最低限度の失われた世界

テーマ:
最低限度の失われた世界

出来てはないけど頑張ってるんだ
縛り尽くして限界まで時間の問題
自分なら構わないと許す魔の手が
都合良く利用して迷わず捨て去る
卑怯でも好き好んでしてないんだ
縋り付くのみで勘弁ならなくなる
自分なら構わないと寄り付く獣が
質の悪い手口で逃れられなくする
情けなくても時には格好良いんだ
死しか求めずに恐怖で堪らず放す
自分なら構わないと肯定の策士が
不可能な知恵で自業自得に陥れる
遅いけど改善したい気はあるんだ
好き勝手に害で捨てざるを得ない
自分なら構わないと現れる悪党が
道連れで更に下へ引っ張り堕ちる
庇われる人と何もない人の絆の差
誠実なら綺麗事で誘うわけがない
自分の行動を考えれば分かるだろ
厳しい優しさの使い手が集まって
可能性の順に自己責任で見届ける
全ては自分の努力に懸かってる中
何事にも最低限度の事があるんだ
想いを裏切られ続けては保てない
批判に強いより根気が強いべきだ
必要な力の優先順位を間違えるな
申し訳ないなんて固い思い込みは
自分の抜け道を正当化してるんだ
適切な状況判断なんて考えてない
自己判断で独り善がりを考えてる
本当に有るとすれば忝いだろう?
棒に振って平気なほど腐ってない
背中を押す自信なんかなくたって
両足を出す自身ならいるはずだろ