取材を受けて …

テーマ:

今日、「 訪問医療マッサージ最新動向 」について、シニアビジネスマーケットの取材を受けました (^_^)




厚生労働省は在宅医療を必要とする人は2025年には29万人と推計する。また、超高齢社会の進展に伴い運動障害のある高齢者宅を訪問してマッサージする訪問マッサージの需要が拡大しており、その市場規模は約600億円といわれる。


本特集では、5月25日に厚生労働省が発表した訪問マッサージにおける「 はり師きゅう師及び・マッサージ師・指圧師の施術に係る療養費の支給 」についての影響や市場拡大にともない現在 業界が抱える課題などを整理し、介護保険外サービスとしての訪問医療マッサージの最新事情と事業性を検証していく … 。


その中で、業界最大手のLEISさんのお話を伺いたい。特にLEISさんが取り組む  ” 「 生体認証等を活用した実績証明システム 」を開発しレセプト作成・療養費請求の適正化を図る。”   このことについてお聞かせください … 。  と。


( 総合ユニコム株式会社 編集部 課長 山崎博様 )


超高齢社会の日本で、今後益々求められるだろう、この訪問医療マッサージを安定的に供給するために必要なのは、不正などが絶対起こらない仕組みづくりが必要なのです。


私たちLEISは、それらを厳格に守るためこの「 生体認証等を活用した実績証明システム 」を開発しレセプト作成・療養費請求の適正化を図り 運用をしているのです。


将来的には、このシステムを業界のスタンダードにすることで、業界全体の健全化に貢献できると考えているんです。


” 小さな奇跡を、大きな軌跡へ ”