過去日記第十二弾・もしも僕が。 | さて、行くか。
Tue, April 01, 2008 19:00:00

過去日記第十二弾・もしも僕が。

テーマ:let-me-goイズム
我ながら面白い考えしてるわ(笑)


【2006/11/10 21:39】


もしも僕がきょう「映画監督」兼「脚本家」なら


一般的な映画で脇役と言われる人物を主役にした映画を撮るだろう。

・非現実的な出来事が彼の周りで起こる中での彼という人生の普遍性に着目。

・その出来事における主役と脇役+この映画での主役と彼にとっての脇役の視線を織り交ぜることにより非現実的な出来事を次々と多くの目線から多角的に映画を作り上げる。

・必ずしも主役が普段の脇役のように、まったくの平凡な人間である必要はない。

・人として必ずもつ他とは違う主役のunusualな部分を映す。

Kayさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス