涼しい・・・嬉しい・・・

いよいよ実りの秋シーズン到来でしょうか。

やっとやっと、あの暑さからの解放です!

 

つい最近まで、夏夏ココナツしてましたが

それでも身体は自分でも気付かないうちに季節に順応しています。

お顔はもちろん、身体の乾燥が目立ってくるようになりました。

春夏の亢進季(陽)から、秋冬の減退季(陰)に変わるときのウィークポイントは

なんと言っても「乾燥」です。

 

この秋冬になると

皮膚が乾燥しませんか?

風邪を引きやすくなりませんか?

便通が乱れたりしませんか?

 

五行の一部分を取り上げると

木・火・土・金・水、

肝・心・脾・肺・腎、

胆・小腸・胃・大腸・膀胱、

筋・血脈・肌肉・皮・骨。

 

秋に関連するのは、「金」「肺」「大腸」「皮」になります。

そして、秋というのは燥邪といって

体表面を守る皮膚や髪、鼻や喉、肺などの呼吸器を乾燥させる特徴があります。

また身体を潤わせている、津液を消耗させてしまうのです。

こうして、冒頭のような症状が出やすくなるというわけです。

 

乾燥するなら、水分を摂ればいいと思いがちですが

夏の暑さで脾が弱っている方が、ただただ水分を摂っても

余計脾に負担をかけるだけ。

きっと下痢になったり、重だるくなったりしてしまうでしょう。

見るべきところは、摂った水分を身体の潤い(津液)に変え、

それを全身に行きわたらせる(気)力をサポートしてあげることが、

本当の潤い水分補給と言えます。

 

身体を潤わす食材としては、白い食材がオススメです。

白ごま、白きくらげ、百合根など。

また「酸甘化陰」と言って、酸味と甘味のある旬な食材は身体を潤してくれますので

秋の味覚は積極的に取り入れてくださいね。

あ、でも食べ過ぎには注意ですね(^^;)特に自分・・・

 


黄土漢方蒸し正規代理店HP


レサンクセンス直営店HP