秋の養生②。 | 黄土漢方蒸し正規代理店・エステティック美容機器/業務用化粧品卸販売 ㈱レサンクセンス

黄土漢方蒸し正規代理店・エステティック美容機器/業務用化粧品卸販売 ㈱レサンクセンス

【黄土100% 完全無農薬の黄土漢方蒸し】
【ヒト臍帯血順化培養液65%バイオセルショット65】
【サイトプラズムパスシステムBeBe Pinocchio】
【BELLA CELLA】
実力派・こだわり派のための美容会社、レサンクセンスのブログです。

秋の食養生は白い食材がキーワード。


 

  秋は体内外の潤いケアを。

 

 

秋の養生① に続きます。

 

五行は「金」

五臓は「肺」

五腑は「大腸」

五根は「鼻」

五主は「皮」

五色は「白」

五味は「辛」

五悪は「燥」

これらは中医学を行うための中国医学の古代哲学に基づいた、

「秋」に関連する表裏と五行特性です。

 

秋は基本的に大気の水分が少なくなり、乾燥する季節です。

乾燥の性質が強くなれば「燥邪」となり、鼻や口から邪気が侵入し肺を傷めます。

鼻も肺も、湿を好み燥を嫌う性質を持っているし、

皮膚が乾燥すれば邪気の侵入を許し、大腸が乾燥すれば便秘になる。

ですので、内外共に潤いを保つようにケアすることが、呼吸器疾患の予防に繋がるし、美容面でも内側からキレイになります。

 

夏の水分補給でも書いたと思いますが、
秋こそ「酸甘化陰」が必要です。
酸味と甘味は陰液を生じて潤いをもたらしてくれます。
秋の果物の酸味とハチミツや、カボチャやじゃがいもなどをビネガーで味付けしたり、
日頃のメニューに酸味と甘味ペアを取り入れてみてください。
 
また、白い食材もおすすめです。
松の実、くるみ、栗、ピーナッツ、梨、大根、山芋、杏仁、百合根、蓮根、白きくらげなど
種子系は潤腸作用があるので、乾燥性の便秘に良いし
梨や杏仁、レンコンなどは潤肺作用、空咳などの症状があるときは適度に摂ると良いです。
 
あれ?秋の五味は「辛」じゃないの?と思われますよね。
そうです、その通りです。
秋の「辛」の上手な摂りかたとしては、
急な気温差によって、寒くカゼの引きはじめなどに使うと便利。
辛味は発散、行気の性質がありますので、邪気が悪さをする初期段階に追い出したいときに摂り入れると良いです。
ニンニク、ねぎ、しょうがなどが、辛味にあたります。
 
余談ですが
ニンニクと言えば韓国ですね。
漢方の市場を歩いていたら、いつのまにか着いたニンニクエリアの写真。
すごい数!
 
地べたに積むワイルドさ。
韓国に行くと、商売人の逞しさを感じずにはいられません。
季節とその性質を意識した食養生と生活習慣で、上手に秋冬の健康と美容を支えましょう!

 

エステティック美容機器・業務用化粧品専売ONLINE SHOP

 

黄土漢方蒸しサロン事業者向け卸販売ONLINE SHOP

 

黄土漢方蒸し一般のお客様向けONLINE SHOP