医療業界は、患者のデータを効率的に活用できているとはお世辞にも言えない。医師や病院、クリニック、薬局、保険会社などが集める膨大な量のデータは、それぞれのコンピーターの中にある。

そしておそらくは、書類棚のファイルの中にもばらばらに保管されている。患者に処方される薬が変わったり、新たにレントゲンが撮られたりしても、全てのデータが更新されるわけではない。

それは、医師や病院、薬局などの間でデータが共有されないからだ … 。しかも、これらのシステムは、ハッカーの侵入を受けて情報が盗み出されたり、消去・改変されたりする危険と隣り合わせだ … 。

しかし、新しいテクノロジーを活用すれば、この状況を変えられる可能性がある。患者に関する最新の正確なデータを安全に保管して、ハッカーの手が届かないようにし、しかも医療関係者同士がデータを共有できるようにするシステムを構築できるかもしれない … 。

それを可能にするのが、「 Lip医療システム 」です。今日、その「 Lip医療システム 」の特許証が届きました 👍




いよいよ医療業界が大きく変革を迎える時が来ました。まさに、「 Lip医療システム 」の出番が来たようです。

日本の医療からアジアの医療まで、そして世界の医療へ … 。

" 小さな奇跡を、大きな軌跡へ "