位 #3「Macacos racing」       240周
2位 #10「浜松ナメゴンズ チームM  239周
3位 #5「デンソーDAC1」       239周

<エイプクラス>
1位 #42「SST48」          232周
2位 #45「限界クラッシュレーシング」 221周
3位 #41「Team Witech」        210周


<人生初レース>
1位 #11「ヒゲマスク RT」
2位 #4「重留レーシング」
3位 #14「タコカメレーシング」

※今回の特別賞は、最後に盛り上がったドラマが起きるきっかけを作った#5「デンソーDAC1」のライダーに贈られました。