引越しの片付けもだいぶ落ちつき、
やっと一息ついた今日この頃。
忙しくとも落ちつくとも、学校通いは関係なく続いており、
最近は経穴経絡がやっと終わったところです。

ところが、前の学校ではこの分野は
かなりサラっと流した内容でしたので、今回がほぼほぼ初めての学びでした。

何事においても、基礎はとても重要で
基礎理論のいま、しっかり頭に植え付けておかないと
間違えたまま進んでいくのはオソロシイ。
なので、毎回アタマがかなりパンク気味。

特にこの経絡学は難しいです。
中医学を学ぶ者にとって、経絡の知識はかなりかなり重要。
学校の教科書だけでは、理解しづらかったので
参考本を選んで選んで選んでポチリ。
分かりやすく、だけどちゃんと深掘りしたものが欲しくて
結構選びましたが、今のレベルに合っててピッタリ!
正経十二経脈、奇経八脈、それぞれの順行と経穴の詳細はもちろんのこと、
ご丁寧にもざっくりとではありますが
中医学基礎理論まで記載され、とても分かりやすいし大正解。

ちなみに
今回の引越しで、だいぶ処分したのは「本」。
なのに早速増やしてしまったから、優先順位の低かった本を1冊捨てました(笑)

ちょうど経絡学から、内傷七情を学びだしたとき、
「ホジュン」で、復習か!のようなタイミングで
肝病治療の弁証のために、「足の厥陰肝経」の脈を取るシーン。

からの、師匠が息子に七情を教えるシーン(笑)
韓国ドラマで中医学の復習ができるとは、
なんてお得なのでしょう!
この息子、現代に残る最古の医学書と言われている「黄帝内経」で勉強しているシーンもあったりして
中医学の歴史を彷彿とさせるドラマで、最近の楽しみの一つです(*^^*)
実に良いドラマです‥
ホジュンを見習って、もっと勉強を頑張らないと!です。

もちろん!お仕事も\(^o^)/
もう少し知識を深めたら、お取引サロンオーナー様にも共有していけたら‥と思っています。
正しい知識と、より良いサービスの提供の一助になれたらいいな(*^^*)