インストラクターの早川ですうさぎ

 

先日開催したサマーレゴひまわりは、ブロック制作プログラミングの2本立てビックリマーク

 

各自でセキセイインコ青鳩時計時計を制作した後、手動やレゴのモーターを使って電気の力プログラミングでも動かします。

 

まずはブロック制作。ギアの組み合わせで扉が回転する仕組みです。

 

動画で、本物の鳩時計をみんなで確認。イメージを膨らませて制作に入ります。

 

 

途中で、出来上がった仕組みを確認します。インストラクター「このギアを回したら次は何色のギアが動くかな?」の質問に、みんなしっかりギアの動きを見て目 答えてくれました。

完成した後は、ハンドルを回して扉を開けたり閉めたり。自分で作った作品が動くことを楽しんでくれていたようですおねがい

短い時間でしたが集中して頑張って作ってくれましたドキドキ


 

 

今度は違う方法で動かします。レゴのモーターを使います。鳩時計はデュプロで作っていますが、レゴのモーターを接続して動かすことができるんですよ音譜

まずはモーターの動きを確認するために電池ボックスとつなげて動かしてみました。「わー!回った!」爆  笑スイッチを反対方向に回すと・・・「今度は反対に回ってる!」

 

いよいよ鳩時計とモーターをつなぎます。 鳩時計+モーター+電池ボックスでスイッチオン!ものすごい勢いで扉が回りました。みんなビックリ!びっくりインストラクター「これでは速すぎるよね。次は速さなどをスクラッチでプログラミングしてみよう!」

スクラッチでは、扉の回る時間やパワーを調整しました。

他にもパソコンの画面の中にある時計の背景を変えたり、自分で数字を描いて自分の好みの時計を作りました。

音を変えたり本体の飾りつけなどもして、オリジナルの鳩時計を完成させました。

 

最後はふりかえり普段のレッスンでも必ず行うふりかえり。ふりかえることで自分が学んだこと宝石緑や、気づき宝石ブルーを認識することができますキラキラ目

紙に自分のふりかえりを書いたあとは、お父さん、お母さんそしてお友達の前で発表してもらいました。少し緊張しながらも何だかとても満足そうでしたウインク 

 

ベルみなさんの作品ベル

 

プログラミング、パソコンで絵を描く、ブロック制作に集中(「これ(鳩時計)、もってかえりたいな〜」と言ってくれました)・・・それぞれの楽しみ方であっという間に1時間30分が過ぎていきましたドキドキ

当教室のレッスンでも、ブロック制作プログラミング、幼児さんにはクラフト制作もある盛りだくさんな内容になっています。ご興味のある方は是非、無料体験にお越しください。お待ちしております。詳しくはこちら

 

次は高学年の部のご報告をさせていただきますビックリマーク