≪開催概要≫
大会名称:SEV杯Let'sレン耐初心者90分耐久&4時間耐
日時:2月10日(日)
場所:茨城県 筑波サーキット コース1000
天候:快晴
コース状況:ドライ
気温:6.3度

≪開催クラス≫
<初心者90分>
グロム125クラス      6台
エイプ100クラス      6台

<4時間>
グロムカップクラス     7台
グロム125クラス      13台
エイプ100クラス      5台

計37チーム
参加者総数 139名

<レポート>
今年は年間5回の開催が予定されている筑波大会。
その第1戦となる戦いが3連休中日の2月10日に開催された。
今回はグロムカップクラス、グロム125クラス、エイプ100クラスの3クラスによって争われる4時間耐久と、グロム125&エイプ100による初心者90分耐久の2レースで開催。
ゲストライダーとしてチームブリヂストンから全日本ライダーの濱原颯道選手と國峰琢磨選手、ジャーナリストの先川知香さんも参加し、総勢では42台を数えることとなった。
当日は降雪の影響で朝の段階では路面が凍結。しかし、陽がのぼるとともになんとか次第に解凍。
時間調整の結果、初心者90分クラスは80分に短縮となったが、4時間クラスは定刻どおりのスタートで開催することができた。

<初心者90分耐久>
凍結していたコース路面が溶けるのを待つための時間調整で、当初90分で予定されていたレースは80分に短縮して行われ、8:45にスタート。
好スタートを決めたのはグロムクラスの#1「ロケット芝刈り機」。ホールショットを決めると冷えた路面にも関わらず果敢にバイクを寝かせて攻め、オープニングラップから差を広げにかかる。
しかし、初心者クラスということもあり、ライダー交代によって各チームのペースはバラバラ。30分を経過した時点では総合トップにエイプクラスの#27「yonaレーシング2」が
躍り出るなど順位は次々と入れ替わることとなる。
1時間を経過した時点での順位は、グロムクラスが#2「元祖よこはまいろは」=66周、#4「5時ピタRacing脱社畜」=65周、#1=64周の順。エイプクラスが#27=61周、#22「ブラックアイスバーン」=60周、#23「286」=58周。

初心者クラスは一律最低4回のピットインが義務付けられているが、ほとんどのチームがそれ以上の回数でライダー交代を行っており、中には3回ごとのミニゲームの2回目が課せられるチームも。
しかしミニゲームでのタイムロスもあまり気にしている様子はなく、初心者クラスということで勝つことよりも仲間と走りを楽しむことに主眼を置いている様子だ。
レースは、終盤で#2が大きく後退してしまい、代わりに#4がトップに。
そして再び#1も追い上げると最後は同一周回で並ぶことになる。
80分が過ぎてコントロールラインをくぐる#4にチェッカーフラッグ。#1と5.7秒差の接戦を勝ち抜くことになった。


<4時間耐久>
すっかり路面はドライコンディションとなり、定刻通りの12:00に4時間耐久はル・マン式でスタート。
1周目を制したのはグロムカップクラスの#71「Scuderia Cucciolo Dio」。続いて#72「■Team
YSR」、#100「チームブリヂストン」と通過していく。
#100の濱原選手はのっけからベストラップをどんどん更新して全日本ライダーらしい目覚ましい走りを見せつけるが、#71の選手もこれに負けないタイムで激しい争いを繰り広げる。
そんななか2周目に彼らを追っていた#72がまさかの転倒を喫してしまう。優勝候補の一角である#72には痛恨のアクシデントとなってしまった。
そのまま#71と#100が鎬を削りながらしばらく序盤は展開していくが、やがてライダー交代を重ねるごとに次第に#71がアドバンテージを築いていくことになる。
グロムカップクラスで3番手に付けるのは#75「brave seventy's」だ。
グロム125クラスでは#1「ノックオーバー」がトップに立ち、#9「MINQ」と#4「レン耐 ザ 青梅」がそれを追う。
エイプクラスは#24「F.B.R.」、#21「ミサイル芝刈り機」、#23「STEライディングスクール」の順で競い合う。

