なんと!  AI( 人工知能 )で就活生の内定辞退率を予測 。

なるほど、技術は凄いが就活生情報を説明なく企業に提供していたのは、やっぱり良くないですよね … 👎

今回の「 リクナビ 」による就活生の行動データの販売を巡る問題は、個人情報の分析が大きなビジネスになっていると同時に、その裏に潜むリスクもあらわにした。

ネットの閲覧履歴などから個人の価値観や性格、趣味を探る手法は金融や広告の現場にも広がり、データエコノミーの根幹をなす技術になっている。

だが適切な利用ルールが伴わなければ、消費者の不信が膨らみ、新たな成長の芽も摘み取られかねない … 。

しかし、これから益々広がりを見せるだろう「 プロファイリング手法 」( 行動履歴から消費者の人物像を割り出す手法 )は、利用者が利用する前に、その個人データの利用目的を明確にし、しっかりと同意を得る。

そして、情報開示した後でも「 自身で開示設定変更が可能 」な仕組み、要するに「 利用者自身が個人データをコントロール可能 」な仕組みが必要だと言うことなのです。

これはまさに、弊社の個人データ管理システム( Lipシステム )がドンピシャはまりますね 👍

( 国際特許出願、国内特許取得済み )

世界における、これからの「 プロファイリング 」時代のひとつの仕組みとして、歯車的存在となり得と確信しています。

" 世の中に新しい価値と感動を創造する "

いよいよ、これからです!