≪開催概要≫
大会名称:Let'sレン耐 テルル桶川3時間耐久
日時:3月31日(日)
場所:埼玉県 テルル桶川スポーツランド
天候:くもりのち晴れ
コース状況:ドライ
気温:24度

≪開催クラス≫
グロム125クラス      18台
モンキー125クラス     8台

計26チーム
参加者総数 87名
観客数:300名

<レポート>
桜の開花も進む3月末日。
今年から導入されたモンキークラスも2回目となるLet'sレン耐が、桶川スポーツランドで開催された。
今回はMotoGPやF1を総監督として率いていた元HRC副社長の中本修平氏も#126「Aero Moto 2軍」からエントラントとして参加。
中本氏はレン耐プロデューサー青木拓磨が全日本スーパーバイクでチャンピオンを獲得した時の監督も務めており、懐かしい光景となった。
おなじみチーム・ブリヂストンからゲストとして参加してくれる全日本ライダーたちは、本場のレースを目前に控えているため、今回は残念ながらお休み。
しかし、山田宏マネージャー率いるチームは、モンキークラス優勝に向けて並々ならぬ意欲を見せる。

さて、曇っていた午前中は肌寒い気温だったが、決勝が始まる頃には陽がさすようになり気温もグングンと上昇。
3時間の決勝レースはおなじみル・マン方式により13:40にスタートした。

 

真っ先に飛び出したのは、トップグリッドの#1「どこどこツインズ」。#7「●YSR Team-B」、#5「■Team YSR」がこれに続いていく。
モンキー勢では#25「カフェ・ジョウレン・レン耐部」が好スタートを決め、序盤には一時総合4番手まで浮上してくる。
4周めから総合トップはグロムクラスの#10「あら50's」が奪取。#1、#5、#7らとトップ争いを演じるが、やがてトップは再び#1の手に。
今回、ライダー体重によって決まる規定ピット回数がライバルより大幅に少なく有利な#1は、徐々に差を広げていくことになる。しかし、2番手以降は3周以内に14台がひしめき一瞬たりとも気を抜けない激戦だ。
1時間を経過した時点での順位は、グロムクラスが#1=51周、#5=48周、#3「チームのりお様」=48周。モンキークラスは#26「STEライディングスクール」=47周、#24「Super
Hot Curry」=46周、#21「RTザ青梅」=46周の順。


2時間目に入っても#1は快調な走りを続ける。
さらにピットロードでは、断続的にミニゲーム待ちの渋滞も発生。
ピット回数が少ない#1に大きな追い風となって、2番手以降との差はどんどん開いていく。
その一方で2番手以降は相変わらずわずかな周回差のなかに大多数が入り乱れ、順位は目まぐるしく変わっていく。
そんななかポツポツと転倒してしまう車両も見受けられ、軽微な転倒でも大きく順位を落としてしまう難しい展開となっていった。
さらにそこに難しさを追加する要素が!
レースはまだ半分を残す1時間半を経過する頃には、各車のガソリンメーターがかなり不安な状況を示し始めていたのだ。
ガソリンメーターのバーグラフが最後の1メモリになった後も、点滅しはじめてから大体40分ほどは何とか走りきれる計算。
ここからは、ガソリンの様子を見つつ、いかに順位を上げていくかといった駆け引きが見られるようになっていく。
ピットロードでは毎回エンジンを止めて少しでもガソリン消費を抑えようとするチームの姿も。
ペースが上げられないなか、グロムより攻めにくいと思われたモンキークラスも総合順位で上位に食い込んできており、気が付くと#28「チーム・ブリヂストン」が総合3番手まで上がってくるなど、混迷した展開となっていった
そして、このガソリンの心配を最も感じていたのが、実はトップを走る#1だったのだ。
2時間を経過した時点での順位は、グロムクラスが#1=110周、#7=101周、#5=100周。モンキークラスは#28「チーム・ブリヂストン」=101周、#21=100周、#26=99周の順。


9周差を付けていた#1だが、すでに残り1時間より前の時点でメーターが点滅を始め、このままなんとか走り切れるか、かなりのプレッシャー。
しかし、後続車たちも次々と点滅が始まり、一気に勝負に出るのはかなりのリスクでなかなかスパートできないのが、せめてもの救いか。
そんななか、なんとか逆転したい#5はじわじわと3番手以降との差を広げて#1を追うも、#1に対して規定ピット回数でプラス6回、周回数にすれば約6周分のハンデを埋められずもどかしさは隠せない。

そうこうするうちにレースは残り約10分。
#1は最後まで走りきれるのか、いや既にどのチームも、いつガス欠してもおかしくない状態だ。
予想以上にガソリンがもっており、いまだ1台もガス欠していないのが逆にライダーたちの不安をかきたてる。
どうなる、どうなる、このまま行ける?

結局16:30を迎え、#1は無事走りきって真っ先にチェッカーフラッグ。
以下、全車ともガス欠せず続々と完走を果たすことになった。
グロムクラスは、#1が優勝。最後に4周差まで頑張ったものの届かなった#5が2位。3位は序盤の最後尾近くからじわじわと追い上げていった#6「MOTO604」がゲット。
モンキークラスは、ラスト4周で逆転した#21が優勝。#28が2位。3位には#26が滑り込むかたちとなった

正式結果は以下のとおりです。

<グロム125クラス>
1位 #1「どこどこツインズ」           164周
2位 #5「■Team YSR」              160周
3位 #6「MOTO604」                155周

<モンキー125クラス>
1位 #21「RTザ青梅」               155周
2位 #28「チームブリヂストン」          155周
3位 #26「STEライディングスクール」       151周

<人生初レースクラス>
1位 #3「チームのりお様」
2位 #25「カフェ・ジョウレン・レン耐部」
3位 #15「ジュネスガレージ」

特別賞は、Let'sレン耐の楽しさを多くの皆さんに伝えてくれる横田和彦さんに贈られました。