聞かれなくなった…

 

お子さんは?
お子さんまだですか?
作らない主義ですか?


昔はそう聞かれるたび…

 

「まだなんです…」
「欲しいのですけれどもね…」
「夫婦仲が良すぎても
 出来ないと言われますから(笑)」と
つくろって答えていた私

 

そして家に帰って布団に潜って
一人で泣いた。

 

 

 

今は50代でグレイヘアーになっている私に
子供の事を聞く人はほぼいなくなった

 

子供の事を聞かれる場所を
避ける事が上手くなったからとも言えるし

 

聞かれそうな場所に行くと
(例えば夫の仕事の関係者との飲み会とか)


聞かれる前に聞かれそうな雰囲気になると自分から先に

 

「欲しかったのですけれども…
 出来なかったのです」と
さっさと言ってしまうから
それ以上聞かれなくなった
と言う事もあると思う

 

そうすると相手の方は“あらっ…。”と
一瞬私を憐れむ様な目で(私の被害妄想かも)
見た後パッと話題を変える

 

その一瞬の間はいつも気まずい

 

子供が欲しくても持てなかった女は
そんなに憐れに見えるのだろうか?

 

それともただ単に、触れてはいけない事に
触れてしまったように思ってどうしていいか
分からなくなるのだろうか?

 

私は自分の心の安定と平安のために
理由は後者だと思う事にしている。

 

 

 


先日、夫の仕事関係者の飲み会に参加した時
その場に子供がたくさん来ていて

 

私は嬉しくて嬉しくて
異常なテンションになった

 

子供は大体が陽気の塊だ


個性は色々あっても陽気の塊に触れる事は
私を一気に元気にさせてくれる

 

子供…!!!面白い!!!!!
可愛い所も、憎たらしい所も、生意気な所も


する事なす事、呼吸の仕方まで…

 

子供…!!!!!とにかく超~面白い爆  笑
子供らしい、いい匂いも最高に素敵!
私は夢中になって子供と遊んだ。 

 

「レイさん、本当に子供が好きなんですね」
と子供の親たちに言われた

 

私はニッコリ笑ってスルーした

 

本当はそう言われて

急に悲しい気持ちになっていたのだけれども…。

 

 

 

子供たち一人一人と
ギューギューハグして別れた帰り道

 

夫と二人で夜道を無言で歩いた

 

 

 

 

 

 

夫は何も言わず私の手を握って来た
私はその繋いだ手を
わざと思いっ切り強く痛く握り返した

 

 

痛みで身体を少し傾げながら
それでも手を繋いだまま
「アイスでも買う?」と夫

 

“アイスで誤魔化そうとしているなっ!”

と、思う私
夫の提案は当然、無視…

大体冬だし寒いし…。

 

 

 


しばらくしてから
「子供…可愛かった」と私が言ったら


夫もしばらく黙ってから
「残念でした」とクールに言った

 

こういう時は“ごめん”とか…
“そうだね”とか…ではないの??と
私は思うのだが…

 

夫はいつもこういう

シチュエーションになった時


「残念でしたね」とか
「お気の毒に…」とか
決まってちょっと皮肉っぽく感じ悪く言う

 

何だかとっても腹が立つ

 

こう言う時の夫の気持ちが
私にはいつも分からない


子供の事…
夫にとっては遠い昔の事、扱いずらい話?!
     
私にとっては急に身近に迫ってきたりする
今でも持て余すリアルな現実

 

二人の間の温度差は大きいと感じる

 

 

 

 

お子さんまだですか?と

聞かれなくなったのは
楽になったけど…

 

楽になったけど…なんでしょうね…
なんか今でも子供の件は

複雑な気持ちになります

 

 

 


明日は初の“子供のいない既婚女性限定”
ミーティングの開催日です

 

とてもドキドキしています

 

司会進行役とか…緊張しすぎて
怒ったような顔にならないように
気を付けなくちゃーと思っています

 

寒い中、参加して下さる皆さんにとって
どうかどうか…

温く優しい時間になりますようにと
ひたすら祈る想いです

 

明日はどうぞよろしくお願い致します。

 

 

※カウンセラーの方や○○アドバイザーの方
  宗教、スピリチュアル関係の方からの
  コメントやアドバイス、勧誘などは
  誠に恐れ入りますが
  予め、一切お断りさせていただきます。

 

 

ポチッとお願い致します。
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 


子供なし夫婦ランキング