リコネの光

今日は東京からリコネクション認定プラクティショナーで、ティーチングアシスタントの神戸美侑さんを囲んで、プラクティショナーの食事会に出席しました。


朝は憧れのkeikoさんをわたしの車の助手席にお乗せして、呉までの楽しいドライブでした。

以前から気になっていたことなど、聞いていただきました。


keikoさんの中には、愛しかないので、

どんな悩みも愛の光に照らされると、なんでもないことに変わってしまうから不思議です。


美侑さんにも質問させていただきました。

わたしは昨年の秋にリコネクティブヒーリングのプラクティショナーレベルⅡまでの資格は取りましたが、自信がなくて、まだセッションをしたことはありませんでした。

自信をつけるためには、練習、練習、練習あるのみ!

そして練習したら、不安=畏れ(エゴ)を手放して、観察者になることが大切だとお聞きしました。

ヒーリングをもたらすのは、プラクティショナーではなく、宇宙であること、こうなってほしいという過度な期待を手放して自分を横に置いてただ観察者となること。


自分の中に、恐れや不安といったエゴがあると気付いた時は、それさえ無理に手放そうとせずに、そのままの自分を知った上で、無邪気な子供のようにたわむれることだと・・・!!

そして、自信がついたら、ITやお茶会や、ちらしや・・・いろんな方法を駆使して発信していくことが大切だとビックリマーク

若い方々も自信を持ってどんどん活躍されている姿に、感動しましたラブラブ


春の陽射しのように

まだ生後1カ月というほんとに賢くて、やさしいお顔をしたレインボーベビーを連れてお世話をしてくださった素敵なご夫婦には感謝でいっぱいです。


真夏の太陽のように、熱く燃える素敵なプラクティショナーの方々に刺激されて

わたしもこれからセッションの練習に励みますアップ