春に生まれた動植物の成長がどんどん活発になり、大きく成長していく陽気の盛んな夏。

これは人間の身体も同様で、代謝や巡りが活発になります。

 

「夏の三ヶ月は、これを『蕃秀』という。天地の気は変わり、万物は花咲き実る季節である。夜は臥し早く起き、太陽の日差しを厭うことなく、志を怒らせないようにし、人も草花のように繁茂させ、気を発散させ、気持ちを外にむけるようにする。これは夏の気に応じて夏の働きである長を養う道である。これに逆らえば、心を痛め、秋に咳の出る病になりやすく、秋の収を身に受けることができにくい。冬になって病を重ねることになるだろう」 (素問・四気調神大論)

 

これは、黄帝内経という、中国医学の基礎理論が記された紀元前の書物に書かれている一文です。

そんな遠~~~~い昔から、このような哲学があったことがなんともロマンティック。

ギュッと要約すると、季節の陽気を存分に取り入れ華やかに過ごし、出すものは出して、朗らかに過ごしましょう。

これに反すると秋冬に病気しますよ、ということです。



また「冬病夏治」といって、冬の病気は夏の過ごしかたで変わると考えられています。

夏の季節には人工的な冷えを入れないように注意することが大事です。

秋の実りを自身の身体で収穫できるように、

夏の季節の流れにうまく乗って、上手に一年を過ごしましょう(*^^*)

 

だから「暑い夏こそ、黄土よもぎ蒸し」

毎年繰り返しお伝えしていることですが、

温活は年中通して大事な健康法なのだと

改めて理解を深めることができますね。

 

レサンクセンスでは、黄土よもぎ蒸しサロンを開業したい方、メニューに取り入れたいサロン様へ

しっかり導入サポートをさせていただいております。

また、ご自宅用に欲しい方は最寄りの黄土よもぎ蒸し取扱店サロンをご紹介いたします。

詳細はお問い合わせください。


黄土よもぎ蒸し卸販売専門 レサンクセンス


サロンご利用の方はこちらへ