色々おきた1週間。

テーマ:

ぼくレオだよっ♪

 

病気さんと遊んでいるよ♪(*´▽`*)ノ

 

9才になってはや半年の (#^.^#)

 

ウェルシュ・コーギーだよっ♪

 

 

 

 

色々おきた1週間。

私達のあたふたメモです^^。

8月19日。

夜から翌20日の朝にかけて約1時間おきに嘔吐。

吐きドメの薬を飲むも夕方にもまた嘔吐。

水を飲んで無理やり吐いているように感じたことから

獣医にも相談の上、水分調整をする。
(1時間毎に20~30ccの水しか与えないようにする)

 

 

 

 

8月21日。

獣医にて皮下点滴をしてもらう。

水は飲むが、このくいしんぼうさんのレオくんが

ヨーグルトは1回口にするも…ご飯に見向きもしない。

8月22日。

元気になり、昨日見向きもしなかったご飯を催促。

フードをいつもの半分量与える。

16時ごろ帰宅。残りの半分を与えようとするも食べない。

20時ごろ、豚肉を焼いたものをトッピングすると完食する。

8月23日。 

 

朝7時30分頃。

昨日と同じように豚肉をカリカリにトッピング。

完食するも16時30分ごろにまた嘔吐。

カリカリがほぼ原型をとどめて出てきた。
(もちろんふやけてはいるが…)

胃の働きがかなり悪いということ。

消化がほぼできていない。

獣医に相談、

 

 

胃の蠕動運動を助ける薬と

 

吐きドメ(強い薬)を飲ませる。

その後食欲が出てきたので、

 

消化の良い鳥の肩肉をソテーして与える。

喜んで完食。

8月24日。

朝から元気であるが、

昨日のこともあり獣医にて検査をしてもらう。

なんとヘマトクリット値も下がっており(基準値よりはまだ上)

腎臓、肝臓の数値も良い結果であった^^。

ただ、胃腸の働きがかなり悪くなっており、

膵臓の影響も考えられるため

膵臓の検査も外注に出す。


8月25日。

朝、豚肉ヘレ130g与える。

元気に完食。

顔色も良くなってきたが下痢便は続く。

便に血も混じりだす。

獣医から連絡あり。

犬膵臓特異的リパーゼ 

 

602ug/Lとのこと。(基準値≦200)

かなり悪い数値である。

免疫抑制剤の副作用の可能性あり、

しばらく控えることにする。


8月26日。

獣医にて膵臓の薬をもらう。
ステロイド剤(プレドニゾロン)
抗生物質(サワシリン)
膵臓の薬(スパカール)

今日もまだ下痢便続く。

8月27日。

ようやくこのお顔が

 

 

 

 

このお顔に^^。

 

 



毛艶も戻ってきましたよ(^-^)

 

 

 


18時現在。

今日はまだ、便はしていない。

なにはともあれ、

 

お腹の状況を治すのが先決^^。

 

いや~いつ逝ってもおかしくないと思える1週間でした。


レオくん、

もうすぐ、キミの補助輪くるよ♪

来たらたくさん運動しよな(^^)

 

 

 

 

今日のインスタはお休みだよ(^-^)