残響の波紋。 | 竪琴(ライアー)奏者 CERENA official blog
2012-01-11 23:49:08

残響の波紋。

テーマ:ライアー
今日は「1」が並ぶ日。
満月の残響を感じる。
奏でた音の残響も、
毎日のように私に届く。


ライアーは、
その、残響のように、
人の心と記憶にふわりと残っていてくれます。

身をゆだねて、
漂えるおだやかな水面のごとく優しい。

音に温度はないけれど、
キンと冷えた高音は、
なぜか低音とともに、あたたかい。

鳴らすたびに、
広がる波紋。

鳴らすたびに、
心に描かれる波紋。

波紋は、となりの誰かの心に触れて、
また広がっていく。

ライアーは、不思議です。
演奏しているのは私だけど、
とても不思議です。

ライアーの持つ、
底知れぬ力を感じています。



私に知らないところで、
描かれていた波紋が、
巡り巡って、今日、私に届いた。

思わぬところから返ってくると、
本当に驚きます。


やることが、
なんだかすごくたくさんで、
次から次へとボールを投げている感覚です。
大道芸人さんみたいに、
くるくるとボールを。

一人じゃなくて、
たくさんの相手や物事に向かって。
目の前のものから、
先の先の行き先がまだ見えないものまで。

それがランダムに返ってくるので、
受け取っては、また投げる。

ボールは落とせないから、
休みなく。

段々とテンポがわかってくると、
さらに増える。

ダメもとで投げたボールさえ、
思いがけず返ってきたり。

なんかおもしろい。
いろんな音の鳴るボールなんです、きっと。

いっぱい響き渡って、
どこまで行くのかな。

やまびこを飛び越えて、
山の向こうまで行くのかなニコちゃん

CERENAさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス