≪開催概要≫
大会名称:Let'sハロウィンレン耐 変則5時間耐久レース
日時:10月8日(日)
場所:埼玉県 テルル桶川スポーツランド
天候:くもりときどき雨、のち晴れ
コース状況:ハーフウェット~ウェット~ドライ
気温:22度
路面温度:23度

≪開催クラス≫
グロム125クラス     16台
エイプ100クラス     12台
合計28チーム

参加者総数 113名

<レポート>
10月第1週目の日曜日となる6日に、テルル桶川スポーツランドで毎年恒例のハロウィンレン耐が開催された。
仮装してきたチームはボーナス周回数が加算されるとあって、おもい思いの熱の入った衣装をまとったエントラントたちで、朝の受付からパドックはいつもとは違う雰囲気。当日の朝は霧雨も交じるどんよりとした天候だったが次第に回復し、午後は青空となるコンディションに恵まれ、多くのライダーが熱戦を繰り広げた。

 <第1ヒート:午前2時間>
今回のレースは、グロムクラスとエイプクラスの2クラスで開催。また、午前様2時間+午後3時間の2ヒート合計での周回数によって最終リザルトが決まるという変則5時間耐久で執り行われた。
第1ヒートの決勝グリッドはいつもどおりのゼッケン順で、スタートしたのは10:00。
まずオープニングラップを制したのはグロムクラスの#3「鬼武者塾」。
これに#4「お主も悪よのういえお代官様こそ」、#10「WILD☆OPEN」らが続く。30分時点でのトップはグロムクラスが#13「あら50's」、エイプクラスが#48「サーキットのお友達」。グロムクラス2番手にはモンキー125で特別参加となる吉本芸人が中心の#21「RGツーリングクラブ」が付ける。

しかし、のっけから転倒が相次ぐなどコース上は混迷の連続で、順位は目まぐるしく動いていった。
1時間経過時点では、グロムクラスが#2「トリプルS」=79周、#10=79周、#7「豊洲市場TTR」=78周。エイプクラスが#47「チームホゲマサ」=75周、#43「Em'sレーシング」=72周、#48=72周の順。第1ヒート後半となる2時間目。グロムクラストップは、#10の手に移っていく。追い越された#2も同一周回数で追撃。さらにいったん6番手あたりまで下がった#7も同一周回数に浮上し、3台の激しい争いが最後まで続いていく。
エイプクラスは#47がいったん4番手まで下がるも、再びトップに浮上。これを#42「GRAND
BASE」、#43が追いかけるも#47は数周のアドバンテージを築いていくこととなる。
そして12:00にチェッカー。グロムクラスは#10、エイプクラスは#47がまずはトップで終えることとなった。
第1ヒートは、グロムクラスが#10=105周、#2=105周、#7=105周。エイプクラスが#47=99周、#42=95周、#43=94周の順。


<第2ヒート:午後3時間>
第2ヒートは13:05にスタート。グリッドはゼッケン順で行われる。
またもオープニングラップを制したのはグロムクラスの#3。しかし、第2ヒートではグロムのトップ争いに#11「■Team YSR」や#4が絡んでいく。
エイプの方も#47は好スタートを決めたものの、転倒で後退。代わって#50「おさわりレッスン生徒会」や#44「STEライディングスクール」が#42とともにトップを争うこととなる。
1時間経過時点では、グロムクラスが#11=56周、#10=55周、#4=55周。エイプクラスは#50=51周、#44=51周、42=51周の順。
第2ヒート2時間め。第1ヒートではウェット〜ハーフウェット路面だったため転倒が相次いだが、午後に入ると天候は急速に回復。路面はすっかりドライとなり、転倒はうってかわって数を減らしていった。
この時間帯の前半でのグロムクラストップは、相変わらず#11がキープしていたが、後半に入って第1ヒートを4番手で終えていた#6「どこどこツインズ」が奪取。#11と同一周回に並ぶこととなる。
エイプクラスは、#50がじわじわとアドバンテージを稼いでいき、5周差をつけて頭ひとつ抜け出たかたちとなった。
2時間経過時点では、グロムクラスが#6=111周、#11=111周、#10=110周。エイプクラスは#50=104周、#47=99周、#44=98周の順。
第1・2ヒート通してガソリンは管理されているため、最後の1時間はガソリン残量を気にしながらの持久戦。
天候が悪かった第1ヒートでもペースを上げて走っていたチームは苦しむ様子が見受けられた。
そんななか、グロムクラスは#11がトップを奪い返すと#6に対して2周ほどリード。
エイプクラスは#50が#47に対して5周のリードを保って走る。いずれも、第1ヒートとの合算で最終結果が出るために1周でも多く走っていたいところ。
かくして、レースは16:05に3時間を走りきって第2ヒート終了。
#11が真っ先にチェッカーフラッグを受けることとなった。

そして、午前と午後の2つのレースの結果と仮装ボーナスの+5周が合算されて表彰式で最終結果発表。

なんと、グロムクラスの優勝は第1ヒート4位、第2ヒート2位の#6が獲得することに。
エイプクラスは#50の走りが及ばず、2レースとも上位でフィニッシュした#47が優勝を手にすることとなった。

最終結果は次のとおりです。
<グロムクラス>
1位 #6「どこどこツインズ」  267周
2位 #10「WILD☆OPEN」   266周
3位 #13「あら50's」      262周

 <エイプクラス>
1位 #47「チームホゲマサ」     252周
2位 #50「おさわりレッスン生徒会」 250周
3位 #42「GRAND BASE」      245周

 <人生初レース>
1位 #4「お主も悪よのういえお代官様こそ」
2位 #2「トリプルS」
3位 #43「Em'sレーシング」

 ※今回の特別賞は、ベストハロウィンコスプレ賞が#10「WILD☆OPEN」に贈られ、
超遠くから来たで賞が#41「GB.E.R.」と#42「GRAND BASE」に贈られました。