やはり路面温度が低くスリッピーなためか何台かの転倒も発生するなか、2時間目に入ってもグロムカップクラスの#71と#100のオーダーは変わらず、#100は女性ライダーの分を全日本ライダーの2人がカバーし十分に逆転可能な位置での周回を続けていく。クラス3番手には#75に代わり#73「どこどこツインズ」が浮上してきた。
グロム125クラスは順位が大きく変わり、トップには#8「チームカワチュー&Voice!」が浮上。エイプクラスは上位3台の顔ぶれは同じながらも順位が入れ替わる。
レース折り返し地点を終えた時点での暫定結果は、グロムカップクラスが#71=147周、#100=144周、#73=143周。グロム125クラスが#8=134周、#93「デジモノステーション」=132周、#12「Scuderia
Cucciolo」=132周。エイプクラスが#21=131周、#23=129周、#24=129周。

レースは早くも半分を消化したが依然として#71はその手を緩めずにトップを死守。
#100もファステストラップを更新しながら走る。だが、この頃から、コース上ではたびたびフルイエローコーションが掲示される転倒がたびたび発生するようになってしまい、4周ほど開いた差はなかなか縮まることはない。
その一方で強かな走りを見せるのが3番手につけていた#73だった。#100との差を詰めると逆転して2番手に浮上することに成功する。
グロム125クラスは相変わらず順位変動が目まぐるしく、トップは#5「川崎ラブレターズ」の手に。#93と激しく争いあうこととなる。
エイプクラスは再び#24がトップの座に返り咲き、2番手の#21に5周以上の差を付けることに成功していた。

さて、ここまでレースが進み、筑波開催ではおなじみのS字に設定された追い越し禁止区間で違反する車両が今回は少ないのが非常に印象的。ピットインと間違えそうなほどのペースで走る初心者ライダーもベテランチーム勢が追い越すことなく、うまく後続の手本となってくれるおかげだ。今回のようにスリッピーで転倒の危険性が高いコンディションだけに、大きな事故を防ぐ目的の追い越し禁止区間がうまく機能してくれた。

レースは残り1時間に入り、グロムクラスとエイプクラスはガス欠対策でかなりの燃費走行も目立つようになってきた。
そんななか、グロムクラスでトップを争っていた#93がゴール時間までまだ30分以上を残してまさかのガス欠。規定外給油のペナルティで完全に優勝の目を逃してしまう。
エイプクラスは6周あまりのアドバンテージを築いた#24に、このまま何もなければ安泰といった状況だ。
その一方で、ガス欠の心配いらずのグロムカップクラスは終盤に入っても全開。
#71は2番手に浮上してきた#73に対して5~6周ほどの差をつけてトップを走っている。
こちらも安泰かと思われたが、残り40分といったところでドラマが発生。
#71が4コーナーでまさかの転倒を喫してしまう。
幸いライダーにケガはなかったがマシンチェックのためのピットインを余儀なくされ、コースに復帰したときには、わずか1周差を切るかどうかという際どい状況となってしまった。
ラップタイムを見ると復帰後の#71よりも#73の方が数秒単位で上。最後の最後で逆転となる可能性も見えてきた。
そうして互いにゴールを目指してラップを刻んでいく最後の戦いが繰り広げられることとなった。
決着がついたのはゴール3分前。
3コーナーで発生したクラッシュで、脳震盪を起こしたライダーがしばらく動けなくなる状態となってしまった。そのためレッドフラッグが出されて、ここでレースは中断。残念ながらチェッカーフラッグは振られず、レース成立でこのまま終了となってしまう。
この時点で優勝となった#71は#73に同一周回&約30秒差まで接近されたかたちとなっていいた。


正式結果は以下のとおりです。

≪初心者90分≫
<グロム125クラス>
1位 #4「5時ピタRacing脱社畜」      88周
2位 #1「ロケット芝刈り機」        88周
3位 #5「おっさんずBikeラブ」       83周

<エイプ100クラス>
1位 #22「ブラックアイスバーン」     81周
2位 #27「yonaレーシング2」        81周
3位 #23「286」              80周


≪4時間耐久≫
<グロムカップクラス>
1位 #71「Scuderia Cuccilo Dio」     283周
2位 #73「どこどこツインズ」       283周
3位 #100「チームブリヂストン」      280周

<グロム125クラス>
1位 #5「川崎ラブレターズ」       262周
2位 #1「ノックオーバー」        261周
3位 #12「Scuderia Cucciolo」       261周

<エイプ100クラス>
1位 #24「F.B.R」            259周
2位 #23「STEライディングスクール」   253周
3位 #21「ミサイル芝刈り機」       249周

<人生初レース>
1位 #12「Scuderia Cucciolo」
2位 #11「Scudelia Cucciolo basio?」
3位 #8「チームカワチュー&Voice!」

特別賞は、#3「愛LOVE愛」の皆さんに贈られました。