【薬局の日】・今日はがっつり薬剤師の日でした・薬剤師の仕事。時に感覚的になると服薬... | 岐阜・薬剤師からアロマ薬剤師へ・アロマを多方面からお伝え☆

岐阜・薬剤師からアロマ薬剤師へ・アロマを多方面からお伝え☆

祖父の時代の薬剤師はお客さんから症状を聞き調剤をしていました。その形をアロマテラピーで実現したいという思いと。
アロマテラピーを薬理と自然哲学と感性で使いたい。
そんな思いからアロマ薬剤師となりました♬
岐阜から発信!

この投稿をInstagramで見る

【薬局の日】 ・ 今日はがっつり薬剤師の日でした ・ 薬剤師の仕事。時に感覚的になると服薬指導も乗る ・ アカデミックになろうとすると服薬指導はもたつく ・ つまり、感覚的の方が薬理の引き出しが開いてるということになる ・ アロマも同じ ・ 感覚的にブレンド考えるときは、薬理や精油の作用の引き出しが開いているようだ ・ でもこれは。ベースに化学をやってきた。薬理を学んできた。実習で動物の組織器官を見てきた。 ・ そんなものがあるからだと思う。 ・ 特に精油は化学だ。炭化水素類、アルコール類、アルデヒド類、フェノール類。 ・ 感覚的に香りや作用が浮かんでくるのは大切かもしれないと思った。 ・ 今日は患者さんのストレスによるのか、血圧のコントロールがきかないという話。 ・ 単に副交感神経を優位にするだけでは追いつかないこともわかる ・ 血圧降下剤には。カルシウム拮抗薬、アンジオテンシン変換酵素阻害薬、アンジオテンシンII受容体拮抗薬、利尿薬、α遮断薬、β遮断薬などがあるから。 ・ ではアロマでどうしたらいいのか?そもそも血圧高い人にアロマを使う意義はあるのか? ・ 実はあるんです。それは高血圧の作用を考えると見えてきます。 ・ #レスプリハーブ #アロマ #アロママスターブレンダー #薬剤師 #メディカルアロマ #医療からアロマ #感覚的なアロマ #でもほんとは #現実派アロマ

pharmacist_aroma Mika(@mika_aroma)がシェアした投稿 -