こんにちは。

 

 

火曜と水曜はお休みです。

 

昨夜は、疲れ切って

バタンキュー(死語)と

なってましたので

ブログはお休み。

 

 

はい、すみません。

お金もらってブログ書いてないので

(上から目線。)

疲れたらお休みいたします。

 

 

 

・・で

 

サッカーのW杯のゆくえも

非常に興味ありますが

火曜のお休みは

溜まってたHDDで

「鎌倉殿の13人」を拝見。

 

 

 

 

ああ・・・とうとう

この回が来ましたね。

雪の舞う悲劇の鶴岡八幡宮。

 

 

 

 

 

そうきましたか。

そう描かれましたかあ・・・

 

 

 

 

 

 

大河ドラマの名作

「草燃える」とはまた異なる

主要人物たちの心情が

伝わってきました。

 

 

 

 

 

 

 

令和のリアルタイムで

東京の窓の外は

少し雨が降っています。

光が差さない雲の色。

ドラマの内容となんか重なり

涙しています。

 

 

 

 

 

はい、ドラマですよ。

現実の話しじゃない。

 

 

 

でも涙・・・

 

 

 

 

 

実朝と公暁を演じた

お二方の眼差しの中に

ひとりの人間として

生きることができなかった

家系や身分の

重圧を背負う生き辛さが

見事に演じられてました。

 

 

 

 

涙・・・

 

 

 

さあ~~ここまできたら

いよいよ北条政子が

覚醒しますよ。

尼将軍が

立ち上がります。(^O^)/

 

 

 

 

 

 

歴史の教科書では

もろもろすっ飛ばして

源頼朝の死後

北条政子の弟の義時による

承久の乱があって

北条執権時代が確立しますが

 

 

この数行の歴史の中に

多くの血と涙があることを

大河ドラマは

一年かけて描いてくれました。

 

 

 

 

 

 

私の中での

北条政子像は

岩下志麻さんでしたが

上書き保存で

小池栄子さんになりました。

 

 

 

 

 

岩下さんも素晴らしかったけど

当時の私は幼くて

政子の生き様が

理解できなかった。

 

 

 

 

 

 

この先ずっと未来に

鎌倉時代を描く作品が

出てこない限り

私の中の北条政子は

小池栄子さんです。

 

 

素晴らしい。

 

 

あの世から

北条政子さんも

喝采を送っていることでしょう。

嬉しいんじゃないですか?

自分の人生を

悪女ではなく

夫を愛し

懸命に生きた女性として

演じてもらえて。

ねえ~あれだけの美女に。

 

 

 

 

 

 

 

下の写真は、鎌倉の

桜満開の季節に撮った

鶴岡八幡宮の源氏池。

 

 

 

NHKでね

「鎌倉殿の13人」の

ファンミーティングが

12月7日に開催されるんですよ。

人気よね~

わかるけど。

 

 

もちろん応募しましたが

落選・・・_| ̄|○

 

 

 

 

 

 

水曜はお休みなんで

よゆーで参加できるのに

もう何十年も

受信料を払い続けているのに

落選・・・_| ̄|○

宝くじ並みの倍率なのかな。

 

 

 

 

 

 

でもめげない私は

オンラインでの参加募集で

参加希望入力いたしましたあ。

結果は

12月2日に当選したかどうか

メールが来る。

(T▽T)

 

 

 

 

 

 

職場の同僚たちは

 

「ここで当選したら

2023年の運を

使い切るんじゃない?笑」

 

「違うよ。きっと

今年ツイてなかったことが

報われるんじゃ?」

 

「え?応募したの?

NHK好きねえ~笑」

 

・・・etc

 

 

 

 

 

 

色んなご意見を頂きました。

(;^_^A

 

 

こればっかりは

受信料払ってても

NHKを欠かさず観ていても

くじ運だからねえ。

 

 

 

 

 

 

 

 

最終回は撮り終わったそうです。

 

 

過日放送されたウラ話SPでは

テレビプロデューサーの

MCの方を途中まで

俳優の小手伸也さんだと

思い拝見してた。

(すみません!

・・・でも似てるよね?)

 

 

 

 

 

最終回では

想像もつかないような

義時の死が描かれるそうです。

 

 

 

 

 

三谷幸喜さんは

アガサ・クリスティ作品に

影響を受けたということですので

同じくアガサのファンの私は

 

 

 

乗り合わせた乗客全員が犯人の

(ネタバレごめん)

「オリエント急行殺人事件」

とか

身内が全員で

自分たちを苦しめた父親を

死に追いやった

(ネタバレごめん。

「無実はさいなむ」

を想像しちゃうんですよね。

 

 

 

 

 

 

北条義時は

身内全員から殺されるのかな。

またそれを

甘んじて受け入れるのかな。

 

 

 

 

 

どうなるんでしょ。

 

 

ファンミーティングに

参加できますように。。。。

神さまお願い。

 

 

 

 

 

日本史の中でも好きな時代は

のめり込んで観ますよね

それは幕末ファンがいるのと同じ。

 

でも私が一番好きなのは

卑弥呼の時代と

大化の改新の時代。

中大兄皇子と大海人皇子の話しとか

大河じゃムリかなあ。

衣装が地味だしね。

縄文時代も好き。

それも無理だよね。文字も無い時代だしね。


ひとりごとランキング