耐震強化偽造問題2 | さて、行くか。
Fri, December 02, 2005 16:54:19

耐震強化偽造問題2

テーマ:NEWS

沢山の協力と皆さんの思い、誠に感謝しています。


昨日の記事 が少なからず広がっていることに驚いたのと、他のサイトなどのコメント欄から様々な人の気持ちをわかることができたので嬉しく思っております。


私、Keiは基本的に自分の気持ちなどを他人に見せたいと思う方ではないので、このブログのみが自分にとって唯一の自分の意思を公に発する手段です。


そのため意思を発する力が弱く、沢山の人にキチンと僕らの思いが届くか不安に思っていました。




さて、この耐震強化偽造問題。


渦中の友達によると彼の家族が住んでいるマンションと同じマンションに弁護士さんがおり、その方曰く(いわく)、ヒューザーなどの一連の事件の会社が倒産をしたほうが何かと住民側にとっては国などに救済を求めるのに好都合だとの事だそうです。


なんでも神奈川の川崎市等の自治体で住民を助けようとする動きもあるそうで被害者の方々にとっては、今が問題を好転させる好機であると思われます。


このまま事が大きくなり地方自治体の支援の動きが全国に広がれば、国も動くことでしょう。




政府が、国家とは国民の財産・生命を守るために存在させられているという事を本当にわかっているのならば国民達という一括り(ひとくくり)を助けようとするのではなく国民という個人を救済しようとしてくれる事でしょう。



しかし、皆さん。


安心してはいけません。



例え、国や自治体に動きがあるとしても、僕達は地道に少しでも何か被害者の方々のためになることを後押しするために声を発しつづけましょう。


そして祈ろうではないですか。


「すべての被害者の方々に再びの安らぎの場を」と。


祈るというのは宗教的で、あまり説得力に欠けるかもしれませんが、人々の思いというモノは時として不可能を可能に変えるものです。そして祈りとは思いよりも強い願いなのです。


1秒でも2秒でも、被害者の気持ちとなり、少しだけ目を閉じて祈ろうではないですか


皆さんの願いは何も変えないかもしれません。


しかし、奇跡を起こすかもしれません。



ヒューザー等の一連の事件の会社達が倒産する必要があると言うのなら、倒産しろと祈ろうではないですか。





くだらないと思うかもしれませんが、是非数秒間、被害者の方々のために明日はわが身と思いながらお祈りしていただきたい所存です。


他の記事からもわかる通り、こんな馬鹿で低脳な人間の図々しいお願いですが、皆さんの貴重なお時間を少しだけ祈る事に割いて頂けたらと、このKei、心より思っております。



最後まで、この記事にお付き合いいただきありがとうございました。            by Kei    

Kayさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス