夏の養生②。 | 黄土漢方蒸し正規代理店・エステティック美容機器/業務用化粧品卸販売 ㈱レサンクセンス

黄土漢方蒸し正規代理店・エステティック美容機器/業務用化粧品卸販売 ㈱レサンクセンス

【黄土100% 完全無農薬の黄土漢方蒸し】
【ヒト臍帯血順化培養液65%バイオセルショット65】
【サイトプラズムパスシステムBeBe Pinocchio】
【BELLA CELLA】
実力派・こだわり派のための美容会社、レサンクセンスのブログです。

何でもやれば良いものではない


 

  体に負担の少ない水分の摂りかたは?

 

宜しければこちらも併せてご覧ください。

夏の養生①

夏は大いに汗をかくべき季節でありますが、

汗をかいたら水分を補給しないといけませんよね。

(・・とその前に、誰でも彼でもやたら汗もかけばいいってものでもないのですが、書きだすとキリがないので今回は置いておきます)

 

ですが、水分の摂りかたが偏り過ぎると、

良かれとやった行動が裏目に出て、身体には負担になってしまうケースがあります。

よくSNSなどで、たくさん水飲めば痩せるとか、汗をかくために水飲むとか

目的だけを注視して、水のひたすら摂取を勧めているのを見かけますが

大事なのは、その方の水の出入りがどういう状態か、
脾(消化器系の機能を含む)は健康的であるかどうか、など
その人自身の状態に合わせて、それと季節を加味して摂取するバランスがとても重要。
 

だけど、自分自身の状態がどんな感じかって、分かるようでわからない方も多いと思います。
ですので、今日は大体の方に負担の少ない水の摂りかたをご紹介。
 
「陽気の盛んな時間帯=午前中に、常温のお水をこまめに摂る」
「朝ごはんは、潤いのある食事。例えば、お粥・お味噌汁・スープなど温かい水分を含んだ食事」
「夏の暑い季節には、夏野菜などで水分補給=苦味は熱を冷ます性質をもつ」
「汗のかきすぎには、甘酸っぱい果物などを摂る=酸甘化陰~酸味と甘味が潤いに変わる」
 
 

最近の夏の気温は異常ですから、水分摂取を謳われますが

摂りかた一つで夏の養生にも繋がります。

ガブガブ飲みは脾を傷めてしまい、お腹の調子が悪くなったり、食欲不振、慢性疲労、夏バテなどの原因になります。

夏も丁寧に過ごせば、秋冬も健やかに過ごせますよ!

ぜひお試しくださいラブラブ

 

エステティック美容機器・業務用化粧品専売ONLINE SHOP

 

黄土漢方蒸しサロン事業者向け卸販売ONLINE SHOP

 

黄土漢方蒸し一般のお客様向けONLINE SHOP