先日 マラソン大会に参加しました チョキ

 

昨年台風で中止になり

走れなかった分も含めて

メダルを2つもらいました音譜

 

 

ランニングマシーンで

走っていると ・・・

 

開始後5~8分で苦しくなり

それを乗り越えて

15分くらい経過すると

ランナーズハイのようになる

 

これが ポイント。 お決まりのパターンだ

 

 

マラソン大会当日

スタートして スタート 5分くらい経過したら

道が徐々に上り坂になった

 

あ~もうやだぁ~

リタイアしようかな~

そんなふうに気持ちが萎え始めた

 

その時、ちびっ子の女の子達の

チアダンスが始まった

 

 

曲はサンボマスターさんの

「できっこないをやらなくちゃ」

 

あきらめないでぇ~どんな時も ラジオ。

君ならできるんだ どんなこともぉラジオ。

 

それが私にパワーを与えてくれた

 

いつの間にか歌を口ずさみながら

坂道を走っていた

 

ピンクの衣装で踊る

ちびっ子チアダンサーへ

 

君たちの踊りと歌が

私を走らせてくれたよ

ありがとね ラブラブ

 

 

沿道で声援を送るたくさんの人達

私は彼らを知らない

 

でもね、見知らぬ人からの

がんばれぇ~応援 国旗 という声に

チカラをもらいました 腕。

 

スポーツ選手がよく言うじゃん

みなさんの応援のおかげで・・・ とか

明日も応援よろしくお願いします とか

 

あの気持ちが ほんと 分かった

 

ゴールした後も

スタッフが花道作ってくれて

ドリンクをくれたり

メダルを首にかけてくれたり

タオルを肩にかけてくれたり

 

そのたびに拍手 パチパチ と笑顔で

お疲れさま~と言ってくれる

 

裏方のスタッフさん達の

ねぎらいの言葉が嬉しかった ラブラブ

 

aya 結果速報がこちら 手

 

 

6.0278kmを33分25秒で走った

1kmを約5分のペース !?

ランニングマシーンで走るより速いぞ !!

 

そだ ! そだ !

肝心なことを忘れるとこだ ビックリマーク

 

走ってた時に

どこかから子供の声が聞こえた

「すごいねぇ~」って

 

親に連れられて

マラソンを見に来たんだと思う

 

近所にいそーな大人たちが

道路一面を埋め尽くして走る

その情景はなかなかの圧巻だ

 

こんなにもたくさんの大人達が

汗かきながら必死で走る

 

その姿を見た子供らは

どんなふうに感じたんだろ ?おまめ

 

少なくとも「すごいねえ~」って

言っていた子の心には

何かが届いた気がする

 

これはキャリア教育だ ビックリマーク

 

ジムに行くと色んな人がいる

 

もちろんジムに来る目的は

人それぞれだ

 

人とのコミュニケーションの場 とか

楽しく体を動かし健康的になる とか

 

私にとってジムは

自分の心とカラダに向き合い

自分の限界に挑む戦場だ

 

でも、それでいいんだ

 

これからも、私は必死で

カッコ悪くても闘って生きようと思った

 

 

それを見ていた人達が

何かを感じてくれるかもしれない

 

これって人に対して

キャリアコンサルティングをしている

ってことだよね

 

そんなふうに思った

 

はぁ~それにしても

両足の太ももが筋肉痛だぁ ・・・

腰が痛くて 腰痛 しんどいあせる

 

 


カウンセラー ブログランキングへ