映画『春を背負って』 | すべての道は音楽に通ず

映画『春を背負って』


この映画をみたきっかけは、木村大作監督の講演会に参加したことによる。


自分は自分の考えた通りにやっている。


映画がつくりたいから監督をやっている。


木村監督は堂々とそう宣言していた。


歯に衣着せない発言と、そのまっすぐな個性的なキャラクターに魅了され、この人が撮った映画をみてみたいと思ったのだ。




黒澤明の撮影助手を長年務め、「名キャメラマン」として名高い監督の作品だけあって、いい画が多い。とくに機微を感じさせる表情をとるのはさすがに上手い。役者もよい。


山の映像もさすが。山登りに興味のない僕ですら、あそこへ行ってみたいと思わせる映像の力がある。



不満点がないわけでもない。とくにストーリー、脚本については、ツッコミどころがたくさんあった。


監督のいいたいことを代弁させてるのだろうけど、どの人も悟ったような「良いセリフ」を言う。主人公を教え導く存在である“ゴロさん”が言うならわかるのだけど、みんながみんな「決まったぜ!」というようなセリフを言うのだ。


後半、蒼井優が、舞台となる山小屋にこだわる理由を独白するのだが、僕には、さほどそれが大きな理由に思えなかった。

悲しい過去と、愚かな行為がそこで明かされるだけれど、一昔前ならスキャンダラスなことでも、今のご時勢「よくある話」になってしまっているからだろう。


最終的には主役とヒロインが結ばれる雰囲気になるのだが(ここらへんボカシて書いているのは、映画の中の表現も、なんかこうぼやっとしているのだ)、この二人に、ひかれあう理由がみあたらない。

「同じ目標をもった年頃の二人がそばにいたら、くっつくよねー」という理由しかない。

それは一般社会でよくあることでも、2時間の物語では、二人の距離の近付きをきちんと描かないと説得力がない。



音の使い方も気になった。音楽時代は良くも悪くも「昭和の映画」の劇半で、映画を盛り上げはするのだが、「晴れたシーンは明るい曲」「嵐のシーンは劇的に」と、ステレオタイプすぎて表現が陳腐に感じた。お手本どおりといえばお手本どおりなのだろうが。



などと、くどくど書いても、結局、これはそういう部分に四の五のいう映画じゃないのだ。

木村大作監督が自分の撮りたいものを撮った。そういう映画だ。

そういう意味で潔いし(それは男の格好良さにも通じる)、最近のCMやPV出身監督のように、ひとりよがりにもなっていない。


山好きで、木村大作を良く知っている世代に人たちにはきっと楽しめる。

そのターゲットからはずれてる僕でも、2時間は十分楽しかった。

(それでも最後のシーンは見てて恥ずかしかったです)



ういう“王道”の邦画も必要なのかもしれない。



映画『春を背負って』公式サイト

http://www.haruseotte.jp/