密かなる防衛力

テーマ:
密かなる防衛力

密かなる防衛力が行く手を阻む中
誤った劣等感に浸る間に劣り続け
手遅れに達して自分から実現する
誤った嫉妬に狂う間に妬まれ続け
あっと言う間に攻撃対象に嵌まる
自分しか見えない狭過ぎる視野で
意識を躱した無意識の妨げが入り
歪められた視界に現実は映らない
後々まで支障が出る事に手を出し
肌で感じた刺激に病み付きになる
終焉へと向かう一歩目を踏み出す
理想化した幻像を追い求めるから
現実の幻滅の衝撃が容赦なく襲う
目に映る虚像を信じ込んでるから
裏の消された表だけの誤謬に陥る
血が全ての真実を自分で暴き出す
自分に仕組まれた迷宮を彷徨って
本当に自分で自分を害する自害に
経験不足で抽象的な死は死に非ず
いつも結末が堕落に定まってる中
一つの失敗が次へ次へと繋がって
やるほど悪化する道程を突っ走る
破れない無限ループに懲りない中
尽きる事ない短絡的な無理難題に
不愉快の苦汁に溺れて廃れ続ける
順序を抜かして何も成功出来ない
意図も簡単に人の道を踏み外す中
自分と向き合うべき現実は目の前
冷たい現実に意思は通用しない中
完璧なまでの要塞は動きを取れず
限りない苦しみも亡い事にされる
道を切り拓くのは人ではなく自分
確かめないと分からない事がある
現実は逃げも隠れもしてはいない