ハッケ&ペーターの出自 | とりきちTagebuch

とりきちTagebuch

ドイツ・ベルリンから鳥好きの とりきちが、
一緒に暮らす鳥達、家族、ドイツの鳥事情を日記につづります。
ドイツ・とりきち横丁公式ブログを兼ねることになりました。


テーマ:


ハッケ(左)とペーター(右)

今日は8月にお迎えした、ハッケ&ペーターの出自のお話です。
2羽は、ベルリン市内のとある大型ペッショップを介して、
とりきちのもとへやって来ました。

お迎え時期となった8月下旬は、
ドイツでも記録的な残暑が続き、
ベルリン市内のペットショップでは、なんと、
猛暑のため、鳥たちの健康を心配して、
展示と販売を続々と取りやめていました。

とりきちがお迎えしたペットショップは、唯一、
空調があったおかげで、鳥の展示販売が行われていました。

オスメスごとに分けられたケージの中で、
一番体格がよく毛並みの良かったハッケ(♀)と、
ケージの一番手前で「連れてけ」と
いわんばかりに鎮座していたペーター(♂)を
家族で一緒に選びました。

本当は、ブリーダーさんから直接譲っていただくことを
願っていたのですが、この時期、
どこをあたってもメールの返事が来ず、
鳥にとって猛暑下の移動の負担を減らそうと家族で話し合い、
ベルリン市内のペットショップに落ち着きました。

***

この後の出来事が、とりきちにとって
初めての体験となります。

購入時に、次のようなペットパスポートを頂きました。
左がカバーで、右がその中身です。



これまで、個人の方から譲っていただいてばかりだったので、
ペットショップでの購入初体験のとりきちには
とても新鮮でした。

パスポートの中を見ていきましょう。
とりきちの個人情報は消してあります。




だいたい、日本語で表示した通りの内容となります。

基本情報以外には、2羽が譲渡時に健康であることが
明示されているほか、飼育アドバイスにあるように、
ドイツらしく、「少なくとも2羽以上で大きな鳥小屋で飼うように」
ともきちんと書かれていました。

今回のモーリッツと、ゾフィのお友達探しで
最大の難関だったのは、ティアハイムにしろ、
個人にしろ、ペットショップにしろ、
とにかく「2羽以上でないと譲りません!」とされたことでした。

今回のハッケ&ペーターという2羽購入することには
何の支障もなかったわけです。

たとえ、家に一羽いると説明しても、かたくなに、
2羽ではないと譲らない!と言われてきた身として、
複雑な気持ちになりました。

***

このパスポートの他に、カナリアの飼い方の小冊子をもらい、
さらに、なんとこのお店が提携している動物病院の
無料健康診断チケットまでいただきました!

14日以内であればいつでも受診でき、問題のある鳥は
即、提携医師の判断のもとショップに返すこともできると
説明されました。

***

このあたりから、とりきちは好奇心がどんどん沸いてきて、
店員さんを捕まえ、インタビューを開始。

と:ここで販売されている鳥たちの健康管理は
具体的にどうされているのですか?

店:毎週金曜日に、提携の獣医がきて、
全ての鳥の健康診断を厳しく行っています。

と:この鳥たちは、どこからやってきたのですか?
ブリーディングもお店がしているのですか?

店:いいえ。私たちは、ドイツ各地にいる優れたブリーダーと提携し、
そこで資格制度を設け、優れた環境をもつブリーダーからのみ
買い取って、お店で販売しています。
劣悪なブリーダーもドイツにはいますが、それを排除しています。

と:この鳥たちはドイツで生まれたのですね?

店:そうです。ドイツ生まれです!


***

家に帰り、とりきちは、さらにこの会社の活動を調べてみました。

この会社は、単なる動物の
販売にだけ携わるのではなく、悪徳ブリーダーを
世の中から排除するべく、獣医、各種動物愛護協会、
ブリーダーと手を取り合って、ドイツのペット業界および、
ペットをとりまく環境改善に、全力で取り組んでいることが
よく分かってきました。
このあたりは、大阪でのイベントの際に詳しく話したいです。

その会社の実践の一端を、とりきちは、
ハッケ&ペーターのお迎え時に体験したのです。

ハッケとペーターの出自について、
優れたドイツのブリーダーから提供された、
いわゆる「選ばれしカナリア」たちだということが判り、
嬉しくもあり、誇らしくも思えたのでした。

とりきち

追記:こうしたペットショップに流通しない鳥たち、
身体的に障害がある鳥たちは、
ティアハイムなどの動物保護施設をはじめ、
個人ボランティアの手によって保護されています。
当ブログの「ドイツの鳥事情」カテゴリーにて
そうした活動について一部ご紹介しています。


たまの更新となっていますが、
ブログは大切な心のより所になっています。
ぽちっと応援おねがいします


にほんブログ村


もう一押しお願いします♪
 



半熟穂プレゼント中♪


とりきちさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス