ガンガン増えるフォロワー数 | つみれパパの医学部再受験記
新型コロナウイルスに関する情報について

つみれパパの医学部再受験記

29歳の医学部再受験生です。

2018-2019
駿津SQ→SA

結果:全落ち

2019-2020
駿市SC→SC
大数ゼミ(受験数学総合 数三徹底)

結果:
大阪医科前期繰り上げ候補
大阪医科後期1次合格

2020-2021
大数ゼミ(特別選抜)



2日前









↑今日








20ヶ月くらい(2年弱)で200やっとだったんだよこのブログ。



つまり月10フォロワー増えるくらい、つまり
3日で1フォロワー増える
くらいだったわけ。



それがなんか最近すごいたくさん通知きてさ。



1日10フォロワー増えるくらいの日もある
くらいなのよ。



びっくりなのよ。






まぁたまたま受験が1番盛り上がる時期であり、
今後の動向含め混沌とする時期だからかもしれないけどさ。





嬉しいわけよ。





1年目はtwitterのフォロワーがどんどん増えて、
でもブログは全然増えなくて。



PVも100-300/dayくらいだったし。



なるべく毎日更新したり、
ブログランキングに登録したり、
親御さん目線の記事を書いてみたり、



色々やってみたら最近はブログが好調です。



平均PV/dayも3500前後を保ってるので、もしかしたら目標の10万PV/monthが達成できるかもしれない。











(まぁそんなことより合格が1番欲しいんですけどね)










あと最近嬉しいことは他にもあって。



いつも一緒に勉強してる友達の面接対策を一緒にやって、なんかそれがうまいこと出て、さらに他の大学でも小論文の題材として扱われたらしくて、なかなかうまくできた、パパのおかげだよ、みたいなことを言ってくれまして。



再受験をやるにあたり、願っていたことの1つが目の前で達成されて嬉しかったわけです。



(少しでも多くの人に、少しでも良い影響を与えたいというのが再受験しようと決めてからのテーマです、もういっそ人生のテーマです)



変な話自分自身の合格より、こうやって私というモノを使って、こんないいことがあった!という報告があることがよっぽど嬉しくなっている自分がいます。



お金をもらっているわけではないけれど、お仕事をしたような、そんな感覚。



近くの友達
同じ校舎で学ぶ友達
ネットくらいでしか話さないFF
ブログを見てくれる初見の人たち


いろんな人が私自身や、twitterや、ブログや、私に関する何かでためになったな、いいことあったな、そう思えるようなことがしたいと思います。







全然関係ない話書くけど、
例えば超超有名高校や大学、なぜすごいと言われるか。

先輩たちがすごかったから?
そこに集まる人がすごい人だから?
影響力がある?
有名?
いろんな理由があるけど

こに集まった人たちがただひたすらに努力したり何かをすることで互いに良い影響を与えて育っていっている

この一点なんじゃないかなって。
そして、その状況をつくるのは、今の自分自身なんじゃないのかなって。





例えば駿台の市谷校舎は医学部専門校舎ですごいかもしれない。
でもそれに群がってるだけじゃすごくなくて。
後々やっぱり名門だよあそこ、すげー人がいるよって言われるのは、
今ひたすらに頑張った人たちが後々そう言われるだけなんだなって。



じゃあその内の1人になってみたいなって。
有名になりたいとか、すごいって思われたいとかじゃなくて。
今自分が思ってる昔ここに通った人たちはすごかったんだ、頑張ろう!みたいにそのまた後輩たちが感じれるくらい頑張ってみようって。




なんか似て非なるが説明できてない感じなのが心苦しいのですが。




今憧れている先輩たちのように、なってみたいなってそんな感じです。




そのためにはやることは1つだけで、だからtwitterなりこんなブログなり市谷での色々なり、全部誰に何言われても気にせずにやってます。
(たまーに気にするけどさ)





影響を与える、与えられるって本当に凄いことだと思う。
生き様ってそういうことなんだと思う。
私は人様に胸張れるほどの生き様なんてまっっっ……(大島先生風に黙る)……ったくないけれど。
それでも少しくらい良い人っていうか、認められる人になってみたい。




誰でもできることかもしれない、
色んなこと文章にして、
ただ書いて、
人に紹介して。



でもやってる人どれだけいるかな?
こんなシステムができたらどうかな?
記録として残しておかないのかな?



色んなことが気になります。
無駄かもしれないし。
何やってんの?って言われることもあるし。
でも何もやらずして、何も得ることはできないし。
何もやらずに、それを語ることはできません。




動画、VR、色んな手段で経験できることは増えてますが、まず自分で試しにやってどうだったか。
それが1番の根本じゃないかなと思うんです。




それのサンプルがたくさん集まったら、それはすごいことだと思うのよ。
論文級のすげーことなのよ。
だからたくさんの人がブログやなんか書いたらいいのにって思うのよ。




本題とズレ過ぎたけどいつか書きたかったのよね。
まぁまとめて書いてないからズラズラ読みづらいけどさ。
受かっても、こんな姿勢でやりたい。
前はこんなことできなかったから。
そんなこと考えもしなかったから。





今更だけど、やるだけやってみたいのよ。





ではでは。